蜂のようになる by ザ・グループ

 

4月22日:地球の日(アースデイThe Earth Day)

光の灯台 ~ Re-minders from Home

2014年2月18日

蜂のようになる

高い視点

 

 

こんにちは皆さん。エムです。

太陽の磁極変化

今日、皆さんにお話ができてワクワクしています。地球でいろいろなことが始まろうとしています。今後の人類の進み方について少しお話しましょう。愛のスピードでその変化がやって来ます。光よりも少し速いスピードなのですが、その速さはアインシュタインも知りませんでした。皆さんが前進し、向上して、否定的にならずに自分の体にエネルギーを通すことができているのでたくさんのことが起ころうとしています。時には否定的なことを無視してここまで素晴らしいことをしてきました。ええ、人間は反対方向を見るのが得意です。それだけでなく、整然と物事を並べるのですから非常に興味深いのです。皆さんと時間との関係は新しくなりました。タイムキーパーがこの間その点についてお話してきました。しかしそれは、時計の見方や時間に従って計画を立てることではなく、もっと大きなことです。

時間の12次元

時間は幾つもの次元にあります。時間には皆さんが知らない12の次元があります。でも、実際皆さんが関わるのはその中の2つです。皆さんはリアリティのほんの僅かなところしか見ていません。どうかそのことを理解してください。チャネルが開いて12次元の時間を経験してしまうと、本当に完全に混乱します。私たちは元々1つの次元の時間のドアを開けました。皆さんはその一つに慣れるまでに何百万年もかかりました。そこで私たちは2番目の時間を開放したばかりですが、皆さんはそれで四苦八苦しています。なぜでしょうか? それは直線的時間で時計を思い浮かべて古いものにしがみついているからです。皆さんは時間を計りますが時間は直線ではありません。実際、時間はこれから慣れていこうとしている5つではなく12の次元があるのです。人間は生きているレベルを皆で経験します。皆さんは波動の方向を先導しており、他にも色々なレベルがあると思っています。でも、こっちよりあっちの方がいいと思わないでください。ここでは波動の進歩の度合いは様々です。そのレベルが適切な時にドアが開きます。その時各々のレベルが今まで捉えてきたものと少し違うことが明らかになるのです。地球が新しい時間の次元になっている今、皆さんはそのドアを開けて感じ始めることができます。

5次元: 11のあなたの中の5人に繋がる

人類全体の波動ははっきりと5次元に入りました。それは11のあなたのうち5人に繋がるという意味です。皆さんは12の自分に分割されています。あなたという11の光線の中央にハイヤーセルフがいます。このことは何度もお話してきましたが今日はもう一歩進めてお話します。皆さんだけではなく地球上の全員がそうなのです。12-12-12のポータルを通過してから今の新しいレベルに繋がりました。そこを通過した時は安全でいられた足元のカーペットがなくなりました。その時に故郷に帰れる、すべて楽になると思っていましたが、突然方向を見失いどうしていいか分からなくなりました。そこで再度このエネルギーに繋がり始めました。太陽活動は活発化して日々新たなスタートが出来るようになりました。本当に興奮しますが、自分自身になってその時々の瞬間を大切にしてください。直線的時間では過去現在未来と考えます。私たちからはすべてが同時に、ただ存在します。それが今できる秘訣のひとつです。極めてシンプルなシフトです。今を受け留めて、それはもう永遠に無くなるのだと悟って今を花開かせるようにしてください。今という瞬間のエネルギーを感じるのです。今を感じれば次の段階に進むことが出来ます。今はまた後でやって来ますか? ええ、でも同じ今ではありません。各々が違います。そこが素晴らしい点です。

次元を斜めにシフトする

今、非常に面白いことがあります。あなたは1/11あるいは1/12に当たりますが、それでその中の5つの存在と結びつきエネルギーを共有し合っています。つまり、3次元ではなく地球全体が5次元の性質の中にいます。しかし、それは人間に限りません。地球の、特にミツバチ多次元の性質を持っています。蜂にとって次元の壁は益々薄くなっています。では、2点お話しましょう。話したいのはミツバチのことではなく例えに使いたいのです。人類全体の波動が上がりました。そうすると違った目で、高い視点で見ようとします。もう秘密がなくなっていることに気づいていましたか? 透明性にだんだん慣れてこようとしています。本当に見事です。それで、隠すのではなく本当の自分に気づいていきます。秘密を持つことが当たり前になっていたのでもう少し修正が起こります。そして今後は少しずつ秘密が消えていきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について