悟りへの8つのシフト (2/2) by クライオン

008209-2

悟りへの8つのシフト (2/2) 

Lee Carroll 2007-10-21

メキシコシティ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。

ある人が言いました。「こんなことがどうして起こるの? 椅子に座っている男の人は、瞬きをしてすぐに、ベールの向こうに話しかけているようだけど、そんなことできるの? 本当なの?」。では、また質問します。どんな感じがしますか? 男の人が話している感じなのですか、それとも、神の愛がこの場に流れてくる感じなのですか? 自分の中で、それは本当だとすぐに分かってしまうことが出来たとしたらどう思いますか? ええ、そういう力が皆さんにあるのです! それも今日お話しする一つです。人間がスピリチュアルな道を行く際のシフトには、そのギフトが現れます。事実、ここにいる人の中にそのギフトを持っている人がいて、何が起きているのかを知っています。神は人間をとても愛しており、神が人間の足を洗うというのは本当にあるのですか? 洗ってもらったことのある人に聞いて見てください。では、静かにパワフルなメッセージを話しますが、でも、まだ始めたくありません。

今どんな感じですか? 今、この会場で多くのことが起きています。皆さんがリクエストしたのです。昨夜以上に、皆さんは、今夜ギフトをくださいと要求しました。今日、自分自身に対して許可を出したのです。今日のコンファレンスで話した人たちは、一つのことを話しましたが、私もお話ししましょう。つまり、あなたは一人ではない、ということです。皆さんは、今日、このスピリチュアルな船の上で一緒です。多分、隣にいる知らない人も、自分と同じような変化の途上にいることが感じ取れるでしょう。人間全員に関わるスピリチュアルなシステム、仕組みがあると思えますか? それが、今日お話しする内容です。

始める前に一言。私はあなたを知っています。宇宙のどの天使的な存在も、あなたを知っています。宇宙があなたの名前を知っていることは本当に大事なことだと思いますか? その答えは、そうです。それが信じられないのは、ベールのせいです。上手く機能してそのことが分からなくなっています。ベールは強力です。最終的に自分の中にあると分かるのは、昨日話したスピリチュアルなマスターです。

今日も引き続き、気づきからアセンションに至る、人間のスピリチュアルな特徴である8つのシフトについてお話しします。昨日お話ししたことと、このシフトに時刻表はないということを思い出してください。シフトを経験していく時間は自分で決めることは出来ません。自由意思があっても、わずかに1つか2つなら可能です。2番目で立ち止まっても、ペナルティーはなく、自分次第です。このシフトで展開するものは、複雑にして一人一人違います。スピリチュアルなことをしていない人を目にしても評価しないでください。それぞれの人は神の探求の中で出来ることをします、それだけが可能です。皆さんには浅薄だと見えても、宇宙的なスケールでは、そういう人たちは組織というシェルターで礼拝の方法を学ぶことが必要だということです。3次元で他の人を見てその人の永遠の魂の特徴を知ることは出来ません。だから、その人の人生を祝福してください。「私が知っていることを是非知ってほしい」などと言わないでください。自由意思とシンクロニシティの中においては、スピリチュアルなことをするあなたと同じように、相手にも機会があるのです。

地球のエネルギーは大きく変化しており、文字通りDNAを目覚めさせています。「クライオン、なぜそんなにDNAについて話すのですか?」。なぜなら、DNAの中にこそ、スピリチュアルなことすべての核心部分があるからです。ハイヤーセルフもその中にあります。地球にいたアカシックな記録もその中にあります。ヒーリングの力やマスターする力、アセンションの意識もそこにあります。そうやって肉体のあなたに関わるので、だからDNAについて話すのです。だから、今日コンファレンスで話をした人たちはDNAについて話をしたのです。単なる化学記号の物質ではありません。DNAは体の中にあるアセンションの主要な要素です。それが分かる人もいれば分からない人もいます。

後半の4つのシフト

前半にお話しした4つのシフトは深い内容です。昨日は、カルマを消去してクリーンな精神状態に進むところで終わりました。それ以上話すと、ますます込み入ってきます。非常に多くの人が、4つまででそれ以上先に進みません。でもそれでいいのです。そういう人たちも、8つ全部を通過する人と同じく、深い意味でライトワーカーです。神が想定することに上下という階層はありません。知っていますか? 私たちは時系列の直線上には存在せず、皆さんがスピリチュアルな基準にするような現実的に想定される梯子はありません。

