ニューエイジの謎を解く (1/2) by クライオン

ニューエイジの謎を解く (1/2)

Lee Carroll 2014-1-18

アリゾナ州 ツーソン

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。またパートナーが脇に寄ってメッセージの純度を高めます。それも、彼でさえこの23年間、関わったスピリチュアルエネルギーの違いを経験し、チャネリングそのものもまた変わっています。実際、チャネリングは松果体というポータルからやって来るもので、地球のエネルギーがこのコミュニケーションを後押しし始めているとすると、コミュニケーションのポータルは益々大きくなります。以前にはなかった別の言語でもっと多くのメッセージが届こうとしています。もちろん録音した後にもっと多くの視聴者や読者にメッセージが届いています。多次元のエネルギーは口頭で交わされたメッセージや活字のメッセージを遥かに凌駕しています。そして、今この会場で聞く時にはこの多次元のエネルギーが具体的なメッセージに乗って流れます。私たちが話し始める時にはその場で非常に多くのことが起こります。

この会場にいる人も、このメッセージを聞いたり読んだりする人も、皆それぞれに独自のユニークな生きる道があります。同じ人はいません。だからそうなると、非常に複雑なパズルになると思うでしょう。が、スピリットにとってはそうではなく、皆さん全体が一つのワンネスとして結びついています。それは、自分の素晴らしい所が自分の知らない人に、知らない所で役に立つというパズルなのです。考えると複雑ですが、私たちには複雑ではありません。素敵な大きな愛のエネルギーです。そして目的に適っています。

なので、ヒーラーの皆さん、私はここにいる人を知っており、誰が聞き、誰が読むのかを知っています。スピリットと上手くコミュニケーション出来ない場合、皆さんはその理由を知っています。パイプが太くなると、水圧は下がりますが、水の量は変わりません。チャネリング情報やヒーリングエネルギーとして受け取っているものはダイナミックに動くので、皆さんが予想もつかない形で変わっていくかもしれません。それは同じ結果やもっといい結果を得るためです。その仕組みは、悪くなるものは何もないということですが、そのことを覚えておいてください。分かりますか? そのような仕組みになっているのです。大きくなったポータル(松果体)から同じ情報を受け取る場合は、以前にも増してもっと純度が高くなります。その時には、瞬間的に、直感的に断片的に情報がやってくるのではなく、ゆっくり届くので理解できて生かすことができます。

2014年 新たな始まり

2014年は新たなエネルギーになり、地球でのオールドソウルの力も向上し始めます。オールドソウルとしていつも期待していたエネルギーです。皆さんの時代が始まりますが、暫く時間がかかります。そう感じられない人もいますが、感覚はそれに合って行きます。でも全般的に、去年とは非常に違う感覚があるはずです。深呼吸をして「2014年になって嬉しい、違いが感じられる」と言ってください。他の人が言っていることをオウム返しに言わずに、自分の直感で感じられることを確認してください。

そこで、パートナーにはいつとは言っていませんが、何回かに分けてニュー・エイジの謎解きについてお話していきます。前に言いましたが、その中には、非常に不快に感じるようなこともあります。なかなか考え方の変わらない教師たちには特にそう感じるでしょう。そういう人たちは特定のことを同じやり方で人に教えてきました。それまで上手くやって来たのですが、そのやり方が変わらないのはなぜですか?

そのような教師たちにお話します。皆さん、2012年以前の古いエネルギーの時には、受け取ったものはすべて古いエネルギーの暗いフィルターにかけられていました。だから、皆さんが関わったものの多くが比喩的で、直接的な情報ではありませんでした。でも皆さんはそのまま受け取って出来る限りそのまま他の人たちに伝えました。何も間違いではありません。出来る限りそれまで通りのことをしていたまでです。しかし、そのフィルターがなくなってもっと分かるようになった今、「なるほどそういうことか」と思える時があります。そのことに気がついた場合は、それはギフトになり、何も頭で判断していません。それを分かってください。それは、決め付けずに、改めて目を開いて「今まで他の人に言ってきたことと違う」ことに気づける招待状であると思ってください。もっとはっきり理解できたことに喜んで、知っていることを教え、伝えてください。

新しい情報の中には今まで自分がしてきたことをはっきりさせるものがあり、それまで自分の手の内で管理統制出来ていたという考え方が少し変わるような情報もあります。歌の歌詞を印刷して、間違った言葉があると思わせるようなことです! 調子は同じなのですが、歌詞がもっと正確になります。そのようなことです。だから今までその状態で歌を歌いそれを人に教えていたのだと思うかもしれません。でも、楽譜を開いて、書き込んだ歌詞を見た時に、「あれ、違う」となります。だから、ちょっと深呼吸してみてください。「問題ない、これでもっとはっきりしたので今までよりもっとよくしよう!」と思ってください。

人間は、これからこのような状況に頻繁に立たされていきます。でも、自分をかばうために状況を歪めて考える人がいるでしょう。人生を振り返って「間違っていた。だから失敗だった」と思います。皆さん、それが古いやり方なのです。古い意識が教師や直感力のある人に入り込んで “軌道修正” させようとする時があります。それでもそれは、自分が壮大で素晴らしいかどうか、本人がどう考えるかの問題です。 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。