銀河の新しいミッション by 大天使ミカエル

銀河の新しいミッション

ロナ・ハーマン  LM-01-2013

 

マスターの皆さん、魚座時代に対応した聖なるブループリント・シードアトムを含んだ神の光線は徐々にその力を落として来ました。その光線では、主に第6光線の輝く周波数で運ばれる、神意識である神聖なファイア(火)・シードアトムをもうこれから受け取ることはありません。魚座時代の人類の主な対象は低い感情でした。その時には、人類は無自覚な低い波動、本能的な動物-人の性質から脱出していました。その性質が求めるものは、欠乏とサバイバル、安全でした。魚座時代のこの500年で、数多くの成熟した魂が第3のチャクラ・太陽神経叢の力を獲得し始めました。俗界のメンタル的な人の性質を使い始め、物質的世界の創造力を発達させて物資を獲得することが主要な関心事になりました。もっと発達した魂の中には、ハートチャクラだけでなく太陽神経叢の波動の力を使い始め、それによってスピリチュアルなパワーセンターである、太陽神経叢、ハート、喉、胸腺などを発達させ、徐々に精神的な目覚めを開始したのです。

このサブ宇宙では、その時代の神聖幾何学的文様は、ヴェシカ・パイシーズのシンボルでした。それは父母なる神と最初の息子・娘の三位一体を表しました。大天使ウリエルレディ・グレースは第6光線を持っており、魚座時代の神意識を優先的に放っていました。大天使ウリエルは「平和の鳩」に例えられ、彼とレディ・グレースは父母なる神の徳や献身、許し、慈悲、調和、信心などの第6光線の性質を備えています。それは、平和と静寂、献身的信仰の光線です。敬愛するロード・イエスレディ・メアリーロード・マイトレーヤなど多くの偉大な光の存在が、この輝かしい変容の時代を準備するために地球に下ろした波動がこの6光線だったのです。彼らは復活とアセンションのメモリー・シードアトムを地球に植えつけるためにやって来ました。天界がホスト役になって高次元から神聖な火のシードアトムと変容のバイオレットの炎を活発化するアシストをしました。そのアトムと炎は地球の迷宮洞窟の奥深くに蓄えれていました。第6光線のパワフルな輝きと地球内部から生き返ったシードアトムの輝きは、人類を闇と3次元・低位4次元に落ちるのを食い止め、光と高次意識に回帰するアセンションのスパイラルが始まるようにする目的がありました。

キリスト教が普及すると、ヴェシカ・パイシーズのシンボル()がキリスト教信仰の象徴としての魚になりました。後になってこのシンボルは磔の十字に代わりました。しかし、神聖なシンボルとしての十字は、垂直に注ぐ神の光と物質を指す小さな水平線の意味を持ちました。垂直の光の柱が地球に降り注いでいるその形は、天国を追求することを象徴しました。また、水平の柱は2極性の狭隘なスペクトルの意味がありました。水平の2極性の方の柱が大きくなればなるほど、益々重くなってバランスが取れなくなりました。そのようにして人類の苦悩が大きくなりました。磔は苦悩を意味しますが、それについて余りに強調されすぎてきました。そのような否定的な考え方を矯正し、魚座の暗黒時代にいろいろな比喩で意味づけられていた、その本当の意味を理解していい時です。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。