恋に落ちる by ザ・グループ

Peter Mitchev

光の灯台 ~ Reminders from Home

2008年12月15日

ザ・グループ

恋に落ちる 

ディープ・コンタクトを使う

 

From Steve:

今月、ザ・グループは数ヶ月前にご紹介した考えを更に説明しています。ディープ・コンタクト(2008年9月「ディープ・コンタクト」参照)は新しいコミュニケーションの方法でこれまで人間誰もが使えることは出来ませんでした。一旦開発すると、この魂レベルのコミュニケーション、「無期限の愛」に導かれます。今までの人間には非常に珍しい経験です。

この説明として取り上げているのは、前にも話しましたが、他の人の魂を垣間見ると、恋に落ちる、というものです。やがてベールが薄くなると、私たちは皆もっと透けて行きます。私たちが元々の隠れんぼゲームがうまくなると、魂がもっと人類全体を見通すようになるのです。ディープ・コンタクトを経験して実現され、その経験をした二人は深いレベルで相通じ合い、非常に早く恋に陥ります。私たちがそれに慣れるのは難しいことではなく、ザ・グループが言っているように、まるで朝仕事に出かける途中で2回も人を好きになる、そんなことが出来るようなものです。ここで大事な点は、恋する相手は、他の人に映る自分自身だということです。人間関係にも旧い考え・習慣の信念体系(既成概念・固定観念)に基づく愛着や期待感が、人間の振りをする他の魂との信じられないくらいに深く、美しい、それでいて脅威にならない交流を阻んでいたのです。しかし、このような新しい性質に変わりながら生きることを学んで、自分自身に恋をするのを学んでいる、そういうことが言えます。

バーバラと私はこの休日を大家族で過ごすのを楽しみにしています。父から家族のしきたりを引き継ぎましたが、一番若い子供のいる家族がクリスマスを用意するのです。このクリスマスは新規に場所を移して大家族が集まった時に新しい孫がプレゼントを沢山持ってきてくれること間違いなしです。クリスマスは家族の時間です。バーバラと私は幸運にもセミナーで家族と環境についてその見本となることができています。おまけにセミナーでは「ママ、パパ」で知られています。「家族」という言葉を使う時に、私の言っている響きが自分たちのものと若干違う、外れていると受取る人が多くいるのを知っています。あるいは家族がいない人もいる。どういう意味であろうと、ここにいる人達は、この進化をここまで導くために、魂が集う家族であることには違いありません。ザ・グループは、このことを光のファミリーと呼んでおり、また私たちを「ライトワーカーたち」と呼んでいます。一人ぼっちではありません。ライトワーカー達は地球規模で目覚めており、賭けてもいいですが、端っこでウーウー(トンデモないことを)言って済ませていた殆どのこと(チャネリングのこと)は、これから魔法のように主流や本流の考えになると思います。私たちの組織でさえ少しずつ変化してためにお役に立ちたいと考えていますので、それが今「ライトワーカーたち」がこのシフトと波動のレベルに合わせて変化していく手助けになると思っています。どうぞ、「オーバーライトの経験」シリーズを見てください。

休日は心の時間です。家族を祝う時間です。バーバラと私は本当に皆さんに感謝しています。世界中に出かけていきますが、それがどんなに骨の折れることかは他の人にはおそらく分かりません。この特別な時に、自分の人生に、そして皆さんに恋をしていることに感謝したいと思います。

 

素晴らしい休日を。ビッグハグ!

Steve Rother

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ディープ・コンタクト by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2008-9-15

ザ・グループ

ディープ・コンタクト

美の一族を活性化する

 

From Steve:

バーバラと私は人生で沢山の美しい人たちと出会えて幸せです。おかしな事に、本当に美しい人程自分が美しいとは思わないのです。セミナーや個人セッションで沢山の人とご一緒してきましたが、そこで、その美しい人たちが何度も潜在意識で自分の美しさを隠そうとするのです。そういうパターンを見てきました。美しさゆえに人目を引くのを避けているのです。自分の本当のというものを曝すのは危険なことですか? ザ・グループは、それは問題ないし、目的に向かって進む上でとても重要なことだ、特に「美の一族」出身の人にとってはそうだ、と言っています。そう、大丈夫ですよ、自分の光を輝かせ分かち合う安全な場所があります。また、自分の健康的なセクシャルエネルギーを怖れずに光らせる安全なところがあります。そういう安全な場所を探し作り出すことは、これから直接瞬間的に道を選んで進む上で非常に大切になります。「美の一族」が聖なる契約を活性化し始めます。

