地球に耳を傾ける by ミラ

ミラ〜プレアデス・ハイカウンシル

地球に耳を傾ける

 

今後、アセンションしながら多くの課題をこなして行きます。皆さんも私たちもお互いのことを学んで行きます。皆さんは真実を学んで行きます。来年の2020年までに、地球は非常に変わって見えるでしょう。そして、皆さんの人生も変わっているでしょう。皆さんは明るい美しい虹を追いかけて行きます。笑顔で体は明るく軽くなります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

テロスの結婚事情 by アダマ

Heather Barron

アダマ

テロスの結婚事情

 

私たちの社会には2種類の結婚があります。1番目は、「約定婚」(bonded marriage)です。惹かれ合い恋に陥った2人は約定婚で一緒になる決意をしますが、永遠である必要はありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

不死の肉体 by アダマ

アダマ

不死の肉体

 

テロスは非常に素晴らしい魔法のような光の都市です。大陸が破滅して以降、ここが私たちの拠点でした。私たちは今日までここでいまだに生きており、本当です。私たち3億人の人口の殆どは、爆発で死にましたが、25,000人が生き残りました。今では、約150万人が聖なる山の下で生きています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

銀河のイベント(字幕) by クライオン

shasta-ground

2014-6-14 シャスタ山サマーライトコンファランス

シードペアレントについて、会ったことがないから、奇妙な話だから、ニューエイジだからETを信じないといけないとか、そのように言っていると、真実が分かりません。真実はこうです。皆さんはその星の出身なのです。それ以上はっきりしていることはありません。その星に系譜があるのです。地球のもので体が出来ましたが、内部にあるものはプレアデス製なのです。だから、プレアデス人に可笑しい名前を付け、彼らは征服しに来ると怖がり、‟リジー”だとか言っても、紛れもなく皆さんはプレアデス人です。それ以上明確なことはありません。彼らはスピリチュアルな親です。

この会場の500人以上の人がシャスタ山にいるのは偶然ではありません。今夜、アダマが来ていること、オーレリア・ルイーズ・ジョーンズがここにいるのは偶然ではありません。長い間彼らは待っていました。シードペアレントが皆さんの周りに立っています。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

テロスのアダマ(字幕) by クライオン

ADAMA

2014-6-19 @ シャスタ山 ’14 サマーライト・コンファランス レムリア聖歌2日目
シャスタ山の地下都市テロスアダマをチャネリングするクライオン

皆さんは、アダマのメッセージを聞かずしてこの場を離れることは出来ません。

アダマが、これから話をします。今までで最高に秘儀的な謎で信じられない情報がこの山の都市にあります。その話は基本的にはレムリア人のことで、殆どはここで話したプレアデス人です。この都市には目的があります。アダマはチャネリングされて来ましたが、それはすべて本当のことです。そもそも全体からして奇妙です。人がクライオンをチャネリングし、クライオンはアダマをチャネリングします。アダマはベールの向こうにいるのではなく、生きているのです。アダマにはクオンタム意識があります。アダマが望む限り、過去・現在・未来に存在します。それは、皆さんにはヘブライ人の預言者のようですね。いつでもアセンション出来るのですが、それがクオンタムです。肉体のあるなしを選べて、自分の計画に基づいて変わることができるのです。皆さんには変で、奇跡のようで、そんなことが出来るのは天使以外にありえないと思うかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

レムリアとテロス by オーレリア・ルイーズ・ジョーンズ

「レムリアはアセンションした」とはザ・グループが言いました。その意味合いが分かりました。オーレリア・ルイーズ・ジョーンズアダマのチヤネラーとして有名で、クライオンがシャスタ山でサマーライトを行う際に時々出席して(!)いましたが、2009年に他界されています。

 

レムリアとテロス

 

1959年ロード・ヒマラヤから「自由の架け橋」に伝えられました。「僧の多くは、いろいろな地域毎の小さなグループに分かれて、そこで祈り、歌を歌い、海の中に沈んで行った。彼らが歌ったメロディは、今でも有名な「オールド・ラング・サインAuld Lang Syne(蛍の光原曲)でした」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

見えないもの by クライオン

Mt Shasta
Mt Shasta

見えないもの

Lee Carroll 2005-6-18

カリフォルニア州 シャスタ山

 

こんにちは、皆さん、クライオン・マグネティックサービスです。こうして、文字通り人間が、ベールの向こう側から何時間もメッセージを受取るというのは、ある人にとっては信憑性に欠けることです。でも、また言いましょう。いつもそうやって来ました。地球のあらゆる聖典とういうのは、愛の元でスピリットが導管を通じて話し人間によって書かれたものでした。最も根源的な神の言葉は、人間がスピリットを解釈した言葉でした。常に繋がる方法がありました。そういうものが人間に備わっているのです。だからまた私たちも繋がります。そうやって皆さんはここにいます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 2 ): 1 2»