選 択 by ザ・グループ

覚えておいてください。現実はすべて、絶えざる小さな選択の結果です。人生でワクワクする楽しさや喜びを経験していなければ、もう一度選び直してください。

光の灯台 ~ Re-minders from Home

1999年11月7日

 

選 択

神の表れ

 

From Steve:

私は入り口に立っていました。そこに立っている、そう単純に感じました。中へ入ろうとしましたが動けません。でもその瞬間が面白く、動こうとしませんでした。それから階段の3段目まで一歩ずつ上がり、大きな木の扉に近づいていきました。階段を上がると扉が開いてそこに彼らがいました。まずそこから笑顔を感じました。優しい、愛のある笑い声が音楽のように耳に届きました。一息入れ、最後の2段を上がって前に進んで入りました。彼らは彼ら流のやり方で私を抱きしめました。家に帰った、私もザ・グループの一員だということを本当に感じました。もてなしを受けていると感じた特別な場所でした。ザ・グループがよく私を(過去生で)連れて行ってくれた馴染みのあるバーにいたのです。その場所は、私に個人的に見せたいものがあると言って連れて来た場所です。ここで宇宙の秘密を見てきました。ここで大いなるすべてを、ただ見せてくれていたのです。

この時、彼らは私の人生を見せたいために連れて来たと言っています。私たちはテーブルを囲み手を伸ばしてお互いの腕をつかみました。エネルギーが円を描き出し、急に自分自身の過去に起きた出来事を見ていました。私はちょっと、自分がエベネーザ・スクルージであるかのように感じ、隣に8人の幽霊が立っている感覚を覚えました。彼らは過去で私がやったことを見せてくれました。その中で特に誤りだった、と自分が考えていたことを幾つか見せました。それは面白かったのですが、一つのことでも別の選択を選んでいれば、違った結末になっていた、ということを見せてくれ、思い出させてくれました。こんなふうに見ることが出来ていたら、どんなに時間を無駄にしないでいたか。しかし、それでも、その時、思っていた方向に進んでゆく経験をする必要が私にはあった、すぐにそう理解することが出来ました。こうして彼らは応えてくれました。

(訳注)エベネーザ・スクルージチャールズ・ディケンズ『クリスマス・キャロル』に登場する主人公。吝嗇で強欲だったスクルージが、クリスマス前夜に3人の精霊の訪問を受けるという場面がスティーヴのその体験と酷似している、というもの。その後スクルージは改心する。

 

 

故郷からご挨拶

 

皆さんとの再会は、私たちにとって本当に特別な時間です。いろんな選択をしながら皆さんはシフトが起こるように設定してきました。そのシフトは、全宇宙に響き渡って行くでしょう。皆さんの前にこうしてここにいられて、心から光栄に思います。皆さんが自分の力を思い出す手助けをしたいと思います。人類は目覚め始めています、今いろいろな分野においてもっと高い真実に辿り着こうとしています。皆さんがこれまでしてきたことによってこの地球規模の目覚めが可能になっています。皆さんが台本を書いた「隠れんぼのゲーム」は、勝利を治め、次の段階へと進んでいます。今この時はあらゆる創造の中でも最も興奮する時です。皆さんは今、次のステージへと進む扉の前に立っています。気がつかないほど近づいています。皆さんがもっと高いレベルに進化するにつれて、他の種類の存在も後に続けるようトーンを設定します。そのため、大きな期待を持ってあらゆる目が皆さんに集まっています。考えられる以上に皆さんは尊敬されているのです。

ゲームのルール

皆さんは自分の存在を定義するために、何巻ものゲームボードのルールを記録に残してきました。ゲームは、創造者が生物学的な形になって、定義をして、悟るという実験でした。私たちから見れば、ベールでさえ定義づけてしまおうとするので、とてもユーモラスに見えます。故郷の単純明快さにはそのような定義もルールもありません。初め、このような定義づけが実際にゲームを演じる動機にもなりました。それは、定義を探すというゲームを定義づけるルールでした。前に話したように、たった一つのルールだけがあって、皆さんはそのルールをゲームに適用して最初の台本を書きました。

すべてに亘って「自由意志」がある

ゲームボードでは、すべての行動が宇宙エネルギーに準ずることで許されます。この最優先の指令(宇宙の第一指令)を守ることが、ゲーム中の自然なバランスです。全部が自由選択です。

契約を書く

環境はすべて、選択の結果です。転生する前にはその都度契約書を書き、自分自身のためにレッスン(課題)を設定しました。自分の人生でそれぞれの役割を演じてくれるようにいろいろな人に頼み、返済する機会、またはカルマを重ねる機会を設定しました。契約書は沢山ありますが、ゲームにはたった一つのルールしかありません。そのため、すべての契約はゲームボードでその通り選択実行されるまでは潜在的な効力しかないのです。そこで契約書を起動させ、履行する選択が生まれます。皆さんが経験することすべては、今までやって来た選択の結果です。

バックアップ計画・・・代替契約

契約書を書いている時にはこのルールのについて知っており、ベールは非常に効力があると知っているので、重要な契約にはすべて適切なバックアップ(代替)計画(訳注:プランB)があります。しばしば皆さんは、この代替計画には期待をかけようとはしません。例えば、一人の女性が母親になって幼い子供の手本になる契約をします。それはよくあることですが、それからいざという時になっても契約が履行されません。多分、子供が契約の実行に前向きでなく、その通り運ばない事情によるのです。よくこのような契約が代替計画によって遂行され、女性が幼い女の子を連れた男性と再婚して、その子と強い絆を感じるのです。このケースでは、お手本という契約が代替計画で履行されます。しばしば代替計画には孫が生まれてそれで初期の契約が果たされる必要があったりします。この役割を想像力を働かせて契約書に書く際には、沢山の可能性を想定して行われるわけです。だから、自分の選択には好い悪いという評価は一切ない、ということを思い出して欲しいのです。人間でいるとこれは難しいことですが、そうなっています。

素因VS運命

自分の役割を台本に書いている時、その時皆さんは、このゲームで頻繁に遭遇したいと思っている特定の事柄があります。それが、幾つかの前世から今生に持ち越す素質(素因)です。学ぶべき課題として、特別に辛かった、厳しかった課題、または大きなカルマ的な借金を引き起こした課題を持っている時があります。一方、マスターした特質も、すべてその気になればそれ以降も持っていくことが出来ます。こういう理由で皆さんは、しばしば、人生から人生へと似たような状況や学びを経験するのです。よくこのことを運命と呼びますが、そのことと考えられています。しかし、皆さんは何も運命付けられてはいません。すべては自由意志なのですから。普通、自分の脚本を書く度に前もってそうなるように仕向けられているのです。

過去の人生が役に立つ

この素因については、皆さんがそれまでの課題を自分に見せようと一所懸命になって、その課題を乗越えるまでは、それぞれの人生に同じ関係を何度も何度も作っているのです。皆さんには、自分で上手く乗り越えたことは想像もつかないでしょう。だから、上手くやったにもかかわらず、ここにやって来ます。だから、過去の人生を見ることは、自分が歩んできた道に設置した素因の手がかりを探すのに役立ちます。過去の人生は過去のパターンを見るのに役立ちますが、それぞれのレッスンは、今の人生経験の中にしっかりと根を張っていることを知るのは重要です。次の段階に進むために今生で必要なことはすべて持っているのです。何回もの過去生を貫くパターンを見るために過去の情報を使うわけです。過去生の最初のパターンを知る場合は、今生の経験を克服しなければならないということを覚えておいてください。でないと分かりません。今の人生経験は常に過去の課題と密接な関係があります。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。