アトランティス効果 by モニカ・ムレイ二―

ascension-from

アトランティス・シンドローム

オールドソウルのアトランティスの記憶は不正確です。アトランティスは、住んでいた島が沈んだり崩壊したりした結果の総称に過ぎません。殆どの島々が海に囲まれていたのは相応の理由がありました。今言ったように、その多くは火山でした。軟弱な島もあり、地震や津波が起きるとすぐに浸水しました。水には1500年から2000年のサイクルがあるので浸水が起きたでしょう。レムリア人はそういう所にいたと考えてください! そう思ったことはありますか? でもだからと言って、アトランティスそのものを軽視するつもりではありませんが、多くの人がそういう島々にいて沈み、それが大事件という思いとしてDNAの中に張り付いているのです。

高度なテクノロジーに関して、皆さんが“覚えている”高度なテクノロジーが何か、それを言いましょう。アトランティスのテクノロジーは今とは違います。それは、高度なマインド意識による思考のことです。それが当時のハイテクでした。レムリア時代と同じように島では皆が集まり島の波動を上げました。でも、機械や点滅する光を使うのではなく、意識によって物理現象を変えることが出来たのです。

~ クライオン「漠然としたアカシャ」

 

 アトランティス効果

Monika Muranyi

 

殆どの人はアトランティスは架空の大陸で、ギリシャ神の逆鱗に触れて海に沈んだと思っています。でも、それは違います。しかも、一度の出来事ではありません。そんなはずはない? いえ、大いにあるのです!

ローマ帝国やギリシャ、インカ、エジプト文明などの古代文明は農業や建築物や都市など今でもみられる風景を残しました。それとは反対に、アトランティスはレジェンドとして映画や文学のみに存在しています。でも、この神秘的な島がそんなにも素晴らしい社会文化を生み出し、非常に多くの人たちが自分はアトランティスにいたと思っている理由はどうしてでしょうか? 単なる思い込みではない、何かが他にあるのでしょうか? その答えは、もちろん、「そうです」。

多くのスピリチュアルな社会学者によれば、歴史上人類が自滅したのは4回です(現在は5回目の挑戦)。その間、実際に“アトランティス”で起きたような出来事が数回ありました。クライオンはアトランティスについてはっきりと説明していますが、見方が変わるかもしれません。

アトランティスを理解する際に重要なのは、レムリアという場所について知ることです。レムリアは地球で最初の文明だったと言われています。レムリア人が何千人もの人間の中にアカシャの種を蒔いた目的と理由は、また将来目覚められる日が来ると思っていたからです。地球でのカシャが定まり、レムリア社会の目的は達成され完了しました。そして、この島国を基盤にした社会が沈んだ後に、自然災害が続きました。

レムリア人に生まれた多くの人には共通する特徴があります。かつてレムリア人だった人たちは同じような考え方をする人たちと一緒になり、隔離した社会を創ろうとしました。かつてレムリア人だった人たちは、覚醒した都市を何度も何度も再建しようと挑戦しました。その度に、アトランティスという呼び名を思い出しました。直線状の人間の思考様式によって、様々なアトランティスの名は、私たちのアカシックレコードでは「1回だけのストーリー」と思われています。1回の出来事が細胞に刻まれるようになったのですが、それが「アトランティス効果」と言われるものです。 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。