調和 vs 力 by ザ・グループ

調和 vs 力

Steve Rother

頭脳は本質的に電気的であり、ハート(心臓)は磁気的です。女性エネルギーが湧き上がってくる時は、ハートのエネルギーを使い、全く新しい考え方と融合させていきます。今、そのようにエネルギーが繋がりだしています。皆さんは2018年末にかけて大きな変化に遭い新しい力を手にするきっかけがあるでしょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

調和する波 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2018-1-15

調和する波

Steve Rother

皆さんの体は変わりつつあります。新しい性質と感覚を身に着けていきます。5感ではなく8感になろうとしています。皆さんは、チャクラ以外に、どうやってエネルギーを体に引き入れているのか知りません。それが分かり始め、活用し始めます。視覚(ビジョン)でさえ変わっています。可視光は電磁気の中のほんの小さな範囲でしかありませんので、もっと広範囲でものを見ることが出来るようになります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

5次元の抱擁 by ザ・グループ

Didier Delamonica

光の灯台 ~ Reminders from Home

2004年 12月 15日

5次元の抱擁 

実践 魔法シリーズ

Steve Rother

 

最悪の事態が起こっても、どうかそういうことを深刻に受取り過ぎないようにお願いします。これはゲームを演じていることなのです。ゲーム全体の設計意図は、楽しむこと、それです。世界が自分の肩にかかっているなどと受取らないでください。私たちは、世界を変えてほしいなどと言っていません。私たちは、もっと限りなく難しいことをして欲しいのです。自分自身を変えて頂きたいのです。あなた自身の見方を変え、それを外に向けて光らせて欲しいのです。ほんの僅かな見方の変化が現実に大きな変化を生むからです。そうやって意図的に変化すると、精神的な自信笑顔になって表れます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

20年後 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2017-12-15

20年後

 

Steve Rother

ライトボディになり始めると、病気になりにくくなります。地球と調和して健康で長寿になります。少数ではありますが、ライトボディになる人がいます。でもいっぺんに起こるわけではなく、少しずつゆっくりとライトボディを抱えていきます。それは、体に光を取り込むだけでなく、光を放ちいろいろと光を反射できるようになります。それは、今でも多くの皆さんに起こり始めています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

スピリット・ボディの誕生 by ザ・グループ

Wings of Duality by Sue Halstenberg @ Fine Art America

光の灯台 ~ Reminders from Home

2003年 8月 15日

グレー・ゾーン 

スピリット・ボディの誕生

 

最大の問題は、余りに深刻すぎることです。飢餓、戦争、悲しみ、怒り、孤独、絶望といったものは、たった一回の笑い声が聞こえるだけで雲散霧消してしまうのです、そういうことを知っていますか?ただ、笑顔があれば、自分の世界と他の人の世界を変えることが出来る、そういうことを知っていますか? 完全に一人ぼっちで故郷が恋しくなって、悲劇的ドラマに巻き込まれている時、一歩引いて、自分がこの驚くべきゲームの一人のプレーヤーだということが分かりますか? そういう単純な事実が、人生の秘訣なのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

特異点 by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2008年2月15日

 

特異点

バスの上の眺め

 

From Steve:

今月は、科学技術の役割についてです。この話には怖れがついて回っていると初めから知っていました。

私の父は電気技術者でしたが、私が大人になると彼はいつも新しい技術に首を突っ込んでいました。父は電気について沢山教えてくれました。私はと言うとまだ若い頃、ラジオやステレオのアンプを組み立てたりしていました。家では、近所で一番速くカラーテレビを持っていました。ある時、父は大金をはたいて私にポケット型計算機のパーツを買ってくれ組み立てました。高校生の時です。二人とも何ができるだろうと大喜びでした。これで将来どうなる、と聞いてきました。父は、父親であることも忘れ、この答えに辿り着くのはどっちか、私と一緒になって競争しました。次の週私は自慢げにこの計算機を学校に持って行き皆に見せました。私のショックと驚きは忘れもしません。校長室に呼ばれ、それを取り上げて返してくれませんでした。校長は怒って、こんなものを学校に持ってきたら、誰も勉強しなくなるじゃないか、と。父はその日、乗り込んでいって計算機を取り戻してくれましたが、それを学校に持ってこないだけでなく、数学の宿題でそれを使ってはいけない、そうしたら罰として柱にくくりつけるぞ、校長からそう約束させられたのです。父は私を見て、人が将来を怖れるなんて、なんて悲しいことだ、そう言いました。

インターネットのブロードキャストでチャネリングを終えたとき、サーバーがダウンしました。何が起きたのか分かりませんでしたが、ブロードキャストのアーカイブを一つ残して失くし一つだけセグメントを保存することが出来ましたが、チャネリングのオーディオも失くしました。それでも、このメッセージで沢山の人からe-mailをもらいました。殆どは肯定的ですが、ザ・グループが言ったことに混乱している人も少なからずいました。その中の一つは、「どうしたのですか? アトランティスから学んだのではないですか?」と。ザ・グループはアトランティス時代に果たした私の役目について非常に沢山のことを教えてくれた、そう言っておかなければなりません。そしてその質問に対する私のただ一つの返答は、はい、学びました、です。でも、未来を怖れてはいません。父さんありがとう。

ハグ&そっと後押しを

Steve Rother

*字幕「近未来のテクノロジーと特異点」参照

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

タイムトラベラー by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2017年11月15日

スピリチュアル・タイムトラベラー

 

Steve Rother

皆さんは、宇宙の様々な場所を旅して重大な時にそこに行って進化を助けてきたファミリー、Eファミリーであると強く言っておきたいと思います。Eファミリーは何度もやり遂げてきました。皆さんの殆どが、今ここにいるために時間を戻して(過去に戻って)やって来たのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Page 1 of 12
1 2 3 12