新しいマトリックス by ザ・グループ

 

光の灯台 ~ Reminders from Home

2006年11月15日

 

新しいマトリックス

再配線するエネルギー・マトリックス

 

故郷から挨拶

 

わたしはなぜここにいるの?

皆さんは大変長い旅をしてここに座っています。長い道のりをやって来て魂としてこの場に、この時空の魔法のような分岐点に居合わせました。今この時、地球上に今までと違う大切なことをもたらそうとしようとしています。しかし、それ以上です。皆さんが多次元の存在になってここでやろうとしていることは、日常生活で経験することを遥かに超えています。皆さんはこのゲームボードの魔法使いです。以前のことをすべて忘れるためにベールを被り、ここにやってきた存在です。さあ、ちょうど今です。「じゃあ、何をしに来たんだ?」。それは大変大きな疑問で、皆さん全員が知りたいことです。

まず、最近お話したことに戻ります。皆さん一人ひとりに再配線が進行しています。一人ひとりの体内の結合の仕方が変化しているのです。大脳が事実結合していようとしています。私たちの言っていることが正確には何のことかという問い合わせがこのキーパー(スティーヴ・ローサー)に殺到しているので分かりやすく説明しましょう。例えてお話します。

ベールは大脳の二つの葉の間に被されている

大脳には2つの部位があり、意図的に分けられました。そうすることで皆さんがベールを身につけ自分の正体である魂としての自分が分からないようにするためでした。自分のことを身体を持つ人間だと思っています。自分はスピリットの目覚めを探してきた人間であると考え続けています。実はその逆で、人間を目覚めさせようとしているのはスピリットの方なのです。ここに至って皆さんは何をしにここに来たのかを考えようとしています。この答えを探そうとすると、大脳の二つの葉がそれぞれ違ったやり方と新しい方法でコミュニケーションを開始します。分かり易く言うと、とても小さな線が大脳の両方にあります。そうイメージしてみて下さい。皆さんは、それをシナプス経路と呼んでいます。この経路でエネルギーが行ったり来たりしてこの大脳の二つの部位に伝わります。エネルギーのインパルス(刺激)を送信して肉体にいながらスピリチュアルな存在のバランスを取れるようにするわけです。二つの葉の間で起こるこのエネルギーのやり取りは、魂が肉体の中で答えを見つけ出そうとするのを助けます。なかなか答えがつかめず考えあぐねると、肉体は新しいシナプス経路を築き、探す答えを見つけ出そうと活発に作動します。ハイヤーセルフに話しかけてスピリチュアルなコミュニケーションをしようとする時、大脳は新しく形成されたシナプス経路を使って繋がることができます。チャネリングする時は、数多くのシナプス経路が増えるのです。スピリットとうまく会話が出来るような人々は、実際新しいシナプス経路を瞬時に作り上げる能力があります。それは、実際には経路の数の問題ではなく、新たなコミュニケーションを開く新しい経路を活性化することにあります。だから、新しい経路を作り出すことは、皆さんができる素晴らしいことのひとつなのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について