以外の者~ヤーレとヤンネの物語 by ザ・グループ

以外の者~ヤーレとヤンネの物語

 ‘ E ’ 波動をもつ『以外の者』(The Others)

トリオロジー

国連公演 2001年3月23日 ニューヨーク

 スティーヴ・ローサー

2001年3月、バーバラと私は、米国東海岸でそれぞれ違う、3つのセミナーを行いました。3月10・11日、ニューヨーク、シラキュースで「ライトワーカー スピリチュアル・リユニオン(再会)」を公演しました。次の週末、3月17・18日、メリーランド州ボルチモアで「羽根ペンを思い出す」、3月23日は、国連職員レクリェーション会議覚醒協会で実施しました。今迄で初めて、ザ・グループは同じメッセージを異なる物語に組み入れました。彼らは、この話は「極めて重要」であると言い、同じ情報を繰り返すが、私に心配は無用だと言いました。

始めは、シラキュースです。そこでアモールの物語の中でこれからお話しする情報を突如切り出し驚かせました。アモールのストーリーは、ムーとアトランティス時代で成長し生きた少年の物語です。間もなく公開する予定ですが、そこにアモールの物語の一章が入ります。ザ・グループはこのチャネリングで、その場でこのことを公表する理由について言いました。それは、3日目に最初のクローン人間が地球に誕生した、というものです。セミナー後、ミッシェル・アナトラ・コードンからメールをもらいました。そのメールには、ザ・グループの情報から1日後、新聞発表された記事がリンクされていました。イタリアの科学者によって世界の報道機関に公表される記事についてでした。彼らは、最初のクローン人間を誕生させるというのです。ザ・グループによれば、もうそれ以前にその科学者たちはクローン人間を誕生させていた、ということです。

(訳注)ミッシェル・アナトラ・コードン(Michele Anatra-Cordone):生物学博士。このセミナーの参加していました。

 

同じメッセージの2番目は、メリーランド州ボルチモアで行われたものです。そこで、ザ・グループは、「時間が止まった日」という物語を語りました。

これからお伝えする内容は、ニューヨーク国連本部、覚醒協会で公開された3番目のメッセージです。

 

 

皆さん、故郷からご挨拶致します。

大勢の人が、昔、今日のこの特別な集まりの座席を予約しました。今こうして、椅子に腰掛けていますが、その椅子は長い間皆さんを待ち続けていたのです。ああ、本当に今日は、特別な日です。皆さんはよくやって、ここに来ました。本当によくやりました。皆さんの選択で、変化を起こしました。地球の現実だけでなく、宇宙全体に変化を起こしました。今、この部屋には多くの人が集まっています。更に多くの存在が刻々と入り込んできています。全部の目が皆さんに集まっています。すべての目が皆さんの動きの一つ一つを見守っています。何とも盛大な時です。

皆さんにちょうどゆとりが出来始めたその時、「ゲーム」に変化が現れます。今後数ヶ月間、もっと多くの変化が起きて直面します。どうか、皆さんの目の前で展開するものを理解してください。誰も、未来を予言できません。不可能です。皆さんはまだ、未来を書き記していないのです。それは皆さんの仕事で、私たちではありません。皆さんは、選択によって、自由意志によって終末がどうなるかを書くのです。それには不安を感じていますね。自分の台本が目の前で展開させることに慣れていきます。道ですれ違って、知らない人の目を覗くとき、繋がりができます。どこか自分の魂の深いところで、その人と何か繋がりがあると分かるのです。それから、演目、役柄が書かれ、台本の内容が明らかになるのを待ちます。今まで決まってそうやって皆さんの契約が遂行されてきました。でも、今回は違います。

では、羽根ペンを手にしっかり持って書く準備が出来たら、使おうとするインクは情熱のインクです。羽根ペンをインクに付けて、自分の一番高い情熱が何かを書いてください。今回、地球での自分個人の運命を完全に書き記すのはあなた方の役目です。そればかりでなく、各々の政府の集まりなどの集団、個々人の心が集まった集団の運命を書き記すのが、皆さんのやることです。一個の心ではなく、集団としての皆さんは、一体何者ですか? 自分以外の力を持つ責任もあるという皆さんは、誰ですか?