教会で祈る人が神から祝福されるのと同じく、メタフィジカルなアセンションの変化を経験する人も同じく神の祝福を受けます。その両者とも、同じ神の愛を受けます。神の愛には、アセンションに至る方法についていかなる偏見も予断もありません。その両者の人生の終わりでは、同じエネルギーを見、ベールを越えた時にはもろ手で歓迎を受けます。批判はなく、愛だけがあります。この地球でしていることは、自由意思に基づいています。それが、光と闇の問題に関係しています。地球の波動を高める自由意思もあれば、そうしない自由意思もあります。しかし、その問題は皆さんの問題で、皆さんはその大問題に関わっている人たちです。そこに神は干渉しません。そうやって皆さんは愛されているのです。

5番目のシフト

5番目のシフトは、根源的な深さがあります。この時、実際に物質を変えることができることを発見します。後半の4つは、自分の問題以上に、周りに影響を与えることに関係しています。前半の4つのシフトは、自分自身の問題と成長に関係していますが、後半の4つももちろん自分にも関係していますが、他の人たちとの関係です。

4番目のシフトを経験すると、その後で何のためにここにいるのかに目覚めるということが直観的に分かります。5番目のシフトは、地球の他の人たちに光を送ることに関係しています。どうやって送りますか? できますか? 変化を起こせますか? 簡単な質問のようであり、子供の質問のようでもあります。あなたの知っていることや、あなたが地球のどこかに光を送るミーティングに出かけることを知らない人たちにそのことを話したら、その人たちはあなたの頭に手を置いて「ほう、素晴らしいね」と言うでしょう。その後、背中を見せて目を白黒させるでしょう。その理由は、中身が3次元である限り、その人は目に見えない深遠なことは何も理解できないからです。相手は、何も役に立たないと思います。彼らには分かりませんし、説明しようとしたとしても理解しようとしません。

あなたは目が見えずに生きているとしましょう。そこで誰かが、自分は見えると言います。あなたはその“見える”という言葉をバカにします。それだけでなく、相手はあなたに色について何とか説明しようとします。あなたは、当然その変な話に顔色を変えます。これは喩え話ですが、そこであなたは、DNAの4回のシフトをじっと耐えながら通り抜けて、全く変化しない人ときっぱり離れていくのをこらえます。だからと言って、他の人よりあなたの方が立派だというのではありません。皆さんは皆、同じく自由意思があり、目の前にある方法で好きなことをしていきます。

5番目のシフトをするまでに、あなたはマインドで物質を変えることができます。暗い所に光を送るイメージをすると、周りの波動が変わります。この人はマスターの卵です。元素があなたのエネルギーに反応しているのです。こういう人は、まさに他の人に光を送ることがこの地球での役割を持つ人です。彼らにはカルマの問題はありません。彼らは、今や、地球とパートナーになるスペシャリストです。こういうことをしてきた人がこの会場にたくさんいます。

よく私は、パートナーにその時々に私が感じるエネルギーを感じてもらうようにします。多くの感謝や愛、畏敬の念やインスピレーションがベールの向こうから、実際に自分の光で地球を変えている人たちに届くことがあります。そういう人たちが今ここに座っています。そういう人たちは光を送る仕組みを知りました。その人たちは、随分前に、自分たちは瞑想をしながら、あるアイデアや思惑、イメージを送るのではないということを知りました。イメージといっても、誰かのために自分の考えで創り出したものをイメージすることになるからです。そうではなく、光を送って地球を変える人は、そのメカニズムを習得した人たちです。その仕組みとはこうです。純粋な光はバイアスや考え・知識なしで送られます。だから、一切バイアスがそこに付着していません。「クライオン、ちょっと待って。私は地球が平和になってほしい。だから、地球平和の光を送っています。それでいいんですね?」。そうであれば、そこにはあなたの考えが付着しています。どんなに素晴らしい考えでも、それはあなたの考えです、違いますか? そうではなくて、自分の考えを交えずに神の光を送ってはどうですか? そうすると、神というものを成す何兆もの存在がその光を今日相応しい所に持って行きます。本当にわざわざイメージングをしたいですか、それともそれを忘れて、正しい時、正しい場で巨大なシンクロニシティが生まれる完璧なシナリオをイメージできますか? それが、光を送る方法です。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

過去を換え終末思想を消す(字幕)by クライオン

whats-next

2016-8-20 @ ミズーリ州セントルイス

ここで話したいのは、自分を抑えつけ歯止めをかけることについてです。進化や、ワイルドカードの出現、独特の発明発見が起こるのを妨げることについてです。物事は、もう表れる態勢に入っていますが、これから話しますが、そのことによって妨害されています。パートナーが皆さんに話したことは本当です。地球の殆どの人は、いまだに不吉なことや破滅の予想モードでいます。殆どの人がそうです。どこに行っても、そういう感じを持っています。また、誰かが銃撃されるのではという予感があります。

