ニューエイジの謎を解く(2/2)クライオン

瞬間、何が何やら分からずただただ唖然とし、注連縄(しめなわ)を丸めたような光が、その帯を動かしながら回転する様をじっと見ていた・・・。以下の描写と全く同じ経験をし、“天使を見た” ことは幸運でした。天使が人間に近づく時代に入ったのかもしれません。

ニューエイジの謎を解く (2/2)

 

Lee Carroll 2014-1-25

カナダ エドモントン

 

 

皆さんこんにちは、クライオン・マグネティックサービスです。私のパートナーのチャネリングが今のようにいかなかった時がありました。彼の新しいフレーズは「自分が脇に寄る」です。でも彼はそのままいます。チャネリングは乗っ取ることではありません。このメッセージを初めて聞く人は謎めいてミステリアスで気味が悪いと思うでしょう。でも確認しましょう。地球の先住民はチャネリングを理解していましたし、普段から行っていました。それ用の名称がありセレモニーをしました。やっと ‘現代のスピリチュアリティ’ を皆さんが理解して初めて先住民の儀式は消えていきました。

このような会話が必要なくなる時が来るでしょう。物事は変わり、人間も変わります。やがて殆どの人が直接メッセージを受け取るところまでスピリットが人間に関るようになるでしょう。松果体が開くというのが理由です。すると、奇妙な名前の存在やマグネティック・マスターの存在をチャネリングする必要はなくなります。故郷から素晴らしい愛に満ちたメッセージを全員が受け取ることになるでしょう。私はここにいる人を知っています。これからお話することは私にとって面白い内容です。

深遠な考え方やニューエイジについての謎が解けるのはもうすぐです。シンプルなことですので、もっと自分のことを知りたいと思う人には同じように誰にでも理解できます。これからお話することは皆さんが聞いてきたことと違うかもしれません。昔から言われていたことは歴史があるという理由から真実になる場合があります。でも、今日話すことは皆さんの決まりきった考え方とは違うでしょう。その場合、少なくとも直感を使って重さのバランスを測ってください。そしてすぐに間違いだという判定をしないでください。新しい考えを受け入れることは自分を改めることになります。物事の本当の動き方は考えるようなものでない場合があります。多分もっと大きいでしょう。

素晴らしいものを見誤るのは人間の信念に共通して見られることです。つまり、古くて根深い地球のエネルギーの中でしか捉えることが出来なかったのです。そうやって予想した通りに真実というものを考えたわけです。またそうやって実際の物事のパズルの一つのピースしか見られなくなりました。

皆さん、私は人間でいたことがありません。が、皆さんがどんなに素晴らしいか、私の思いを知りません。神のスープ(訳注:具体的にはこれから話すスピリット、天使、ガイドのこと)などが役に立つ時にはある程度分類されます。そうなるに違いありません。分からないと思いますが、皆さんのように地球の人間になる、あるいは他の惑星で人間になる人たちはスペシャリストです。そういうカテゴリーに入ります。そして何十億年も皆さんは選抜チームでいるのです。皆さんはそういうことをします。皆さんは創造的主の一部だということを忘れないでください!  それが皆さんのすることです。

 

人間の系譜

ハイヤーセルフの話題に行きましょう。天使やガイドについてお話していきます。でも始める前に、自分のしていることの起源について分かって欲しいと思います。皆さんの努力はここ地球で始まったのではありません。非常に長い間続いています。前回のメッセージでそのことに触れました。地球は今までいた中のひとつです。皆さんのアカシャにあるパズルには他の惑星でしてきた過去のエネルギーも含まれています。皆さんはそこでも人間で、またここで人間をやっています。クライオンの私は人として参加したことはありません。私はいわゆるヘルパーです。

今日、皆さんの前ではクライオンです。将来いつか、他のアセンションした惑星では、私はまた別のものになっているでしょう。皆さん、ここにいる時はいつも皆さんと一緒にいました。皆さんも以前私に会っています。中には私のパートナーの声に見覚えがあり、その言葉を読み、この人生では経験したことがないような真実が鳴り響いた時がありました。皆さんは私を知っていますが、その時はこの地球ではありません。以前私と会っているので、私は危険な存在ではないということを知っており、私が皆さんを大切に思っていることを知っていました。その時、私は人生で役に立つことだけをお話しました。そうして私を信頼出することが出来ました。別の惑星でそういうことを経験した人がいます。

それがアカシックな記憶になります。ここにいる人や録音を聞く人、読む人、オールドソウルの中にそれを覚えている人がいます。このチャネリングを聞く人の中には、本を開いて読んだ時に、こころの中で急に何かを感じたという人がいるでしょう。知識ではなく思い出して涙を流した人もいます。これを聞き、読んでいるオールドソウル皆さんは、この地球で何度も過ごしてきました。慣れています。でも地球の前には、そのもっと前には別の惑星にいました。皆さんは創造主の一部です。誰もが素晴らしい全体の一部です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。