戦争による平和 by アダマ

アダマ

戦争による平和

 

自分が望んでいることは、教えられてきたような、相手の持っているものを要求することではなく、自分を他の人と分かち合う、差し出すことだと気がついた時に、自分を酷く叱りつけるのを止めます。そういうわけで、ETは奉仕の存在であり、自分が愛であると知っているのです。自分に奉仕する者は、このことに気づきません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について