ポール・ヘリヤ-UFOを語る(字幕)

ポール・ヘリヤ-元カナダ国防大臣

1960年代の冷戦時代にカナダの国防大臣を務める。引退後、宇宙には人間以外に生物が存在し地球にやって来ていると発言。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

UFOと宇宙の支援 by ダイアナ・クーパー

友人撮影 @犬吠埼 2013-8-13

UFOと宇宙の支援

ダイアナ・クーパー 2015-12

 

地球は僅か20年余りで前代未聞の3次元から5次元に転換するという変化をしているので、あらゆる宇宙の存在がここで起きていることをじっと見ています。ガイアのエネルギーが上昇しながら同時に人間のエネルギーが変わる様子を驚きの目で見ています。自由意思の経験に乗り出した時、人間は勇気があると考えられました。地球はこの宇宙の太陽神経叢でもあり、宇宙の恐怖を引き込み、今度はそれを私たちのエネルギーで変換します。それが、すべてに貢献する行動なのです。だから、じっと注目され、私たちを愛する存在から多くの手助けを受けることは何ら不思議なことではありません。

宇宙船の中でも特にアシュター司令官の艦隊は、私たちに対して非常に注意をしながら見守っています。上空にいる時は大気は問題なく、水分が艦隊の周りに集まります。宇宙船が移動すると、その後には、そこにいた宇宙船の形が残ります(天使の場合も同じです)。

私が見た中で一番のものは、シャスタ山でした。ここは大天使ガブリエルが休む場所です。ここに多くのUFOが集結します。アシュター司令官は、地球の周辺にいる様々な銀河の宇宙船の責任者です。そして、マチュピチュポータルのガーディアンです。彼は、グレートセントラル・サンにも所属し、彼の巨大な艦隊はこの宇宙をパトロールしています。それでも、特に、地球を守ることに尽力しています。

彼も艦隊も地球に繋がり、マチュピチュからハロー・アースに行きます。このポータルは、彼が母船を通過させられる唯一のポータルです。彼の母船はガイアと同じくらいの巨大なエネルギーです。彼には1機の母船がありますが、このポータルからいろいろな場所に移動しますが、移動先はその母船の巨大なエネルギーを受け入れることが出来る場所です。ニュージーランドやイギリス西部のエイブリー、オーストラリアのウルル、南米ガテマラ、ヒマラヤ、シャスタ山、米国にあるハロー・アースのポータルなどがそうです。宇宙にとってキー・ステーションになる所はもっとあります。

撮影:ダイアナ・クーパー@フランス 2014

前に、ニュージーランドでアシュターの母船を一目見た時は本当に感激しました。

Cecile Mazewski@ケープタウン

先日カリフォルニアから発射されたロケットは、何千人もの人が見ていました。興味あることです。ロケットは人が作ったものですが、ロケットを取り巻くエネルギーは天使のエネルギーだったのです。放たれた白い光は、大天使ガブリエルのエネルギーと一緒に愛の天使たちでした。ロケットから尾を引く光には、プレアデスの天使たちによるブルーのヒーリングエネルギーが注がれていました。だから、見る人のハートが癒されました。天使的存在が私たちに光を注ぐためにいろいろな現象を起こしているというのは、本当に素晴らしいことです。

クロップサークル&UFO by イエス&マイトレーヤ

“雪だるま”は転がっています。地球のあちこちで平和に向けた連携が起きています。意識が変わり始め、例えて言えば、これから歌う美しい歌のリハーサルが地球上で行われているのです。では、今言ってきた私の推論を辿ってください。もし地球平和が実現できるほど人間の意識が高くなる可能性があれば、高い意識が広がって90%までになれば、それが形になって現実に現れ、皆さんに宛てたメッセージを草の上にいますぐ残します。そのメッセージは、「これが未来だ」です。時空を越えたメッセージ、皆さんの可能性から生まれたメッセージです。それは、もう既に多次元で現実になっており、現実化します。~クライオン「隠した知識を解放する」(字幕)

イエス&マイトレーヤ

クロップサークル・UFOについて

 

Q: 世界中でクロップサークルが増えているようですが、警戒した方がいいのか、それとも喜んだ方がいいのか、どちらですか?

