ウオークインと臨死体験 by クライオン

ウオークインと臨死体験 by クライオン

ウオークインと臨死体験

 

臨死体験をした人は、トンネルの中にいて、素晴らしい光を見て神の完璧な愛を感じ、恐れはありません。これは、本当ですか?本当ではありません。これは、プログラムです。脳はそのようにプログラムされています。その時、死が差し迫っています。でも体は死とプログラムを区別できません。しかし、慈愛のプログラムが作動し始めて、皆さんは、事実として感じます。向こう側を見始めるのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 2 ): 1 2»

愛を受け留める(字幕)by クライオン

 

Lee Carroll  2018−12−9@ラグナヒルズ

愛と気遣いの意識になると、不安は消え、長生きするようになります。人間は幾つかの理由で年を取ります。それについて話します。

エピジェネティックス(後成学)は、本当です。細胞は聞いているということです。細胞は、あなたが信じ分かっていながら言葉にする時に、その時のあなたの言うことに反応します。だから、寿命とその仕組みについて、あるいは、自分で病気を治せるかどうかについて、普通、そんな事は起きないからという理由で人の言うことを信じ込むことは悪い習慣です。しかし、そうせずに、信じて自分の体に話し始めると、病気が消えていくのが分かります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について