ドロレス・キャノン – 現在のパラダイムを語る

cannon2

ドロレス・キャノン – 現在のパラダイムを語る

私たちは宇宙の歴史上もっとも重要な時に生きています

 Jeff Roberts  2014-2-19

CE-Collective Evolution

 

彼女 Dolores Cannonの最近の著書の1つに『ボランティア(志願して生まれた魂)の3つの波とニュー・アース(The Three Waves of Volunteers and the New Earth)』がありますが、それは退行催眠のアンサンブルといえるセッションにおいて、今の地球のパラダイムシフトが進行するその ‘舞台裏’ を語ったものです。ドロレスのヒプノでクライアントはトランス状態である「超意識」の深い脳波に入ります。このインタビューでドロレスはヒプノのテクニックを詳しく述べています。

「何年間も私はテクニックを磨き上げてきました。他にはないヒプノテクニックです。私たちはいわゆる大いなる力とコンタクト出来ます。それは知の源です。一人ひとりのクライアントに関わりながらここまで到達しました。これまで何千、何万人の数に上ります」。

彼女のテクニックは非常に驚くべきものです。ドロレスは多くのクライアントに、ある共通性、関連性があることに気が付きました。それは、今地球に生まれる魂の旅に繋っています。

「セラピスト、カウンセラーとして何万人ものクライアントにお会いしながら、私は多くの人に共通して見られることが分かり始めています。最初は皆過去生に行き、そこで答えが分かるのですが、それからあらゆる質問や疑問に対する回答の根源を探りながらヒーリングを行います」。

「5年くらい前ですが、地球の過去に戻ろうとしないクライアントに出会い始めました。そしてそういう人たちは地球にいた経験がないことが分かったのです。神、源、他の惑星や他の次元から直接地球にやって来たのです。地球以外のところでは彼らは光の存在でした。それが私が知った共通項でした。そういうことからボランティアの3つの波という説が生まれました」。

ドロレスは、魂たちは今の地球を助けるために他の次元の惑星からやって来ているという説を唱えています。その多くの魂は地球に住む魂よりも高い波動を持っており、初めて地球に生まれています。地球に何度も生まれてきた経験のある魂はカルマの連鎖に捕まり、同じ間違いやレッスンを繰り返しています。それが結局は地球の破壊に結びついています。そのようにより純粋な魂が地球の波動を浄化し向上させるために地球にやって来るに際してある呼びかけがありました。

しかし体を持つ今、そういう人たちはどこからやって来たのかの記憶がありません。「彼らはやって来ますが記憶喪失に陥ります。なぜ地球にやって来たのかその理由を思い出せません。でもこういう人たちは何かをやらなければならないというエネルギーを持っています。それは地球の心のあり方を変える愛のエネルギーです。それで歴史が変わる、ただそれだけでここにいます」。

クライアントとのセッションを通じて、ドロレスは地球は宇宙全体でも最も密度のある重い惑星であることを知りました。地球に生まれる魂、特に高い世界や高い波動の次元からやって来る魂は地球で生きることが非常に困難な経験を伴うために勇敢な魂です。にも拘らず彼女のクライアントは地球にやって来た理由を聞かれた時の答えは揃って「呼びかけを聞いた」というものです。

地球は大きな変動を経験しています。ドロレスのクライアントはそれまで経験したことがなかったと言っています、そのくらい大きな転換です。地球全体が初めて新しい次元の周波数にシフトしています。例えば、マヤの人たちのようにこのようなシフトを経験した魂もいますが、一気に惑星全体がシフトするような大転換ではありませんでした。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “ドロレス・キャノン – 現在のパラダイムを語る

Comments are closed.