スターシードの次の段階 by ジュディス・クーゼル

 

浄化:地球とスターシードの次の段階

 

Judith Kusel 2014-4-6

 

 

巨大なエネルギー変化がやってきています。インナー・アースも私たち自身も変化しています。

古代の時代ではすべてが幾何学文様や音という複雑な言語でコミュニケーションが行われました。実際この言語そのものにエネルギーがあります。それは源に端を発した宇宙エネルギーが組み合わさったものです。

アトランティス以後、この言語を読み取って創造を理解する能力は、地球がアトランティスの5次元から原始的レベルの3次元に低下した時に一変しました。

高度に修練した僧侶や科学者集団(アトラ・ラ)はアトランティス崩壊寸前にエジプト、ペルー、メキシコなどの地域に逃れました。彼らは隠れてミステリースクルールを設立しましたが、それはヒマラヤやハラン(Haran)、ギリシャなどのミステリースクールに繋がりました。

このミステリー・スクールは人類の特定コードや鍵を保有していましたが、地球が忘却の時代に入り、知識を理解できない仲間の影響を受けてかつての高僧自身が堕落してしまいました。そうやって真実や持っていた教えのマテリアルを自分流に解釈し始め純粋さを失ったのです。

今、古代のポータルが開いて地球が高い意識状態になっています。古代ミステリースクールの教えが消えようとしています。本質的に古代のミステリースクールはその場所で失われたものを保持していましたが、本当の意味も有用な価値も忘れられました。

人類に果たしたかつての役割は重要でしたが、多くのものが仲間内意識に陥り、策略的な道具に使われ蓋をされましたが、それは想定外のことでした。

聖なる源と玉座を囲む12と24のエルダーたちは銀河カウンセルと共に2012年に天の川銀河と向かい合うキセノン銀河で起きた変化全般について集まって話をしました。そして起きていることに応じて方法を変えようと決意しました。生きとし生きるものは自由意志を持つのですべてを予測することは出来ませんでした。だからベストの計画であってももっと大きな全体に照らして見直すことが必要だったのです。

1950年以降生まれたスター・ワーカーたちボランティアの実験は素晴らしく上手くいきましたが、そのようなスターチルドレンの大半は社会と教育の中で自分を見失いました。このボランティアの魂たちが重く暗い3次元意識にどう反応するのか知る者はなく、常にリスクがありました。

その時にスター・ゲートが開いて、たくさんのスター・ワーカーが目覚め、粘り強く光を抱えていることが分かりました。

従前に代わって、全く違う方法で活性化を図ることが決まりました。生まれつきハイヤーセルフに目覚める力のある魂に働きかけて宇宙のヒエラルキーの助けを得て、地球のいかなるものにもいかなる人間にも汚染されていない高次のキーとコードを人類に戻そうというものでした。

そのようにしてこの任務にふさわしい一握りの魂によってこの新しいメカニズムを稼働させようとしました。その魂はグループでやって来た者です。地球の当初から関わっていた人たちです。

当初この魂は自分を押しとどめるものや魂の成長を阻害するものを強力に浄化するプロセスを経験しました。純粋になってエゴを消さなければなりませんでした。自分に送信されるものを遮らずに受け留めたことを理解して言葉や何らかの形にして人類にもたらそうとしたのです。

それでもそのレベルにいる人は少数ですが、今後益々活性化する人が出てきます。

彼らは他の存在やマスターをチャネリングしませんが、今人類が必要とするキーコードを伝えることが出来ます。それは人類が今まで9億年(900 000 000 )以上も使えなかった方法です。それは、人間のテクノロジーが解釈・理解・発信出来ない方法です。

このような魂たちは決して厄介者ではありません。自分一人で人生を歩んでいる人たちです。いずれの集団やミステリースクール、あるいは組織にも所属せず関係も持たない人たちです。創造主だけに仕える人たちです。このように彼らは選りすぐられた、純粋の中の純粋な魂です。

彼らがこのキーとコードを伝える時、他のスターシードたちはゆっくりと思い出していきます。それから自分を躓かせる人間関係などの執着を手放すでしょう。魂が今地球にもたらそうと計画したマテリアルに繋がる方法は、自分を浄化し、魂に再度繋がることだけです。外ではなく、自分の奥深くにそのマテリアル(文書)があります。

今後数ヶ月数年間、数多くのダウンロードと変化が起こります。ライトワーカーにとって色々なレベルで自分の浄化を進め清めることが決定的に重要です。否定的なエゴに打ち勝つことも非常に大切です。それが次にすることなのです。競いあう必要はありません。すべてが一つに繋がっています。

他の人が歩けるように道を掃き清めている人は特段他の人より偉いわけではありません。魂が引き受けたことなのです。従って他の人よりテストに次ぐテストを受けてきました。そうやって浄化してこの任務を遂行できたのです。多くの浄化という苦難をくぐり抜けてきました。今後もっと経験していくでしょう。それが愛と謙虚さを持って人類に対して行う最高の貢献なのです。

地球に多くのことがやって来られる準備をしてください。そうやって大きなシフトが起こり、激しい浄化の炎が起こります。

 

Judith Kusel