宇宙船の生活 by ラナンダ

宇宙船内の生活

ラナンダ・クマラ  2013-10-16

 

地球の近隣に停泊する「光の銀河連合(GFL)」の巨大な“母船”ライトシップでの暮らしについてはほとんど情報がありません。

それらの宇宙船は3次元の視覚には捉えられず、レーダーでも捕捉出来ません。それは5次元の高い周波数で振動しているためです。また、もっと小さい“シャトル船”が数多くあります。“ビス・カー”(Vis Carsや中規模の様々な大きさの偵察機があり、大気中で正体不明の“UFOとして目撃されます。小型船はビス・カーと呼ばれ、4~6人乗りのファミリーカーで円盤型をしています。そのような宇宙船は、周波数を下げて見えるようにしています。そのような宇宙船は、プレアデスやシリウス、アークトゥルスなど様々なETが所有するもので、巨大な母船の飛行甲板から飛来してきます。

母船は本当に巨大です。プレアデス「ホワイト・ウィンド(The White Winds)」は円盤型ですが、直径は米国大陸東西にわたるほどで、甲板は47段(階)です。他の“光の宇宙船”は小さめですが、アシュター「フェニックス」は直径が数百マイルあります。このサイズの宇宙船での生活は、小ぶりの惑星での生活に似ています。シャトルやビス・カーは長距離飛行に必要です。

そのような宇宙船には、私たちの知っているような、船長が指揮を執るブリッジはありませんが、「コマンド・ポスト」(司令官室)という制限エリアから直接運航の指揮が下されます。船内で働く司令官とクルーは、自分の部屋またはコマンド・ポストのそばにある“コンパートメント”(部屋)と呼ぶところがあり、そこでゲストや最高司令官と会います。フェニックスのコマンド・ポストには、離れていますが通信部門があります。私、ラナンダは、その部署の責任者でありそのスペシャリストの女性司令官のミラレイ(MiraLeyからその話を聞きました。司令官には女性と男性がいて様々な惑星の出身です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ヒト遺伝子は地球外から-ノーベル賞受賞者・DNA発見者

以下の記事を見て、ザ・グループの“Star Seeding”を思い出しました。当時のアイソン彗星の天体ショーを思い出します。果ては、彗星ではなく、宇宙船だというチャネリングも登場しました。ザ・グループ&スティーヴ・ローサーの話は、このクリックの後に掲載しています。但し、クライオンはヒト遺伝子が彗星や隕石でもたらされたとは言っていませんので誤解なきよう。

種蒔きが地球で行われたのは、5万年以上も前でした。その時に、少なくとも同時に17種類の人間が進化していました。プレアデス人の訪問でたった1種類の人間だけが生き残りました。地球のあらゆる哺乳類の進化の常識に反するようなことが起きたのです。それは目的をもって祝福を受け、適切に行われました。皆さんは地球上に存在する種の中の一つですが、人間という唯一の種です。(現生人類 or ホモ・サピエンス
クライオン「人間の進化」

Francis Crick

「ヒト遺伝子は地球外からもたらされた」

ノーベル賞受賞者・DNA発見者

ARJUN WALIA 2016-12- 28

フランシス・クリック(1919/6/8-2004/7/28)は、1953年にジェームズ・D・ワトソンと並んで20世紀最大の発見と称されるDNAの分子構造を発見したことで著名なイギリス人科学者でした。

フランシス・クリックとモーリス・ウィルキンス(Maurice Wilkinsイギリスの生物物理学者1926/12/15-2004/10/5)は、「核酸の分子構造及び生体内におけるその顕著な役割についての発見」に関する業績を残した結果、1962年にノーベル生理学医学賞を揃って受賞しました。

