パラレルリアリティ by ザ・グループ/プレアデス

ここでは、「パラレルリアリティ」に触れたメッセージを載せます。ひとつは、ザ・グループ、もうひとつは、プレアデス人。いわゆる「マンデラ効果」というものはザ・グループが何度も言っている「時間の交差」「次元が滲み出る」現象だと考えられます。

プレアデス

パラレルリアリティ:シフトするリアリティ

Ishante

 

車で5分前に通ったばかりの道を突然また走っていたり、2013年12月の予定を記入していたカレンダーと同じ手書きのカレンダーがトイレに現れて2枚になったなど奇妙な現象を経験したのでプレアデス人に聞いてみた。

——–

4次元に慣れてくるとマクロレベルでクォンタムな現象が起こるのが分かります。普段とは違う名状しがたいことが起きて、それでいてそれがパラレルな現実と繋がっていることに気がつくようになります。そしてしばしば僅かでもあなたがシフトすると、そういうことの起こり方が分かるようになります。

時が凍ってしまったかのように動かなくなったり、突然物を無くしたかと思うと、通常では置かない別の場所からそれが出てきたり、そういうことを経験することがあります。不思議なことに同時に同じ種類のものが2つも出現したり、いつも通う道にあったきれいな花壇が目の前からなくなっており、もうそこにないなど、不思議なことを経験します。

その時に道を間違えたのか、あるいは全く違う道を走っているのかと思うことがあります。すると、いつの間にか、その花壇が目に飛び込んできたりします!そして頭を掻きながら、運転中に注意散漫になっていたのだろうか、それとも疲れているせいなのかと考えたりします。 

2014年以降は、そのような、奇妙な出来事や体験をして気になる時があるかもしれません。特にシフトがはっきりと起きて不安定になる時にそういうことがあります。しかし、リラックスしてその時に深呼吸をすれば楽しむことも出来ます。明晰夢を見たり、夢の中で自分が “起きて” いることが分かっている時は、生じている現象を自覚しているのでパラレルなリアリティにシフトしているのです。同じようにワクワクすることです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。