アクエリアンシフト by メタトロン

ロード・メタトロン

アクエリアンシフト

 

James Tyberonn 2012-12-31

 

 

マスターの皆さん、こんにちは! メタトロン、ロード・オブ・ライトです。無条件の愛でご挨拶します!

2013年です。間違いなく新しい日の出です。実際に太陽に変化があります。新生地球の素晴らしい、コヒーレント・クリスタライン光がもたらされます。本当に素晴らしいことです。

皆さん、もう一度言いますが、地球のアセンションは起こりました。人間が成し遂げたのです。3次元意識でそれが分からなくても、地球が新しいパラダイムに入ったのは事実です。サヴァンの人たちはそのことを知っています。

では、アクエリアンシフトについて話しましょう。

 

アクエリアンシフト‐アントロポセン放射(Anthropocene Radiation)

地球上の生命の殆どが出現した特異な時期について科学者は知っています。それが、「カンブリア放射(爆発)」です。カンブリア紀は、地球に膨大な量のプラズマが押し寄せた時期の一つです。その時に、地球に新しい生命が誕生しました。有名な進化論者のダーウインはカンブリア放射は自分の進化論に真っ向から対立する説であることを認めていました。

その時と同じことが、現在も起きているのです。現在の日射は1989年に急激に強くなり、今後も強まります。とてつもないコロナ放出で、想像を絶する放射線、イオン、電子が地球を直撃しました。

このイオン放出が完全に人体の転換を図り、DNAを転換させます。皆さんは、益々薄い密度になります。

地球の新しいエネルギーの源泉は、太陽風による宇宙の巨大な放射です。私たちはこれを「アクエリアンシフト」と呼んでいます。このチヤネラーは地質学用語が好きですが、その用語では、「人新世」(アントロポセン)と呼ばれます。

アセンションの根本要因

アクエリアン放射”という宇宙的イオン化現象は、地球変動の原動力で、アセンションの転換に欠かせない博愛的な意味を持つ役割と働きがあります。怖いものではありません。

放射は地球の大気圏に大きな雷鳴を轟かせ、プレートに作用し、気候変動を引き起こしてきました。それは、イオンの浸透化で、気候変動やスーパー・ストーム、地震を発生させる中心軸になる触媒作用であり、温暖化の根本要因なのです。

多くの陰謀論者は、気候変動の要因は人間によるものだと言いたげです。しかしそれは事実ではありません。記録に残る歴史上類を見ないほど、何十億トンものプラズマがここ20年以上地球を直撃してきました。HAARPによって大気が暖められた結果と考えるのは、非論理的です。そのようなことが出来るテクノロジーは存在しません。気候変動は、太陽プラズマなのです! 以前、地球が転換し生物がシフトした時があり、その時代は、5億8000万年前のカンブリア紀です。

イオンの流入・浸透は、今後も皆さんの体に影響を与えて行きます。それが、触媒になって炭素ベースの体がシリコンベースにシフトしていきます。

DNAと新生物の誕生

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。