アファーメーションのパワー(字幕) by クライオン

Sydney

このメッセージは「引き寄せ」の仕組みの決定版であり即実践できるので折につけ繰り返し載せます。

2015-3-14 @ シドニー, Music: Ken Davis

参照:「先天性の正体」「意識の物理学」

自分の内部の先天的な仕組みは、今までよりも考えていることを益々聞くようになります。あなたの指示だけを聞いています。どこにいようと何をしようと、あなたは自分が予想する通りになるということです。そして人間は、“ふつう(中位)”を予想します。「やっぱり“ふつう”だった」と何度言って来ましたか?もしそう言っていたら、あなたにチャンスはありません。あなたは“ふつう”でしかなくなります。出来ない、そんなことは起こらない、と前から知っていましたね。その時の「やっぱり起こらなかった」という言葉が体中を駆け巡ります。あなたのDNAは「やっぱりできなかった」(平均値)と何兆回も聞くのです。人から言われたことや、「出来ない」などの自分の否定的な言葉は全部先天的な力が聞いています。その場合、シンクロニシティは起こりません。もう始める前に諦めているからです。チャンスはやってきません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

自分の光を探す by プレアデス・ハイカウンシル

プレアデス・ハイカウンシル

自分の光を探す

 

大酒を飲んだり、身体を痛めつける人に聞きますが、そのような人は、細胞があなた自身が考えることや気持ちを知っているということを知っていますか? 身体は意識レベルに応じた反応をします身体はすべての思考と結びつき、思考を生み出す感情に結びつきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

バイオフォトン・光と意識

 

バイオフォトン・光と意識

 
クライオン Q&A - Lee Carroll

Q: 最近、科学が細胞の特にDNAには電磁気があることを確認した記事を読みました。しかし、バイオフォトンについてはほとんど情報がありませんが、バイオフォトンは、コヒーラントなレーザー光線のような、律動する超微弱なフォトンであり、それが生命のDNAの中で光を発して人体全体の細胞同士のコミュニケーションの経路になっているというのです。クライオンが話してきたことはそういうことなのですか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

神聖なDNA(字幕)by クライオン

Middle_Earth__Aman_by_Isilmetriel

2010-3-13 @オーストラリア メルボルン

科学は大脳が意識の中心だと考えています。しかし、そうではありません。大脳は意識を司ると考えていますが、違います。大脳はDNAのその90%(ガラクタ遺伝子)に反応する3次元エンジンです。大脳は、まさに3次元のシナプスの複雑なエンジンです。何らかの形でDNAの影響や指示を受けて電気信号を発しています。

科学はプロテインでコーディングされて出来た遺伝子の中に、いわゆる「マーカー」というものを探しています。科学によればこのマーカーによって細胞を弱体化させる体質や傾向が分かり、その結果、後々にガンを引き起こす可能性があることが分かるというのです。マーカーについて話しましょう。この件でお話しするのは初めてです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

意識のパワー(字幕)by クライオン

2017-6-2 第20回サマーライト 初日 @イエローストーン

意識研究が始まり、意識が物理法則を実際に変えてしまうということが分かり始めます。それから、意識は体にも作用するのではないかということを理解します。意識は本当にパワフルで、相当集中させることが出来る、だから、意識で健康な体にすることが出来るのではないかと思います。

体の中には、たとえ消えてなくなれと言っても、不適切なものは何も存在しません。言葉を発すると、細胞は聴くだけでなく話しをするのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

意識の3連構造(字幕)by クライオン

Charlottesville

2015-5-10, バージニア州シャーロッツビル

(参考記事)「先天性の正体」

今夜、お話するのは、脳は一つではない、3つあります。

見るもの、考えるもの、それは脳です。でも、”インターネット“(次元を超えたネット)との繋がり方は分かりません。脳は、シナプス・コンピューターです。シナプス性(伝達)とは、脳内神経経路が活発に動き出して電光石火に結合していくことです。そうして、3次元で、考え、生き残ることが出来ます。大脳のこっちは、創造的な、絵や音楽を司っていると言います。でも、その回路、配線の仕組みを見たことはありませんね。でも、大脳はそういう働きを直接起こしているのではありません。大脳は、そういう働きを援護し介助しているだけです。創造活動は松果体で生まれ、松果体はハイヤーセルフと繋がって直感が起こります。松果体でハイヤーセルフと大脳が繋がっているのです。繋がっている人もいればいない人もいます。自分でドアを開けるのは自由です。開けた人はどんどん松果体とのネットワークを作ります。でも、皆さんはそれを大脳と呼びます。大脳は、学校で習います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

アエーソスと非2極的意識 by ハトホル

ハトホル 

アエーソスと非2極的意識

自分自身を経験する時、多次元的意識の中にいます。個人の進化のレベルによって私たちは4次元から12次元に顕現します。第9次元で擬人化した姿に変えることができます。人間のような姿であったり、ライトボディであったりできます。10次元に移行すると、擬人化した姿との繋がりは一切消えます。意図と目的で幾何学的な光の形になります。個人の進化が進むと、10次元、11次元、12次元ででいろいろな自分を表すことができます。

意識が上に進んでいくと、すべての存在と宇宙が互いに結びつきつながり合っていることが益々はっきりしていきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Page 1 of 2
1 2