アトランティスの乱気流 by セリア・フェン

「純粋種を保とうとする者によって虐げられ続けた状態が生じたと同時に、破壊的な威力が生まれ支配する者たちによってそれが使用された。ベリアルの子供たちは自動的に動くもの、遺伝子工学で生まれた『もの』(訳注:「以外のもの」)を従えさせ、仕えさせた。その『もの』は労働に使用され、土地を耕すため、労働者や職人の仕事をさせるために所有されたのだった。」

エドガー・ケーシー(Edgar Cayce)

今の乱気流とアトランティスの回帰

 

セリア・フェン 2013-5-20

 

現在のエネルギーは5月25日の月食が頂点ですがそれ以降開放感が訪れます。新たなエネルギーに乗って、「信じ」て人生が「流れる」ような気分になります。

でも、この強い否定的エネルギーがこんなに深いところから感じられるのはなぜでしょうか? これは、私たちの起源の「話し」に関わっており、だから私はトルコのアナトリアに来たのです。ここは、地球で記録上最も古い、地球の文明の街です。つまり、アトランティス後に人間が建設した最初の場所の一つです。(訳注:クライオン「知られざる歴史」そこでは、スター・ビーング(ET)がスターゲートを創ったり、地球に影響を与えるような空間を作って干渉されるようなことはなくなり、長い独自の文明を歩む旅が始まったのです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について