今月の2つ目の話題は、新しいコミュニケーションです。皆ができるといいます。それを彼らは「ディープ・コンタクト」と呼んでいます。会話と感覚によるものですが、他の人を深く信頼し理解する非常に深いレベルのコミュニケーションです。彼らはこのことが好きで、「終わりなき愛」を実現するレベルのコミュニケーションと考え、普段の生活でそういうことが起こりえると言っています。「ディープ・コンタクト」を実現した人たちは、お互いにとても愛し合うのですが、それでいてお互いを“必要”とはしないのです。

自分のエネルギー場にはもうしがらみがなくなってきているので、心から他の人を自由に任せられるのです。これは、肉体の形を取った一番親密な2つの魂のあり方です。特に「美の一族」出身者にとって、今までそれはとても難しいことでした。ディープ・コンタクトを実現するには、怖れや制限してしまうエネルギーがあってはいけません。判断によって顔を出す恐怖や、人からどう思われるかという思いがディープ・コンタクトを阻むのです。皆さんのエネルギーすべては、外に向かって怖れずに輝かせる必要があります。そうすることによって、自分のパートナーの魂に自分の姿が正確に映っているのが分かります。それが前よりもっと深いレベルで出来るのです。そしてそれは、恋人同士だけでなく、広くいろんな人との間でもそういう深いコミュニケーションが成り立つ、と言います。彼らの視点で言うと、他の人に選ばせ自分の魂を全部見せる、美しさを全部見せる、そういう意味なのです。ディープ・コンタクトの用意はいいですか?

素晴らしい月を、ライトワーカーの皆さん!

ビッグ・ハグ、そっと後押しします

Steve Rother

 

 

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

エンパワーメント by ザ・グループ

光の灯台 ~ Re-minders from Home

 2011年3月15日

 エンパワーメント 

次の現実

 

Steve Rother

自分の周りに一番気にそぐわないエネルギーがあっても、調和していく方法がすぐに分かるということなのです。皆さんは故郷から大変貴重な聖なるパズルのピースを一つ持ってきました。あなたを煩わす人もまた、故郷から聖なるパズルのピースを持ってきました。問題はきちんと組み合わないピースを何とか組み合わせようとするところにあります。パズルのピースをあちこち動かしながら、再度違った見方で眺める時に2つのピースが一緒になるのが分かります。どんな状況でもそれが調和だということが分かります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

新しい電気的身体 by ザ・グループ

light-body-activation

光の灯台 ~ Reminders from Home

2011-1-15

新しい電気的身体 

肉体の電気的変化

Steve Rother

From Steve:

今 回のメッセージがどんなことか分からないままにチャネルに入りましたが、やはり、その内容は、肉体の変化と最近私が経験したことに関係することでした。変 なことがありました。リモコンのバッテリーを壊してしまうのです。私には機械と接触するところがうまくいきません。特に電子機器です。オーディオに関わる 人間にとっては大きな問題です。コンピュータはある時は上手く行くのですが、上手くいかない時もあります。タッチパッドなんかは話になりません!

こ の話をザ・グループが始めた時、自分にとって関わりのあることだとはそれほど思っていませんでした。彼らの先導で非常に訳の分からない何日かを送りまし た。今回のメッセージは、今までの他のメッセージをまとめて説明しており、私たちにとって重要なものです。私個人についても、この間のことが何なのかを教 えてくれました。今回のメッセージでは2つのことを取り上げておりますが、私は余りに興奮するものだから、彼らは私を落ち着かせようとしたくらいです。次 回のヴァーチャルライト・ブロードキャストでも、もう少しお話しする予定ですが、私の最近の出来事は、詰まるところ理由がありそうです。

今回のメッセージの詳細そのものには、近い将来重要で、根本的な情報が含まれています。

どうか、素晴らしい年末年始をお送りください!(今回のライブ・チャネルは昨年下旬に行われたものです)

皆さんは共にファミリーです。こうしてご挨拶出来て感謝します。

次のメッセージはザ・グループによって改めてチャネルされ、文書用に分かり易く修正しております。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について