魂のミッションと人生目標 by オーロラ

オーロラ

魂のミッションと人生目標

 

Karen Downing 2015-2-8

 

人生をマスターすることは自分をマスターすることです。それは各自それぞれが実現することですが、それには自分自身に対して言っていることに注意深くなること、中でも忍耐強くなることが必要です。各魂は何度も繰り返し生まれ変わってずっと学び続けます。その間、過去生から持ち越していたエネルギーも変更してその学びを完了します。

この人生においても、過去生の経験や記憶を持ったままでいます。いろいろとその経験引っ張り出してきます。もう抱えていたくないものを変えたり、逆に以前からの知識や経験をもっと高めたりすることもあります。専門的な知識や経験、課題が一列に並ぶ時に、この人生でやることが何か、分かります。それが、皆さんの言う人生の目標です。大きな目で見ると、魂にもミッションがあります。すべての過去生からこの人生で持ち越したミッションです。

だんだん自分について学ぶようになると、少しずつ足したり引いたりしながら、あなた独自のものを創り上げて、あなたの魂のミッションが少々変わっていきます。魂のミッションはどういう仕事をしているかで決まるのではありません。魂のミッションは、人生という劇場であなたが演じる役柄のことです。その役柄は変わりますが、変わっても、その役の中軸になる動機や目的は同じままです。

人や動物を大切にしたい、自分をポジティブに変えたいという思い、教育に関わること、精神的な成長を図ることなど、人生で意欲を掻き立てるものについて考えてください。ワクワクする活動やテーマ、人生で生きる意欲が湧いて、打ち込めるもの、そういうものの中で一番人生で生きる動機になるものを見つけてください。何でも構いません! それが何であっても、それはあなたの魂のミッションにとって極めて大切なピースを明らかにしてくれます。

魂のミッションと人生の目標が一緒になると、人生が変わって素晴らしい経験をして行きます。例えば、魂のミッションが思い遣ることであるとすると、そこからはいろいろな人生の目標が生まれます。例えば、教育、動物保護、ヘルスケア、児童教育、支援活動、カウンセリング、育児、奉仕活動、などたくさんあります。

人生のいろいろな段階を進んでいくと、様々な人生の目標に接していきます。育児(保育)が目標だとした場合、あなたは幼い頃に人形や動物の世話をするのが好きで、それが自分の子供の代わりになっていました。それから大人になり第一子を産んでからある種の目標意識のあることに気づいて、ただ無条件に愛するということだけでなく、そこに自分の居場所があるというような深い感情が掻き立てられます。

更に子供が増えて、それぞれが成長すると、その過程を振り返りながら、子供をどう育てたのかについて何かを書こうとする場合もあります。それから程なくして、ブログで自分の経験を綴り、あるネットマガジンがあなたのブログを取り上げます。そして、子育てグループに話をして欲しいと頼まれ、子育てに関するセミナーに関わることになります。その時には、あなたの子供たちは大人になっていますが、あなたは子育てをよく知る人間として自分の経験で得た知識や知恵を他の親たちに伝えていく活動を続けます。そして、リタイアしておばあちゃんでいることを楽しもうと決めるまで続くのです。

人生の目標は固定していません。あなたが成長し、人生と自分について学んでいくと目標も変わります。魂のミッションと人生の目標は一つになってそれを実現する、人生の土台を提供します。上の例では、子育てという人生の目標は、人を大切にし育むことがその土台になっています。また教育という魂のミッションの人で、子育てが人生の目標(仕事)である場合、育児という人生目標は、教育がその土台に当たります。

一人ひとりはユニークです。あなたの個性は魂のミッションと人生目標に反映されます。過去生や現在の人生の経験を通して理解し、振り返り、自分という人間を魂の視点で見てみると、あなたという大きなパズルのピースの一つ一つを組み合わせて並べることが出来ます。自分について知れば知るほど、過去生のパターンを変えれば変えるほど、それだけ自分をマスターしてあなたの魂の使命通りに生きて行きます。

Love, Aurora

 Copyright 2009 – 2017 Karen Downing