まだ悪夢を持ち越しています。何度も繰り返された世界大戦が頭から離れません。分かるかどうか、あることを言います。古いエネルギーの波紋は非常に危険です。一定の人間が古いエネルギーを信じると、物事は停滞し、そこから危険が事が生まれます。皆さんにどうしてほしいか、分かりますね。

これからシンクロニシティがもっと起こります。明るい未来が待っています。ワイルドカードが来るまで待っていてください。でも、ワイルドカードは、地球から終末思想が消えるまではやって来ません。

映画が製作されようとしており、驚くでしょう。若いインディゴたちが、その台本を書いています。そこに希望が描かれるでしょう。過去を書き換えて別のストーリーに仕立てるでしょう。未来を描く勇敢な魂が現れます。予想もつかない素晴らしいものになります。そのことに注目してください。今、始まったばかりです。文学作品が変わります。作家は、優しい、柔和な未来を今書いて、もうすぐです。SFにしてもワクワクするような明るい未来の話を期待してください。友好的な宇宙人との出会いのストーリーに注目してください。地球を支援してくれる話です。

そういうことが、破滅の予感が消えるのと繋がっています。そして、世代ごとに皆さんの進化がどんどん進みます。また言いますが、私は前にも同じことを見て知っています。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

シンクロニシティ ~ その仕組み by クライオン

tumblr_n6ivf1k5i51tvpebno1_500-1

スピリット・神に訴えたら任せきること。その後で尚も心配になれば「心配する心を取ってください」。ここが肝心で難しい処。事ある毎に逐次訴えお願いする。それが「共同創造」。~マイク

シンクロニシティ ~ その仕組み

Lee Carroll  2013-8-24

ノースキャロライナ アシュベル

シンクロニシティで素晴らしい所に身を置きます。シンクロニシティで人生が救われます。ずっと巡り巡ってきたすべてのカルマ的なものがなくなります。人の考え方をガラリと変えてしまいます。なぜならあなたが変わるからです。人に対する考え方を変えてしまいます。なぜなら、本当の自分というものが分かる所に居合わせるからです。シンクロニシティはあなたの行動が力強くなるので信じ方が変わります。そしてそうなっていることが分かります。どこに向かうのか知らないけれども、堂々とそのことを他の人に言うことが出来ます。あなたには自信があるのです! その間あなたは相手よりも健康で幸せになっています。そしてその人に好かれていなくても、その人のことが好きです。私の言っていることが分かりますか?

これが人生の見方が変わるということです。3次元で教えられてきたことのすべてが変わります。それはいわゆる “神頼み” や “願掛け” ではありません。パートナーシップです。そのパートナーシップでは、あなたの方で動くことを要求し、それまでの考え方の枠組みの変更を要求します。シンクロニシティを期待してください。

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。パートナーは脇に寄ります。以前、チャネリングは人を尊重するプロセスだと説明しました。松果体という多次元の、生体にあるポータルを使い、松果体が皆さんの中にある創造的な源泉を広げます。それがチャネリングです。これまでも使われてきました。この新しいエネルギーでは、新しい情報や考え方、今後やって来る変化について情報を得ることに使えます。

始める前に質問があります。皆さんの宇宙や銀河には知的な源がいてその源の力があるからこそ、今あるような世界になったのですか? 人間は創造の源の一部なので人間にとって好ましいプランがある、そうなのですか? だから、皆さんは一人きりではないのですか? ファミリーというのは皆さんが考えるのとは少し違いますか? 多分ファミリーは思ったよりももっと大きいのですか? 私が皆さんにお話することは正確で本当だ、体の外に、現実の外にある源のメッセージだと思いますか?

私のパートナーが嘘がないと分かるまで、長い時間がかかりました。頭で考えるとそれは嘘だ、やっていることは否定的な結果になると現実は彼に迫ったので長い時間がかかったのです。多くの人が「神はそんなふうに話さない」、「それは闇の罠で、あなたの魂を乗っ取ろうとしたいのです」と言います。しかし彼はすぐに納得して毎回松果体を開いたので松果体は神の愛のポータルになりました。そして初めて彼は神のメッセージを受け取りました。それは今まで経験した中で最も純粋で違(たが)うことなくいつも同じでした。嘘をつくことはなく、自分を見失わせるようなことは一切聞いたことがありません。常に喜びと愛があり、本当のスピリチュアルファミリーでした。この23年間それは全く変わりませんでした。

皆さん、その通りなのです。これが本当だという証拠が欲しければハートを開いて「何かを感じたい。これは正しい、本物だという感じられるものが欲しい」と言ってください。その時に、ゾクゾクっとして真実だと思う時に受け取ります。真実はシンプルです。私はあなたを知っています。私は多くの皆さんの人生を知っています。オールドソウルのあなたがしていることを知っています。私には分かります。今あなたを見ています。

