人類の長期的展望 by 大天使メタトロン(抜粋)

大天使メタトロン

人類の長期的展望

空が神聖になる時

宗教は精神性へと進化する(抜粋)

 

James Tyberonn 2017-3-9

 

世界全体が不安定な現在、エイブラハムの宗教同士の間に憤怒の波が起きています。必要な解決策の一つは、3つの族長的な宗教同士がいずれは和解することです。大変な道のりであっても、ネガティブだと考えることでさえ時と共に愛に返っていきます。

しかし、新生地球の5年目の2017年現在、宗教的な考え方がいまだに大きな影響力を持ち続けています。悲しいことに、現在の主要な宗教は現実の厖大な真実を十分受け留め理解することはほとんどできません。その中でも、仏教が一番真実に近いですが、それでも特定の重要な分野については何も知らず無言のままです。仏教徒に教えられた欲を完全に棄てるという教えは、自分を拒絶することにもなりかねません。エイブラハムの3つの宗教には、「わが道以外に道なし」、原罪と怒れる神、という熱狂的な教えにおいて様々な排他的主張があり排他的なレベルの違いがありますが、対立と戦争をもたらしてきた歪んだ形です。

新生地球が拡大する移行のエネルギー時には、新しい考え方が台頭します。新しい人間は、原理から原理、グルからグルへと駆け込んでいては宗教を超える真実は分かりません。特定の神学に熱心にしがみついていては真の自己は分からず、身をもって経験することは出来ません。本を読んで盲目的にそれを受け入れ信じ込むことでは、真実を悟ることは出来ません。自己の真実の旅、その確かな証拠は、他のものからでは見つからないのです。皆さんと神聖なものとの関係、神と言われるものとの関係において自分の間違いないアイデンティティを指導者や教師が証明してくれると期待し頼るのは間違いです。多くの場合、そのようなことをしても、次から次へと主観的な籠を変えるだけです。

間違いなくイエシュア・ベン・ヨゼフという開眼したキリストが歴史上にいましたが、彼の多くの真実のメッセージは、恐怖に基づく支配と政治的操作と勝手気ままな体制維持のために既存の政府兼教会によって後になって改竄されました。言っておきますが、皆さんの考えるような磔は、歴史上、3次元で起こりませんでした。

このようなイオン化した光のコードのエネルギーが流入して様々な変化が起こり、それによって多次元の意識と知恵にもっと繋がることが出来るでしょう。前に話したように、人間はゆっくりとシリコンベースの クリスタル風の身体に変わります。アーカンソーとブラジルのクリスタルヴォルテックスに生まれる新しい世代は、既に微妙な生理的変化を経験し始めています。ただし、そのような博愛的変異は、今後2世代ほどの間は医学的に認知されません。これまで機能していなかった大脳の部位が動き始め、もっと大きな意識をもたらします。それによって12キリストチャクラから33チャクラシステムに拡大し続けます。

大いに期待された、皆さんの宇宙の先祖との“コンタクト”23世紀までに始まっているでしょう。皆さんの体は、ケーシーや他のものが予言したような新しいタイプになります。基本的な形は変わりませんが、シリコンベースの肉体でもっと発光性を帯びて行きます。人間のオーラは目に見えるように輝き、ある程度、オーラの個性・アイデンティティが肉体の特徴より際立ちます。人種的な差異はそのまま存続しますが、違いは少なくなります。オーラのスピリチュアルエッセンスから放たれる色やエネルギーは、身体的特徴を凌ぎます。人間の体は、3次元的物質的成分上、密度が薄くなり、体毛はほとんどなくなります。もっと大脳の活動が活発化する結果、頭蓋骨はもう少し長頭で前頭部が広くなりサイズも大きくなります。

 

The above channel is Copyright Protected  © All Rights Duly Reserved 2017. ©Earth-Keeper.com and James Tyberonn.

* 後日全訳します。