内なる愛を見つけてください。内なる愛が次の数千年に繫がる契約を書き綴るのに役立ちます。今日、お互いの目を覗いてそこにある愛を見てください。鏡に映る姿を見てください。それを見れば、あなた方が本当は誰かが分かります。それから、仕事に戻り机の前に座り、電話に出て、メールを書きながら、そうしてやることなすことすべて、光の種を運ぶのです。

「壮大な隠れんぼゲーム」は勝利を治めましたが、そうやって実現されたのです。

アセンションと名づけた出来事について尋ねてきましたね。ただ、皆さんはどこかに行くのではありません。ここに留まるのです。羽根ペンを手にしっかり持って、次の出来事を書くのです。それは、地球天国の創造に繫がる出来事です。

「ああ、じゃあ、どんな未来ですか?」。

ある物語をお話しましょう・・・。私たちはこの物語がとても好きです。

「ヤーレとヤンネ」の物語をお話しましょう。

 

ヤーレとヤンネ(Yalle & Yanne)の物語

 

ヤーレは30代半ばにしては力強い女性でした。その頃、平均寿命が350歳であったので、30代はまだ幼児(おさなご)に過ぎませんでした。一生の間、彼女の身長は友達や同僚を遥かにしのぐ高さでした。まだ幼かった頃、その高い身長と尋常でない風体で彼女は非常な苦痛を味わってきました。自分の身長に合わせて家でさえ特別に改造しなければならなかったのです。身長のほかに、ヤーレは、また大変強かったのです。強いことは役に立ってはいましたが、着るものを合わせるときなどは、普通と違った感情を味わいました。ヤーレは、人々が彼女についてどう見ているか分かって、慣れていきました。面と向かって人々はめったに彼女に話しかけませんでしたが、彼女は聴覚が発達していたので、人が何を言っているか聞き分けました。人が考えていることを知ると、彼女は傷つきました。人間は恐ろしいほど冷酷でいられるな、と思うことしばしばです。多分、彼女がそんなに感じやすい性格でなければ、ヤーレに対するクラスメートの酷い仕打ちがあっても、どうってことがなかったかもしれません。しかし、ヤーレは、自分の周りの感情やエネルギーに非常に敏感に反応しやすかったのです。共感的であることはまた、ヤーレがベールの向こう側を見る力があることでもありました。この特別なスキルによって、ヤーレは、この転生の前に人々と交わした契約と同意事項を知ることが可能だったのです。大きくなってヤーレは、この才能や隠しているものを話す相手は誰もいませんでした。ヤーレは、自分を守るために自分のエネルギーを内に引っ込めるようになりました。それは苦しいことでしたが、自分の人生を生きていくためにはやむを得ないことでした。ヤーレは、この地球でたった一人ぼっちだと感じていました。

35歳の時、ヤーレの人生は少しばかり安定期に入ってきました。とてつもない力を要求される仕事をしていました。ヤーレはこの仕事に満足していました。自分の仕事の結果が分かるからです。それで達成感が得られ楽しめました。たとえそれが肉体労働であっても、いい気分になりました。ヤーレは1日16時間、水晶鉱山で働きました。彼女は水晶と繋がることが好きでした。そして水晶を自分のほうに引き付ける方法を発見したのです。ヤーレは、一番綺麗に輝くクリスタルを見つける才能があると、仕事仲間に評判になりました。

ヤーレは付添い人と一緒に働いていました。付添い人は彼女の必要なものすべてを支給してくれました。労働者として彼女は世話を受けていたのですが、それも自分の仕事に全神経を集中できるようにするためでした。付添い人は誰もが、ヤーレを尊敬していました。また同情する人も中にはいました。ヤーレはクリスタルと会話する方法を知っていたので仕事が好きでした。この鉱山で採掘される水晶は、よく送電に使用されました。ヤーレは、最も質の高い、膨大な電力を制御できる水晶がどこにあるのかを言い当てるので評判でした。水晶は彼女を判断しませんでした。彼女が他の人と違うことなど関係ありませんでした。水晶は彼女に無条件の愛を与え、だから仕事をしている時間が楽しかったのです。

