死の謎を解く by 大天使ミカエル

3e383bcsolar

死の謎を解く

Ronna Herman LM-08-2015

 

マスターの皆さん、地球では、子供が生まれる時は喜びに沸きます。確かに、創造の奇跡です。また、愛する大切な人が亡くなる時は悲嘆に暮れます。人生の半ばでいなくなってしまう、喪失感を味わいます。しかし、死もまた、奇跡です。スピリチュアルな観点では、その時は、真の状態に還っていく喜びの時です。

意識が遠のいていくことについては度々お話ししてきました。殆どの人は、もう、アセンションでは意識が拡大して意識のあらゆる側面を取り込むことが必要だということを知っています。何度も聞いてきたように、皆さんは魂を持つ単なる人間ではありません。実に様々な形で肉体で意識を表現してきた、驚くほど素晴らしい存在なのです。

遥か昔、程度の違いはあれ、半固体や固体の物質世界(高位4次元、低位5次元や地球、あるいは他の太陽系、銀河)にいた時は、今よりももっと長期間同じ体でいました。実際、時間を計り、時間を決めながら、何千年もの間同じ肉体を維持し続けました。臨終の時に移行して肉体を捨てるプロセスは自然に古い衣を脱ぎ捨てます。低い4次元や3次元にいない時は、人間には死というものはありませんでした。そしてまた、地球にいる間、皆さんは、宇宙全体にわたる素晴らしい旅をしながら厖大な経験をした、その中のほんの束の間に過ぎなかったことを忘れました。

告別式の後に、魂は特別な移行の泉の中に入りました。そこは、変容のバイオレット・フレームが明るく燃えているところです(バイオレット・フレームは想像するような熱い炎ではなく、涼しくて慰められます)。その時に、急に相応しい高次元の環境の中に移動しました。

物質世界に残された人たちは、旅立った愛する魂とテレパシーでコミュニケーションができました。将来またいつか会えることを知っていました。また、その時、夜間にエーテル体になって愛する者たちと交流できることも知っていました。夜間の旅は、昼間と同じように本当であり忘れることはないのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “死の謎を解く by 大天使ミカエル

Comments are closed.