テレポーテーション・タイムトラベル(2/2)by メタトロン

 

大天使メタトロンのタイムトラベル・テレポーテーションPart2です。素晴らしいメッセージです。時間といえば、過去・現在・未来ですが、そのどれも書き換え可能だというメッセージです。ヒプノを経験した人ややってる人もいるでしょう。それが、「本当」に起きていることだと説明しています。フィナーレの言葉がまた素敵です。スティーヴ&ザ・グループの字幕ビデオにも脚本を書き換えるセラピーセッションがあります。(「恐怖の種」「豊かに生きる」)

ロード・メタトロン

テレポーテーション・タイムトラベル(2/2) 

 

 

しかし、現在の行動は過去をも変えることができるし、変わります。過去は、現在と別個にあるのでもないし、関わりがない状態ではなく、現在の意思決定に関わっています。ヒプノセラピ―の場合、未来、現在、過去は個々人が信じる内容や心の持ち方、連想によって常に再創造され、進化し変化すると考えられています。この時に起こることはリアルタイムで実際に再創造しているのであり、決して比喩ではありません。そのことを覚えておいてください。インナーチャイルドは、事実何年か経過しても大人の中にいます。しかし、人間の内部にいる子供は、毎日常に変化しています。10代の頃の未来、若者時代の未来、老人のあなたの未来が変わるのと同じです。過去を変えることができるのです!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

時間の本質 by 大天使メタトロン

NYX

大天使メタトロン

時間の本質

クオンタム意識

James Tyberonn 2010-10-18

 

地球のある場所は、タイムホログラムと多次元的な性質にもっと楽に近づける場所です。アーカンソーとシャスタ山は、北アメリカで最も強力な場所です。地球全体では、・・・・富士山など最も強力な場所です。

個人の問題や障害は、過去の適切な進化が行き詰まり、自然に進化しない時に表面化します。あるシナリオでは、深刻な神経症が確かに発生します。それは、過去を変えていないからです。例えば、破滅的な出来事が起きて心的外傷を伴って命を落とすといった人生の場合です。成長するいろいろな理由があってそうなったのかもしれません。

自己嫌悪や不安、怒り、罪悪感、憤りなどの否定的思考を抑え込むだけでは不十分です。そういう感情はまた再発して直面し、置き換わることになります。自分の考えと感情を深く見つめて、自分の感情面がどのように誤った考え方に結び付いているのかを確かめることが出来ます。実際、因果の試行錯誤の本質は、最終的にクリアされるようにあなたを案内します。遅かれ早かれ、もっと良くなります。だから、否定的な感情が浮上した時には、その流れやパターンを認識するようにしてください。それから、すぐに幸せで楽しい気持ちに置き換えてください。

 

こんにちは。メタトロン、ロード・オブ・ライトです。無限空間からご挨拶します。無条件の愛で皆さんを歓迎します。

二極性の世界は、合目的幻想です。皆さんは、人間の夢を見ています。皆さんはフィルターを身につけたスピリチュアルな存在です。創造主の神聖なスパークです。そうして地球の大学に出席しています。だからそれは真実として受け入れる必要があります。そして、皆さんの立場から、物質的な見方を超えたもっと大きなリアリティがあることを理解してください。たくさんあります。また、愛は、その重要な要素、すべての核心となる“DNA”です。

 

時間の本質

時間と空間は同じメカニズムです。言葉で表現すると、空間は、二極性内のマトリックス運動様式で捉えられた凝縮時間です。二極性によって分離が生じ、連続した時間という意図的な幻想プログラムが働きます。従って、時間は空間の逆であり、ダイナミックで自由な流れです。どちらも、ブラックホールとホワイトホール経由で物質と反物質が内と外に正反対に向かって振動するというメカニズムにより、意識ユニットの高周波の閃光によって生じます。

内と外に向かう高周波(ハーモニック)の閃光は、時間と空間が同質の泡で融け合うポイントであるだけでなく、意識ユニットが点滅して同時にある各人生のどこに意識を向けさせるかの比率でもあります。このことが、プランク定数という魔法の比率で起こります。正確に1秒間に10×-34の力で起こります。この時、時間と空間は融合し非直線になり、トーラス状に動き始めます。空間はそれ自体の逆方向に折り返し、時間のユニットは、非直線的連続の量子化した過去、現在未来というプールの中に漂います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 3 ): 1 23»

元素・ユニコーン・ドラゴン・妖精(3) by 大天使メタトロン

ireland-landscape

クライオンのリー・キャロルさんは、9/11までアイルランドでチャネリング講演をしていましたが、9月13日にFBに次のような(抜粋)紀行文を寄せましたので掲載します。また、難解ですがメタトロンがアイルランドの特性についてメタフィジカルな説明をしていますので前回の続編(3)として併せて掲載します。
 
私のキャロルという名前はアイルランド人です。髪も赤みがかっています・・・
アイルランドが特殊なのは、妖精や小人など特異な点ですか? そういう話は巷に溢れています。アイルランドの大半の人は知っています。多くの人には文化的なものですが、本当に実在するという人も多くいます。そういうエネルギーが間違いなく感じられます。
私は人生、エネルギースポットを歩いてそこでチャネリングをしたり冒険旅行をしているのでそういうエネルギーに驚くことはほとんどありません。でも、アイルランドは別です。まるで、ガイアが樽だとしたら、その栓に当たるほどのエネルギーいっぱいの所です。地面や木々、水から溢れだして来そうな感じなのです。感じることが出来るんですか? もちろん!
妖精についてどう思いますか? ずいぶん前にクライオンが多次元エネルギーがどういうものか話してくれたことがありました。妖精が目の前に現れる時のようだと言ったのです。妖精はこちらがこういう姿で現れてほしいと思っている姿で現れます。尚且つ、その時の体験は本物なのです。シャスタ山や他の場所では多くの人が光を見ました。だから、光は存在しますが、アイルランドでは、それが非常に強いので、至る所、あらゆるところにいます。

Lee Carroll 

by Lee Carroll
by Lee Carroll

大天使メタトロン

元素・ユニコーン・ドラゴン・妖精(3) 

James Tyberonn 2012-5-6

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 2 ): 1 2»