魂の道 by イエス

イエス

魂の道

 

ビクトリア・コクレーン 2017-3-1

 

皆さんの言葉で、人生は一瞬という言葉がありますが、数十年の場合も一世紀に及ぶ場合もあります。長生きする人、非常に短い人生で終わる人もいます。人生の長さに関係なく、人生が地球や周りの人たちに与える影響は重大で、本人の魂に大きな痕跡を残します。人生の中で起こる出来事は行き当たりばったりの偶然で計画性がないように思えますが、実際、殆どの人は、誕生から死までを計画し組み立てた当初よりも長く生きています。両親、兄弟、地球で生きる際の主要課題などは、すべて生まれる前に計画します。家族もまた、人生のある時に生まれることを約束します。それによって、本筋から逸れないようにし、必要な時や危機的状況の時に家族は手助けが出来ます。それから、悲痛な人生は、本人が選んでいるのが普通であり、本人が意識で知っていてもいなくても大きな学びを得て早く成長するための根拠になります。

魂が生まれる時は、地球に変化を起こそうとして本当に興奮します。しかし、多くの人は3次元の波動の重みに十分対応できず、すぐに道に迷います。ドラッグ、アルコール、鬱、あるいは他方で、私利私欲、金もうけや富裕な地位に付随する権力などで頭も心もいっぱいになり、すぐに自我を満足させることに方向転換します。悟りと進化した魂の道、他者への奉仕はどこかへ行ってしまいます。道に迷った人たちは、家族の関与、宗教、あるいは性格の強さ、また、魂の記憶などによって本来の道に戻ることも時にはあります。しかし、当初の計画よりも早く3次元と人生を離れる選択をする人がいます。その場合、選択を見直して、また目的を果たし完了するために、後で改めて戻って来る人もいます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について