訣別の時(字幕)by クライオン

抜粋編集

訣別の時(Time to Say Good-Bye)

これまでの18年間 

Lee Carroll 2012-12-08

「今後18年」はこちら 

*2012年を挟み前後18年×2=36年のウィンドウ

 

シリアは、悪夢です。誰もあそこに行きたいと思いません。いますぐ止めにして欲しいと思います。

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

人間同士が心から和解しあう時がやって来ます。何世代もかかるかもしれません。でも、皆さんには種を蒔く18年があると前回言いました。1987年は、1994年の18年が始まる前でした。1987年と1994年の間の1989年に私はパートナーの所に来ました。彼が最終的に私との関係を決めるまで数年かかりました。彼は、その期間をクライオンとのハネムーン期間と言いました。私はその期間、ヘトヘトに疲れました。彼は、強情な男です。
とうとう確信した時、彼は心から私を好きになってくれました。本当の情報のチャネリングが始まったのです。1993年に書かれた最初の本と1994年の2番目の本の違いが分かると思います。最初の方は、謎めいています。物語風でした。でも、1994年、彼は、神に夢中になり、尊敬し始めたのです。

それから物事が変わり始めました。その時にあることが始まりました。周りが変わり始めたのです。ここにいる人は、私が言っていることが分かると思います。世界の政治地図が変わり始めたのです。ソビエト連邦が崩壊しました。ソ連は米国の強敵でした。両者は世紀末までに核戦争を起こそうとしていたのです。60年代、もう間近かまで行きました。

でも、そういうことすべてが消えました。

黙示録は戦争が起こると言っていました。ノストラダムスも戦争があると言っていました。でも、外れました。古い予言が外れた時に何が起きたのでしょう? 予言は間違いになりました。

では、何が起きたのか、言いましょう。皆さんが、書き換えたのです。だから、今皆さんがしていることは、書き換えたことをしているのです。

私は1989年にパートナーに会いに来ました。そして、彼に人類の意識は変わると言いました。1994年までに春分歳差がスタートしました。地球の先住民は、1000年以上かかって予言された時が来たと感じました。その時は、人類の意思決定の時で、マヤ暦が終わる時でした。

その通りになっています。
そういうことなのです。

「鷲とコンドル」の予言は、地球が釣り合うことです。物事をもっとよくしようと考える、もっと優しくソフトな考え方になるということです。尊敬の念を持って生き、愛することです。それまでの意識と違い、分裂するのではなく協調することが解決だと分かります。

人類がやろうとした一番難しい経済的不平等を変えようとします。国々の仕組みそのものを変えようとします。銀行制度を転換しようとします。それまで常にやっていた狭い考え方を捨てようとします。政府の仕組みを変えようとします。釣り合いのある貿易のあり方に変えて一方的な取引を止めようとします。そして、地球全体の立場を重視します。全体に利益が行き渡るようにします。全体を考慮する思考の在り方に変わり始めます。個人だけでなく、その周囲全部を考えます。和という概念は、一個人だけでなく社会全体が平和になります。

そのように変わります。

そして皆さんはいろいろなことが変わり始めているのを目にしています。終末は起こりませんでした。分かりますね。その時に、シェルターを造り隣人に対抗して武装しようと議員に立候補する者がいました。極がシフトして地球がひっくり返ると予想する者がいました。そういうことは決して起こりませんね。予想通り、そうなるのですか?磁場は何度も移動しましたが、でも、反転しませんでした。恐ろしいことや悲劇が起こると思いたい人が大勢います。もう終わりだと言います。そういう人は何も分かっていませんでした。この会場にいる人、私の声を聞いている人は分かり始めます。

ある変化が始まりました。ゆっくり現れます。中には酷いこともあり、すでにおぞましいことは起きていますが、物事は一日で起きません。皆さんはそういう卑劣なエネルギーに直面します。舞台が整うまでに何年もかかるのです。皆さんは後ずさりすることもありますが、また前進します。最終的に結果が出るまでには何世代にも渡って考え抜き意識が進化することが必要です。皆さんは、その段階を開始したばかりです。そして皆さんは、新旧のエネルギーが激突するのをたくさん目にするでしょう。でもその時は、何が起きているのかも分からないでしょう。

最近起きた出来事を見てください。今、何が起きていますか?戦争、中東が問題ですね。またもや!「でも、まだ終わりの始まりに過ぎない」「予定通りだよ」という人たちがいます。起きていることの本当の意味が分かりません。

今、エジプトはどうですか?「それはもう終わった」と言いましたね。そうですか? 人々は新しい指導者にどうしてあのような反応をするのですか? 新しい指導者は、民衆が排除したがっている古いエネルギーを出しているからです。民衆は指導者にそういうことを教えているのです。なぜ最初にそうなったのですか? なぜそのような渡航できた、安定した国がそうなったのでしょう。そこは、観光産業が主力です。2012年以前の反乱状態に逆戻りです。

これから、その理由を話しましょう。

相変わらず長い間続いた、古い状態のまま何も上手く行かないからです。ここにも、社会全体にも銀行にも、政府にも、古いエネルギーに反対する人たちがいます。また繰り返されれば、立ち上がって反対されます。エジプトの人々は反対したのです。今もまた、反対しています。

彼らは自分でコントロールしたいのです。
彼らは皆さんと同じようになりたいのです。

前に言いましたが、いい学校、きちんとした病院、子供たちには今までと違う未来が欲しいのです。もうその時なのです。対等になるというのは面白いですね。それで、過去にさようならと言えます。

シリアは、悪夢です。誰もあそこに行きたいと思いません。いますぐ止めにして欲しいと思います。そこで行われたことを見ることが出来ますが、どう思いますか?毎晩ニュースで見られます。どうですか?

嫌ですね。

自分の子供が死ぬところを見る現地の母親たちももう嫌です。家族はバラバラになって爆弾が落ちないようにと思いながら身を隠しています。考えたことがないようなことがそこで起きています。

皆さんの愛とエネルギーを必要としています。この年末、そこの人たちには皆さんの力が必要です。ギフトとして彼らに関心を示してください。

どうなっているのでしょうか?

一見、過去も現在も国民を完全にコントロールしているかに見える国で、突然反乱がおきます。権力が切り札を握り、武器をたくさん持っていることは十分承知ですが、それにも拘らず国民は反対します。

過去のエネルギーにおさらばするためです。彼らはそういうことをしています。

リビアも知っていますね。本当に驚きです。一斉蜂起です。2012年のシフトの前に一斉に起こりました。皆さんは、私たちは前に話した通りのことを見ています。

小さな戦争が今起こると言いました。そうなっています。

こういう状態を変えるために今後18年間あります。皆さんがそうする可能性は高いです。その時に、今言った国々は、自国の問題を解決して行くでしょう。

今の状態は、長期間続きません。

そして、地球上のすべての人たちが立ち上がって、「もう終わりにしよう」と言います。

そして、そうなります。