イエス

先ず、簡潔に答えます。クロップサークルはアセンデッド・マスターのメッセージではありません。私たちは訓練を積んだメッセンジャーですので、“生きた言葉”を送ることが出来ます。

この生きた言葉を知ろうとしない人に対して、私たちが目に見える形でクロップサークルを送信していると言う人がいるのは知っています。しかし、それは、私たちの目的について全く誤解をしています。私たちの目的は生命についてひとつの根本的な真実を人類に教えることです。つまり、人間の意識が物質的環境を創り出す、ということです。

物質的宇宙は、皆さんが4つのレベルのマインド(訳注:スピリチュアル・メンタル・感情・肉体の4レベル)が投影した思考イメージを物質環境という形にして皆さんに返して見せる鏡です。

今の地球に見られる不調和は、人類全体によって創造され、全体の意識が上がった時にだけ乗り越えられます。ETや何らかの知性の力で克服することはできません。

言っていることが分かりますか? 私たちが注目しているのは「あなた」です。あなたの意識が環境を創り出すということを教えることが私たちの目的です。したがって、環境が変わるとしたら、それは、自分の意識が変わる時なのです。

だから、私たちは、明らかに高次の世界からやって来たと思えるような合図やサインを作って、人に教えると思っていますか? その理由は私が次ののように言った通りです。

「悪と不義の人々は印を求める。しかし、その印は与えられない」(マタイ伝12:39)

悪と不義の者とは何ですか? それは、「自分の責任を引き受けない人」を指し、意識が現実を創ることを認めない人のことです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

生命・ET・ポータル by メタトロン・ティベロン・ケーシー

ニードル・ロック

メタトロン

オムニバースの生命

James Tyberonn 2016-10-9

 

大宇宙は文字通り生命に溢れています。人間は、他の惑星や天体にも存在します。でも、殆どの皆さんは、今現在、そのことを知る時期ではないか、または、知りません。人間は、他の世界にも同時に存在しますが、大脳だけで他の世界の周波数をはっきりと読み解くまでには3次元の人間にはできません。大脳のインナープレーンに当たるマインドには、突然発生する電気的バーストによって言葉で適切に表現できない、直観や理解という形で外界のリアリティを遥かに超えた次元を捉える能力があります。

3次元システム内で知覚できるクリスタライン電気的インパルスは、宇宙の広大な世界とリアリティの内のほんの小さな断片に過ぎません。地球の3次元の物質的リアリティのシステムは、他の多くのリアリティシステムに比べて幅広くもなく複雑でもありません。物質的な狭い範囲から非物質的高次元の豊かな多様性を感じ取れるものはほとんどありません。皆さんは、天の川銀河にある非物質的な性質も、まして宇宙のそれさえもまだ知りません。宇宙は、1個の分子の中にも存在出来、間違いなく地球の他のバージョンが、このメッセージを読む皆さんの所にも共存しています。

~Archangel Metatron via Tyberonn

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

波動:転生先とUFO by ザ・コレクティブ

ufo-featured

unnamed-1

ザ・コレクティブ

波動:転生先とUFO

CAROLINE OCEANA RYAN 2016-9-21

 

1) 3次元の幻想にどっぷりのめり込んでしがみついている人たちがいます。そういう人がまた生まれる時はどうなるのでしょうか?5次元に来たくない人がいるのですか?

2)私はカリフォルニアの小さな町に住んでいてUFOの話は日常茶飯事です。ここでは、普段から頻繁に銀河の存在を経験できるところです。私は宇宙船がある一定の周波数で振動している人には見えると思います。見えるということは、人間の波動が5次元に近づいているということですか?

 

ザ・コレクティブ

 

こんにちは、皆さん! 上の質問はどちらも面白いですね。では、お話ししましょう。

何百万人、少なくても人類の半分の人口はいまだに3次元の現実にいて、死ぬ前に高次元の現実の中で生きることなどばかげた話だと思います。

5次元に進むために死ぬ必要はないことを理解している人の意識は、成長の道という意味で皆さんよりはるか後方にいて、皆さんは先を行っています。

そういう人たちの人生は、たとえ困難で試練があっても、神聖で素晴らしくもありスリルに満ちています。

戦争や紛争の苦しみ、悲しみ、食料・水不足、家族の死や病気を経験している人にとっては、それは極めて過酷です。

そういう人たちは、今のような経験をするために、地球の歴史上びっくりするような時代に、困難にある地球にやって来ることを選択したと言ってもいいでしょう。

でも、私たちは、そういう人たちはアセンションのタイムラインにいないとは思っていません。彼らのアセンションのタイムラインは、皆さんとは違う方向、軌道に延びています。

だからと言って、彼らがアセンションしていないというのではありません。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。