彼女と水晶は愛さえ分かちあっていましたが、ヤーレは、この仕事が自分の目的とは思えなくなっていました。最早、この仕事が彼女の持っているものを実現する道ではない、そういう時期にまで来ていたのです。縛られている、そう感じ始めました。しかし鉱夫たちは、このような強制的な環境に対して何も言いませんでした。ヤーレは、していることの中だけに自分の情熱を探すしかありませんでした。夜は家に帰り、共同で暮らす他の人と一緒になるのでした。彼女は辺りを見回し、「これが全部?自分にはこれ以外に何もないの? 今やっていること以外にもっと自分の人生には何かがあるはずだ。今上手くやってはいても、知っている、ここにいるのは他に何かがあるからだ」、そう言うのです。

ヤーレと共に暮らす「以外の者」は、ヤーレは苦しんでいるなと思いました。「ここでなんとかやれているし、彼らはよく世話もしてくれるじゃない」、「以外の者」はそう彼女に言いました。でもヤーレは、周りを見て、町の反対側に住む人たちを見ました。そこに住む人たちは子供をもち、また友人や伴侶や家族を持っているんだと思いました。自分もそうなりたい、そう願いました。ヤーレは自分が異なっていると分かっていましたが、それでも、愛と支えとなる人生が欲しかったのです。ヤーレの中でだんだんと空しさが大きくなっていきました。何にもまして、自分の人生を他の人と分かち合って生きていきたいのです。それまでで一番よく出来たことさえも、虚しく感じました。それを分かち合う人がいないからです。こころの中で、自分を待っている特別な人がいるに違いない、そう感じていました。

ある日ヤーレは鉱山で水晶と話をしていました。この日は素晴らしい日で、すぐに彼女は歌い始めました。水晶は、普段よりも輝きだして応えてくれました。休憩も入れずに1日16時間も働きずくめでしたが、その日ヤーレは、半ばでちょっと休みをとり鉱山の別の場所をぶらぶらしました。付添い人は彼女がいなくなっていることに気がつきませんでしたので、彼女は暫くの間何をするでもなく、ただ心のままに歩きました。突然、ヤーレは、後ろから深い声で、なんとなくおかしいけれども懐かしい声を聞きました。「あなたの道を探す手伝いをしようか? 迷っているね」。 振り返ると、目の前に一人の男の人が立っていました。その時、彼女の心は飛び跳ねました。その男は、彼女よりも大きかったのです。膝がガクガクしましたが、鉱山のその壁に向かって姿勢を正し平静を装いました。彼女が話す前にその男は、「私の名前は、ヤンネです」、そう言いました。

ヤーレの視線が目の前の男に止まると、ヤンネの眼を見て、一瞬にして契約があるな、そのことを知ったのです。一言もしゃべらずに、ヤーレとヤンネは鉱山を出て陽の光りの当たる所に向かいました。二人の間に魔法が起きたことを知っていましたが、言葉は要りませんでした。ヤンネがヤーレに鉱山に戻るよう言ったとき、お互いに相手の目をじっと見て、仕事が終わってから、二人の繋がりを確かめるためにまたここで会おうと、言葉少なに約束したのです。

愛に落ちるのに時間はかかりませんでした。ヤーレが感じた契約が確かにそこにあり、ずっとそれが果たされるのを待っていたのです。ヤーレは毎日、ヤンネとまた会うこと以外考えられませんでした。仕事が終わった夜はいつも、逢って自分たちの希望と夢を語り合うのでした。一緒にいる時間は限られていましたが、それでもその時は二人にとって人生で一番輝いているときでした。彼らは笑い、歌を歌い、一番美しい愛を交し合いました。

