宇宙船に乗った人 by アークトルゥス

アークトルゥス

宇宙船に乗った人

 

3次元の時間の幻想を手放すまでは、人間は4、5次元以上の現実で振動する本当の自己を思い出すことは出来ません。現在、多くの人の脳細胞接合部の3%しか稼働していません。「細胞接合部」とは、細胞同士が脳内にある異なる情報源を処理する際に働く領域のことです。ほとんどの人は能力の2%から10%しか発揮していないので、4、5次元以上の高次元の現実を理解できるシナプス接合部は、起動していません。しかし、初めての情報を意識して知るという思考の動きは、脳内に使用可能な新規のシナプス接合部を作り出します。意識的に高次元の経験をしていることを認めると、シナプス接合部が広くかつ簡単に活発化するようになります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください