宇宙船に乗った人 by アークトルゥス

宇宙船に乗った人 by アークトルゥス

アークトルゥス

宇宙船に乗った人

 

3次元の時間の幻想を手放すまでは、人間は4、5次元以上の現実で振動する本当の自己を思い出すことは出来ません。現在、多くの人の脳細胞接合部の3%しか稼働していません。「細胞接合部」とは、細胞同士が脳内にある異なる情報源を処理する際に働く領域のことです。ほとんどの人は能力の2%から10%しか発揮していないので、4、5次元以上の高次元の現実を理解できるシナプス接合部は、起動していません。しかし、初めての情報を意識して知るという思考の動きは、脳内に使用可能な新規のシナプス接合部を作り出します。意識的に高次元の経験をしていることを認めると、シナプス接合部が広くかつ簡単に活発化するようになります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

イネリア・ベンツへのインタビュー

 

https://www.youtube.com/watch?v=WApR8CypJfk

★5次元から地球にウオーク・インしたイネリア・ベンツさんへのインタビュー(抜粋)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

アブダクション by ラナンダ

アブダクション

 
ラナンダ・クマラ  2016-10-6

 

アブダクション(誘拐)は、この場合、適切な表現ではありません。アブダクションは本人の意思に反して誘拐されることを意味しますが、ETの宇宙船に連れて来られる人の殆どは生まれる前にそうやって役に立とうとして了解しているのです。でも、次元が変わって記憶喪失に陥って忘れました。誘拐された時の詳細については、夢や退行催眠の状態でしか思い出せません。本人は、誘拐をした者から潜在意識で誘拐された経験を忘れるように言われました。

誘拐されるほとんどの大人は怖くなります。そのため誘拐した者と会話した内容やテレパシーで放たれる愛の感覚を自分の中から締め出します。他方で、誘拐された殆どの子供たちは怖がりません。だから、それまで何度か誘拐されたことや、体の小さな存在によって寝室から連れ出されたことに幾分慣れて、彼らが自分の体を非物質化して壁や閉まった窓を通過させ宇宙船に連れて行ったことを覚えています。そういう子供たちはこの小さな存在が放つ愛を感じ、彼らとテレパシーで会話し続けます。

こういう存在たちは、上位の4次元の魂で、ベッドや車から連れ出すために5次元以上の魂に雇われます。その5次元以上の魂自身は低い周波数や3次元の地球の大気汚染に耐えることが出来ないのです。雇われた存在は、4次元以上の様々な種族です。しかし、一般的に身長は1メートルから1.5メートル位でその中にはグレイもいます。また、銀河連合で働いてきた存在もいます。しかし、グレイは、世紀が改まって以降、地球からいなくなったので、銀河連合のために働くことはありません。汚染状況が悪化したので耐えることが出来なくなりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について