自分たちそれぞれの住居に帰っていくのがだんだんと苦痛になっていきました。気がついてみると、長居しているのです、時には夜更かししてしまうこともありました。ヤーレは、初めて言葉にして自分の気持ちを伝えました。「胸がちょっと苦しいけれども、それが凄くいい、たとえ苦しくても、また、この気持ちを味わいたい」。ヤンネは、「私も、君のことが好きで、こんなにも変な気持ちだよ。いつも一緒にいられるようにしなくては」、そう言いました。

鉱山で、ある日ヤーレは、彼女の付添い人に見られていたことに気づきました。その付添い人は、コリーアンという名で通っていました。コリーアンは、ヤーレのことをよく知っていて、ヤーレのことをとても尊敬し、同情を持って接していました。ヤーレは、コリーアンが従わなければならない規則があることを知っています。規則では、ヤーレとヤンネのように一緒に住む「以外の者」ははっきりと許されていません。「以外の者」が子供を持つなど禁じられていました。ヤーレは、コリーアンの仕事は忠実に規則に従うことであることが分かっています。しかし、この嬉しい胸の痛みは、日増しに強くなっていったのです。

この特別な日、ヤーレは、コリーアンがいつもより近づいてヤーレを監視しているのが分かりました。結局、コリーアンは、近寄って、「ヤーレ、今日あなたはクリスタルに向かって新しい歌を歌ってるね。周りに輝いて、暗い鉱山を照らし出しているよ。何かあったの、ヤーレ。私はあなたの付添い人だけど、友達でもあるんだよ」そう話したのです。

ヤーレはコリーアンを見上げて微笑みました。水晶の輝きが闇を追いかけ、鉱山の暗闇はどこかへ消えていきました。ヤーレは、コリーアンに自分が見つけた愛を打ち明けたものかどうか、考えました。ヤンネのことをちょっとでも思うと、水晶は途端に反応を見せ、鉱山の壁にその反応が吸収されるのでした。ヤーレは、自ら見つけた愛についてコリーアンに語り、ヤンネの子を宿した契約さえも打ち明けたのです。

コリーアンはじっとその深い話を聴いていましたが、眼には深い悲しみがありました。今度彼女が話す番となって、腕をヤーレの背中に回しました。ヤーレの心臓の後ろ側にあるたくましい肩甲骨の間の背中を擦って、コリーアンは、「ヤーレ、私はあなたが誰かを愛していることを知っていますよ。私も今の主人に同じ気持ちを抱きましたからね。しかし、法律では、「以外の者」が、伴侶や子供を持ったり出来ない。でも、この仕事をしていて本当に良かったとも思っています。「以外の者」にちょっとでも何かしてやれるからなんです。だから、心が浮き浮きして嬉しいんですよ。それでも、どうしても、愛する人と一緒になることは叶えてやれない。自分の本当の気持ちとやっていることの狭間でこんな矛盾を感じた日は初めて。あなたの心の中に見える光りが本物だと信じていますよ。この件がうまくいくよう手助けをしていきますよ。あなたの行動を報告するようなことはしませんが、どうやって助けたらいいかも分からないんです」。そう言ったのです。

余りに身体の大きさが違いすぎるので物理的に無理ではあるけれども、その二人の女性はその日抱き合ったのです。コリーアンはヤーレの身体に精一杯手を伸ばしましたが回りきりませんでした。抱き合ったとき、ヤーレはコリーアンの中にもがき苦しむのが起こっているのを感じました。ヤーレは微笑んで言いました。「コリーアン、ありがとう。私をそんな風に見てくれて。思いやりのない付添い人が大勢いますが、私の人生にあなたがいてくれて、本当に感謝します。」

二人の女性はめいめいに分かれて行きましたが、コリーアンの頬を涙が伝い降りました。事態を変える事は不可能だと分かっているけれども、コリーアンはその日、人生をかけて、心に涙させた不公平に対して声を上げようと決心したのです。

ヤーレのいる鉱山の区画は、毎日水晶の光で輝きを放ち続けました。それからある日、ヤーレは、もし子供を授かったとしたら、と問いかけてヤンネを驚かせました。

ヤーレは微笑んで言いました。「私達には契約があります。やってくる子供がいるんです。自分の中に彼女を感じるんです。ヤンネ、生まれさせて上げられるかどうか、言ってください」。

