インナーアース・自然霊・レムリア・UFO by メタトロン

hollow-earth_2

大天使メタトロン 

インナーアース 自然霊  レムリア&UFO

James Tyberonn 2008-7-20

 

こんにちは、皆さん! メタトロン、ロード・オブ・ライトです。皆さん一人ひとりに生きた言葉をお伝えしましょう。愛をもって皆さんを抱きしめます。

地球は中まで固まった球体だと考えられています。皆さん、地球は極地でも平らになっています。大きな裂け目や溝帯もあります。その中には皆さんが言っている失われた文明もあります。地質学者によれば地球は45億年になると言われています。地球科学の法則の範囲内ではかなり正確な数字です。ただ、科学者が理解していない点は、次元は科学法則に影響を与えるということです。地球は、別の次元から見れば幾つもの地球の複合体なのです。パラレルに、同心円状に無限に並んでいます。

 

質 問 : 地下に沢山の文明があると言われています。本当にあるのですか、あるとしたら、どこにあるのですか?

メタトロン: ええ、確かに長い間存在しています。ヒューマノイド(人類型)の種族で、レムリアアトランティス後期の時代に遡れます。彼らは地球の裂け目の空洞に入る方法を見つけたのです。地球内部には広大な空洞が広がっています。かつては、巨大なトンネルのネットワークで繋がっていました。最初に入った者たちはもっと軽い体をしていました。地上で進化した人間の身体よりは密度が低かったのです。レムリア人がはじめにその裂け目に入りましたが、それは、最初、獰猛な恐竜たちから逃れるためでした。恐竜たちは長い間大陸を支配していました。そのうち、レムリア人は完全に静かで美しい土地を発見し住み着いたのです。このようにして彼らは、言ってみれば、地中深く潜ると、地球内部に太陽が存在する、ということが分かったのです。インナー・サン内部太陽(inner sunブルーの光を発し、古代レムリア人は、半肉体半エーテル体でこの光の中でものを見る方法を開発したのです。そして、地中の裂け目の中に驚くほどの美しさを発見したのです。レムリア人はアセンションしたと思っている人がいますが、実は地球の中に降下したのです。しかし、彼らは今、終了またはアセンションにかなり近い状態にいます。

アリゾナ、ネバダ、カリフォルニアといった地域の地下には文字通り何十という地球内生息者がいます。彼らの多くは、1990年代に人間と出くわし、たまたま発見されました。グランドキャニオンフラッグスタッフエリア51、さらにはカリフォルニアのデス・バレー(死の谷)などの地域に存在します。ホピ族やナホバ族、ハバシュパイ族の人たちには、今なおこの地底人やトンネルについての伝説があります。

今、言っておいた方がいいと思う点がありますが、それは、いわゆる地球内部では、圧力と重力の磁気、それに岩盤の圧力は強くなっており、そこで独特なベクトルのテンプレートが生じています。それは、はっきりと分かる、非常に大きな、幾つかのいわゆる並行する次元があるということです。実際、こういったものは宇宙ではどこにでもあります。地球表面にもあります。しかし、地表では先ず分かりません。私たちが造った電磁気と圧力密度のせいで感ずることはありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 2 ): 1 2»

One thought on “インナーアース・自然霊・レムリア・UFO by メタトロン

Comments are closed.