偶然ここにいるのではない(字幕)by クライオン

2018−7−14@カリフォルニア州ラグナヒルズ 

前に、聴衆にブーイングを巻き起こす大統領執務室に光を送るようにお願いしました。でも、前提としていることが理解されていませんでした。大統領執務室が明るく光るのは嫌なんですか? そうなってほしいですね。自分の光を送れますよ。現職の大統領が男性であろうと女性であろうと、彼らは現在未来に渡って皆さんが送った光を手にでき、その結果、大統領の考え方を変えるようになります。そのところは、皆さんの役目です。それが、想定外に進化を加速させる地球への回答であると思ったことはないですか? 否定論者は、馬鹿げてるといつも言います。少数の意識はもっと多くの意識に影響を与えるという真理を知らないのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください