多次元の再会 by ザ・グループ

45a563fac51a3f2c59c6cd57b13cbcbf

多次元の再会

高いビジョン

Steve Rother 2014-5-15

 

こんにちは、皆さん。

皆さんが新しいエネルギーの中に入り、こうして一緒にいられるのを大変嬉しく思います。地球の誰もが新しいレベルに進みました。私たちも皆さんも一緒なのでそのような皆さんを見て誇りに思います。皆さんは、私たちと自分たちは違う、私たちの方は高くて、もっと素晴らしい、別だと考えます。皆さん、故郷に帰った時には自分の本当の姿が分かります。まず、地球にやって来た理由の意味を思い出します。皆さんがベールを身につけると決めたのです、それを分かってください。この隠れんぼのゲームをしたかったのです。皆さんは神から隠れている神です。隠れながら神を探しています。これまでそれは非常に上手くいきました。最も素晴らしい方法でやってきました。これからその成果を収穫していきます。

チャネル(導管)になる ~ キーパーの場合

人間がこれから出来ることがたくさんありますので、今日はそのことについてお話します。その能力の多くは以前は隠れて見えませんでしたが、SFや映画などに登場して見ることが出来ました。製作者が考えついたものですが、実際のところ、彼らは未来の姿をチャネリングしていたのです。その人たちは私たちが送っているエネルギーをチャネリングしていました。それがキーパーの言うチャネリングの本質なのです。キーパーはザ・グループのチャネリングを目的にしています。故郷から私たちをグループで呼ぶことが出来ます。本当に魔法です。皆さんも同じようなことが出来ます。でも、キーパーは練習してそこまで出来るようになったので、彼と同じように、完全に自信を持って出来るというほどには行かないかもしれません。私たちが彼と関わるには一定の時間を要したので、ここでは彼が言うようにチャネリングという言葉を使います。彼が最初にチャネリングをするのを皆さんが見ていたらどう感じたか、私たちには面白いものでした。

最初は彼はチャネリングしながらそれをパソコンに入力していました。彼にとっては非常に簡単でした。チャネリングした通りかどうか、入力して読んでチェックすることが出来ました。でもその時は、入力が余りに遅いので情報をすべて入力できませんでした。そういう理由で彼は自信がありませんでした。彼とは本当に大丈夫だという確信が持てるまでしばらく時間がかかりました。彼が私たちを信頼していなかったというのではなく、彼自身が自分を信頼できなかったのです。自分を信頼することが重要な要素です。だから彼に助け舟を出しました。ある若い女性にキーパーをある場所に誘ってもらうようにしたのです。彼はそこに行って一緒にセミナーに参加しました。そこで彼女は言いました。「では、今からチャネリングをしますので、皆さんもやってみてください」。すると彼は「するつもりはないな」と言うと、彼女は「皆さんはこれからチャネリングをしていきますので、やってみてください」と言いました。すると彼は、「分かりました。キーボードはありますか?」と聞きました。それから座って、ここでやっているようにライブで初めてメッセージを降ろそうとしました。皆さんに言っておきますが、この密度のあるエネルギーの中に降りるにはベールの私たちの方ではやれることは何でもしました。その時の密度のあるエネルギーとは何でしょうか? 簡単です。彼は自分を信じていませんでした。悪いこととは思いませんし、間違っていることではありません。ただそうだっただけのことです。多分、新しいエネルギーについてはそれが一番大切なことでしょう。正しいとか間違いはありませんが、皆さんは用心してずっとこの2つの言葉を使い分けてきました。でも、もう白黒はありません。かつてもなかったのです。グレーのグラジュエーション、あらゆる色が混ざったものしかありません。特に、今言っている新しいエネルギーではそこに魔法があるのです。だからキーパーはこのエネルギーを降ろしました。彼は口を開けました。その時、やはり私たちが何度も教えていたように最初の言葉を口に出しました。私たちのこころを込めて「故郷からご挨拶します」と言いました。その言葉によって部屋中に共感の輪が広がり、会場にいる人はその後、次の言葉をじっと待っていました。なぜなら涙が溢れ出したのです。最初の時彼はあまりに取り乱してしまいチャネリング出来ませんでした。初めてのエネルギーで文字通り頭の中が混乱してしまいました。ただ皆さんもある程度このようなことをしてきましたし、もう既にしています。近い将来、自分でチャネリングしてそれを広める仕方を見つけていくでしょう。本当に素晴らしいことです。私たちには時間の制約がないので、今日そのことをお話したいと思います。素晴らしいとは思いませんか?

エンパワーメントの第1,第2,第3の波

地球の歴史を振り返る

エルラ、タイムキーパー、エム、マーリア(Merlia)、そしてまだ紹介していない他のメンバーはベールのこちらにいましたが、私たちは皆さんに非常に魅せられています。皆さん同士一人一人が繋がっているように、私たちも皆さんに繋がっています。完全にバラバラであることを装うゲームをしようと決めたので皆さんにはそれが分かりません。でも今はエンパワーメントの第3の波に入りました。第1の波はリーダーに従うことでした。リーダーに従っていればいろいろなことが出来ました。集団になれました。その次の波は、自分に従えるようになることでした。それがエンパワーメントの第2の波でした。皆さんはそうしました。自分自身をはっきりさせて必要以上に他の人の影響を受けないように壁や境界線を作りました。信頼という特定の特質を学ばなくてはなりませんでした。逆境の中でも本当のことを話す必要がありました。そしてやりました。皆さんの考え方は大きく成長し、全人類は今や新しい段階へと進んできました。魔法です。その段階が、今の第3の波の始まりです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “多次元の再会 by ザ・グループ

Comments are closed.