144 か所の光 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2005年 12月 15日

144か所の光 

地球を明るくする

 

人間でいることは生やさしいことではありません。易しかったら、誰もが人間になりたがります。事実を言うと、全惑星の中で一番難しいゲームボードにやって来るには、一番高い波動を持たなければ出来ないのです。その時、自由意思だけでなく、完全に自由意思で演じきれるように、ベールはかなり強力になっている、そういう条件でゲームを演じることに同意したのです。

皆さんの仕事は、ただ光を灯すことです。育てていけば、他の人も育てていきます。灯して、愛の光にしてください。皆さんは、光の先駆けです。皆さんは、光の点火装置です。144か所の光”を、同時に大きく明るくすることなのです。それが起こると、臨界量に達するという魔法が起こります。「百匹目の猿」現象と同様、全地点の光が点灯し、初め見られなかった大きな光のフラッシュが、‘大いなるすべて’を変えてしまいます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

愛の織物 by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2004年 6月 15日

愛の織物

愛のグリッドを活性化する

Steve Rother

同時に、皆さんの現実と隣合って並行して進む宇宙があります。皆さんのゲームの歴史上、魔法のような時代が沢山ありました。その時、幾つもの時間軸が交差して、お互いの時間軸に永遠の刻印を残したのです。タイムラインの交差の一つが、 “マーリンの時代” です。キャメロットは、確かに実在しました。本当のキャメロットは、皆さんと交差した別の時空の次元に存在したのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について