真の美しさ by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2003年 6月 15日

ザ・グループ

真の美しさ 

故郷を体験する

 

From Steve:

つい何日か前、ザ・グループは、2003年5月はライトワーカーたちにとって最も厳しい月の一つだったと語りました。感情が引き裂かれるように感じ、バラバラになったようになり集中できなかったのです。物事はなかなか捗らず情熱の道筋ははっきりしなくなりました。普通のコミュニケーションもまた難しいものでした。ザ・グループによれば実際に理由があるのです。先ず、月食に関係し、もっと重要なことは、満月の強いエネルギーによって心が前に後ろにと引張られたのです。それからその気違いのようなエネルギーが落ち着くと、巨大な「クリスタル・エネルギー」太陽フレアによって地球に注いだのです。

2000年10月からクリスタル・エネルギーの地球への流入についてザ・グループは話してきました。また、NASAの科学的見解にも「1日セミナー~ようこそ故郷へ」で取り上げました。このエネルギーは高い波動で肉体を支えるエネルギーです。普通は、クリスタル・エネルギーは地球にやってきたときに感じることはありません。このエネルギーは地球のプレート表面に蓄えられます。地球表面に放出されるかのようです。満月の引力で私たちは感じやすくなり、このエネルギーが太陽から放たれているように感じます。5月22日から28日まで、巨大な “Xクラスの太陽フレア”が発生して巨大な「クリスタル・エネルギー」が地球に降り注ぎました。それから6月9、10日、また同じことが起きました。

この時のエネルギーは誰にも感じ取られます。そのため、人は怖れていることを行動にします。イスラエルの最近の出来事には、この反応が見られます。今感じているエネルギーはいろいろなことを媒介してきっかけをつくります。人は以前よりもっと変化を迫られています。やがてはこのエネルギーは私たちを支えていくのですが、この今のタイミングではまさに大きな流入になりました。8月にはこの新しいエネルギーに慣れてくるだろうとザ・グループが言っています。それが別の宇宙エネルギーから私たちを守るというのです。そのうち、本当の自分の仕事に踏み出すことで、10倍にもなって帳尻が合うだろうとも言っています。実際にザ・グループが言った言葉は、「今が崖を超える時です。そこに架かる橋は、魔法のように足元に現れるでしょう」。

今回、ザ・グループは人生の深い意味を一つ言っています。「真の美しさ」を探すことです。感情が揺れ動き極端になり、昔に引き戻されたりすることは私たちを自衛モードにさせ、重要なことが考えにくくなります。ここで、このような時は本当に重要なことを思い出すチャンスだと言っています。

SOHO http://sohowww.nascom.nasa.gov/

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください