ファントム・デス(臨死)by ザ・グループ

光の灯台 ~Reminders from Home

2003 年 7 月 15日

ファントム・デス(臨死)

惑星地球の臨死

 

From Steve:

私がグループと一緒に行なう非公開の個人のセッションでは、ファントム・デス(臨死)を経験した多くの人達とお話します。基本的に臨死体験は台本の筋書きでは、他界する時期です。しかし、そうせずにこちら側に留まって生きる機会を与えられたので、私達の多くは死ぬより生きることを選びます。たいていの場合、臨死を経験した人達と話すとき、その時点を境として人生そのものに急激な転機が訪れる様が容易に見て取れます。今ザ・グループは同じような現象が私達と光の関係にも起こっていると言っています。宇宙の観点から、大きな看板が地球に掛けられているそうです。『注意!― 臨死進行中』と。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

未来の波 by ルネ・デカルト

未来の波

 
わたしは生まれた時からかみさまや天使さんたちとずっとお話ししている。わたしはだから生まれた時からそれがふつうだと思っていた。だけどちがった。わたしは人のオーラが見えたり、おなかの中の赤ちゃんが見えたりお話ししたりもする。」

〜サンマーク出版かみさまは小学5年生」2018年3月発行

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

愛の織物 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2004年 6月 15日

愛の織物

愛のグリッドを活性化する

Steve Rother

同時に、皆さんの現実と隣合って並行して進む宇宙があります。皆さんのゲームの歴史上、魔法のような時代が沢山ありました。その時、幾つもの時間軸が交差して、お互いの時間軸に永遠の刻印を残したのです。タイムラインの交差の一つが、 “マーリンの時代” です。キャメロットは、確かに実在しました。本当のキャメロットは、皆さんと交差した別の時空の次元に存在したのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

光の使徒 by ザ・グループ

レディー・ガガさんの「線維筋痛症」についておさらい。

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2006-12-15

光の使徒

肉体の変化

Steve Rother

From Steve:

今月のメッセージは、10月の ( 「再配線(Rewire)」 )  をもっと拡大して説明しています。ここでザ・グループは肉体レベルで進行している再配線について、もっと具体的に明らかにしています。これを読んでどうか、否定的に受取らないようにしてください。変化に抵抗して怖がると、進化が否定的な方向に行きます。「奇跡を信じますか?」、こんなことを考えてください。

抱擁し背中をそっと押しします

スティーヴ・ローサー

ザ・グループのスポークスマン

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について