クリックは、燦然と輝く科学者でしたが、多くの他の理論家と同じように、不運にも当時その理論がなかなか受け入れられず脚光を浴びませんでした。

クリックの1982年の書“Life Itself”(邦訳『生命-この宇宙なるもの』)で、彼は、DNA分子が地球で生まれたと考えるのは不可能、よってどこかほかの所からやって来たと考えざるを得ない、と言っています。現在の科学の主流では、一般的に認められた理論は、人間は分子同士の数多くの偶然の結びつきによって生命が誕生した結果である、というものです。しかし、クリックによれば、私たち人間は「計画的パンスペルミア(Directed Panspermia)」として知られる結果生まれたという。1973年7月には、クリックとイギリス人化学者のレズリー・オーゲルは共同論文を発表しました。

そこで彼らは、「有機体は他の惑星の知的な存在によって慎重かつ巧妙に地球に移送された。私たちは、生命はそのようにして地球に持ち込まれたというのはあり得ることだと考えますが、現在、その可能性についての科学的証拠は不十分です。その問題については、新たな光の差す証拠に注目します」と言っています。

(source)

私たち生命は、偶然に結び付いた結果だという説に対するクリックの考えは、それは、まるで、ハリケーンの直撃を受け廃棄処分されたジャンボジェットを組み立てるようなものだ、と言っています。つまり、信憑性、信じうる根拠に乏しいということです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ショート2016-12

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

覚醒意識による創造 by ブルー・エイビアン

maxresdefault

ブルー・エイビアン

覚醒意識による創造

Ute Posegga-Rudel 2016-11-20

 

人間の皆さん!

皆さんのアセンションをサポートしにやって来ました。周波数を上げる努力をサポートするというのは、意識を上げられるようにサポートするという意味と同じです。どちらか一方では成り立ちません。両方とも同じ一つの現象です。地球の進化、それは、地球自体も含めて地球にいる皆さんという種の進化のことです。

それも始まりに過ぎません。皆さんが進化すると、多くの出来事が、今現在の状況から急激に進展を見せていきます。

今はまだ分からないことは、現在の状況を抜け出す新たな意識が生まれることです。それは、人類の大半がまだ経験していないことですが、心が温和になり素晴らしく深みを増し、容姿までが全く変わってしまうのに似ています。

皆さんや今地球に生まれている他のスター・ピープルが、今後、宇宙の進化する可能性の種を広げる時にそういうことが起こります。その可能性の結末は、私たちでさえ正確に知ることは出来ません。

その過程には、私たち以上にハートと脳が一体になった意識が求められますが、それが人間の課題です。それは、純粋な課題、純粋な聖なる意図から生まれます。

私たちは、人類全体を大切に思います。私たちは、現在の意識状態にしがみつき過ぎる余り、まだ目が覚めずに低い密度を抜け出そうとせず、意識を上げられない人たちも尊敬しています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

スター・ピープルの訪問 by ビクトリア・コクレーン

star-people

干しブドウ1キロ入りの袋が突然食品保管棚から落ちました。それらしき理由は何もなく、じっとしていると、食器棚のそばに一人の女性が立っていました。アナシャヤだと名乗りました。彼女は、惑星銀河連合(IPGF)のスター・コマンドのメンバーで、幾つもの銀河を航行して秩序と平和維持活動をしていると言いました。そこに、背の高い男性、ツイラが来ました。以下は、彼らのメッセージです。


スター・ピープル

Victoria Cochrane 2016-9-30

 

地球の皆さん、こんにちは。私たちは、第12スター・コマンドのツイラZirraとアナシャヤAnashayaです。大天使ミカエルと連合から私たちのしていること、また近隣の惑星や地球でのスター・ピープルの活動を伝えるように頼まれました。

スター戦士としての人生は忙しく、またいろいろあって込み入っています。自分たちの惑星で過ごす時間はほとんどありません。また、お互いの惑星もかなり離れており違うタイムゾーンと次元にあります。私たちは平和の戦士で銀河諸国の意向で宇宙の平和維持と危険監視を行っています。私たちの宇宙船は巨大で超音速、次元やポータル、様々なタイムゾーンを光速で航行できます。私たちには、宇宙がワンネスの法の下にあるので、スピリチュアルな法の範囲内で銀河諸国の監視を行う最高の権限を与えられています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Page 4 of 4
1 2 3 4