フォトンベルト by 光の存在

photon-belt

光の存在

フォトンベルト

Monique Mathieu 2011

 

フォトンベルトとは何か、どういう働きなのかについてできるだけ説明したいと思います。自分は進化している、非常に進化していると思う人がいても、単純に説明する方が3次元の人には遥かに理解しやすくなりますので、簡単な言葉で説明します。この場合、一般の人とある科学者たちのことを指しています。

宇宙では、すべてがサイクルで動きます。すべての生命は2つの法則に従います。サイクルの法則とヒエラルキーの法則(アセンションの道という法則)です。どんな人も生きている間に、自分を引き上げる幾つかのサイクルがあり、その時に大きな重荷を感じて地球に落ちたとの思いを持ちます。重荷とは、経験の重み、肉体でいる苦痛のことです。

今の周期を辿る際にも、皆さんは毎日アセンションに向かっています。人間という種は、誰もが同じサイクルを経験します。マザー・アースもまたサイクルを経験し、太陽系も銀河も、宇宙全体もサイクルを辿ります。そのようないろいろなサイクルは、生命がもっと高い意識レベルに向かって上昇する上での小さなステップのようなものです。それが、進化のサイクルです。

今、地球も太陽系も銀河も大きな動きの中にあります。皆さんの銀河はいわゆるフォトンベルトに入りました。でもベルトではありません。私たちは、光の海と呼んでいます。ベルトという言葉は、このフォトンの、光のエネルギーの大きさと強さを表すには、あまりに限定的です。

だから、地球も太陽系も銀河もこのフォトンの光の海に入りました。太陽系は、2万4千年前と同じ位置にあります。2万4千年前に生きた人間は地球にとって重要な時に生きました。当時の人は多くのことを経験したのです。ただ、当時の人間と皆さんの意識レベルは、この2つの時代は違う時代なので同じではありません。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

One thought on “フォトンベルト by 光の存在

Comments are closed.