凄く悲しげな表情でヤンネは、「夫婦になることも子供を持つことも出来ないことは書かれている。人生は限られている。でも、もし自分に力があれば、あなたが待ち望むことが叶えられるようなんでもして上げるよ」。

ヤーレは悲しかった。この問題は何度もこれまで議題となり裁判所によって却下されたからです。それでも、ヤンネは彼の付添い人に自分達の誓いを語って聞かせた。付添い人に裁判所に申し立てる方法を聞きました。ヤンネの付添い人は、コリーアンのようには信頼が置けませんでした。

2、3日後、ヤーレとヤンネはできるだけ多くの時間一緒にいて、愛し合い、将来の家族の夢を見て過ごしました。それからある夜、彼らは抱き合っているところを見つかってしまいました。有無を言わさずヤンネは別の遠方にある水晶鉱山送りとなりました。ヤーレの鉱山での働きは群を抜いていたので、彼女はそのまま留まることを許されました。今や自分の一部を失って、鉱山の中からヤーレの歌声は消えました。顔の輝きは急に鉱山の埃まみれになりました。コリーアンは膨大な時間を割いて、立法を担当する人に再考するよう嘆願しました。彼女は単独で行動していたのではありません。同じ気持ちが多くの付添い人の間で大きくなりました。あるときは付添い人が団結して国を動かそうともしました。彼らは「以外の者」が「人間」であるとして、その権利を主張することで一つになり、立ち上がったのです。コリーアンは運動の先頭に立ちましたが、悲しいかな、何も出来ないまま時間だけが過ぎて行き、終わりがやって来ました。

一日が終わる頃、ヤーレはヤンネと逢瀬を重ねた場所に行こうとしました。彼らの中には、まだ愛の炎が息づいていたのです。彼らの思いは決して断ち切られることはなかったのです。彼らを結びつけるエネルギーの鎖は常に二人の中にあり、どちらかが疲れ、どちらかが、衰弱し、どちらかが方向を見失っても、この炎のエネルギーで結びつくのでした。二人は遥かな距離の彼方に離れ離れになりましたが、愛は生き続けたのです。ヤーレとヤンネは、彼らの再会が叶えられない、時間と場所で結ばれることを選びましたが、彼らはいずれにしても前進したのです。

ヤーレが一番怖れたことは、もう涙が渇き切ってほろ苦い人間の痛みの心そのものを感じ取れなくなってしまうのではないか、ということでした。その怖れが現実になることはありませんでした。そして、数多くの転生を経て、その愛は今日においても生き続けています。彼らの勇気によって、ヤンネとヤーレは全人類の最も崇高な契約の一つを果たしたのです。

この物語がどうなるとお考えですか、皆さん。この物語をお伝えした理由があります。この物語は本当の話です。このような物語が何回も演じられてきました。他の惑星の話ではありません。皆さんが地球と呼ぶ、「自由意志のゲームボード」のことをお話しているのです。この話は遥か昔のことでした、アトランティスと言われる時代のことです。アトランティスの時代、いわゆる遺伝子操作によって生まれた者たちがいました。その者たちは、人間が押し付けた法律と規制によって事実地球上に出現したのです。この存在たちは、「トリオロジー(triology)」(訳注:生物学と工学を融合する技術。ザ・グループが名付けた言葉)によって生まれた「Eの波動をもつ以外の者」です。アトランティスの末期からはこのゲームから消えた存在です。その理由で、ヤーレ(Yalle)とヤンネ(Yanne)は、‘E’の一文字で終わるのです。トリオロジーにおいて、植物や動物を交配させただけでなく、工学技術も取入れました。これが、人間以下に扱った遺伝子工学で生まれた「以外の者」です。

(訳注) ‘ E ’波動:スティーヴによれば、一つのコードであり、 ‘ E ’は、エンパワーメント(Empowerment)。

そこで、なぜ今日この話をお伝えしたかです。

「以外の者」と「以外の者」たちを出現させた「アトランティス人」が、今この地球に戻っているからです。