私たちは一緒にいろいろなことをしてきました。でも皆さんは私の顔を見たことはなく、本当の名前を知りません。皆さんには何兆という数えきれないほどの存在がそばに付いている中で、私はいつもあなたと一緒にいます。涙する辛い時、悲しい時、勝利に沸く時も一緒にいます。勝利する時は健康な時で、人生で抱えてきた問題を解決します。あなたが誰かを私たちは知っています。一人きりではありません。

システム

あるシステムというものがあって、パートナーはそれについて何年もお話してきました。私たちは数えきれないほどそれについて触れてきました。ただ今回のように、チャネリング全体に亘ってお話することはありませんでした。そのシステムというのは、皆さんがまだ知らない、生かし方を知らないシステムです。中にはいつも使っている人もいます。でも、直感的に分かるわけではありませんので今生かしているということを知ることはありません。

今回のメッセージはシンクロニシティの仕組みについてです。副題を付けます。「ベル曲線(正規分布)の消滅」です! (笑) あなたに何か良いことがあると、周りの人は「本当にツイているね! なんて運がいいんだろう」と言うかもしれません。外科手術のような難しい状況に立たされて予想外のいい結果で終わる時に、友人たちはまた「ツイてるね!」と言います。それから何度も “ツキ” が回ってきます。

多分、偶々どこかで、探していたものについてよく知っている人を知るまた別の人にどこかで出会います。その結果、まさに求めていた通りになります。この時の運はどういうものでしょう? 友人たちは驚きます!「何と運のいい人なんだ!」。それが人間ですね。他に理由のつけようがありません。平均値を中心にしたベル曲線を作ろうとしても、偶然でも運について導き出せるような方程式はあり得ないでしょう。

人間にはシンクロニシティの仕組みは分かりません。人間が使うシステムの中にあるようなものではありません。ただ偶然と信じています。唯一使えるのは、目標設定や計画、予想です。人間はこういうもので人生をコントロール出来ると信じています。確かに、直線上で出来る唯一の方法です。そうやって予め決めたゴールに向かっていきます。AからBに進めるようなどんな方法を研究したとしても、直線上にはゴールが必要になります。そうやって目標を決めて、それを冷蔵庫に貼り付けて毎日眺める人がいます。それが直線的人間のための直線的なプロセスです。皆分かります。

直線ではなく観念的な目標があると言ったらどうですか? その場合、こうです。「神様、どこか知らないけれども正しい所にいさせてください。神様、その時に私は気分が良くなって、これだと分かるようにしてください。きちんとした状況に変わり、シンクロニシティが起きて、知らないけれども相応しいことが起こるようにしてください」。どうですか?

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

シンクロニシティ by ザ・グループ

403967_447401705281504_972159083_n

 

光の灯台 1998年4月

シンクロニシティ

肉体の中にスピリットの場を設ける

Steve Rother

一端自分の場の範囲がはっきりしたら執着を手放すことがもっと簡単になり、自分自身でいられるようになります。執着というものがしばしば前進を阻むのです。同様に、スピリットがあなたと一緒に共同創造を行う方法を細かく考えすぎる時は、結果に固執していることを表しています。ここで多くの共同創造が二手に分かれ、私たちが皆さんの役立とうとすることを難しくさせてしまいます。最高の行為は、「信じる行為」なのです。一端、共同創造が開始したら、完全に手放して、スピリットを信頼する態度でいてください。この態度が、一番効率よく共同創造をもたらす鍵になるのです。それでスピリットが皆さんの人生で働ける場が開くのです。練習すれば、シンクロが起こるライフスタイルになります。すべてがジャストタイミングで魔法のようにその場に落とされます。そうして、人生にスピリットの場を残しておき、喜び多い人生になります。

故郷からのご挨拶

私たちはこの集まりに同席できて本当に光栄に思います。今、この波動に引き付けられている人が大勢います。この波動は、地球の変化に大きな役割を演じて行きます。皆さんは、そのように引き付けられて、その後について行っています。素晴らしいです。今が、配置に着いて役柄を「思い出す」(Re-membering)時なのです。地球のヒーラーたちのこの第3の波は、今配置に着こうとしています。このような時になるとは、予想もされなかったことです。そのような位置取りが起きて、皆さんは最大の賛辞を受けています。意外にも、皆さん自身がそういう現実に入り込んだのです。皆さんのこのゲームでの役割は、無限のスピリットが有限な表現をすることでした。本当に宇宙は興奮しています。皆さんが、今、無限という自分の力を思い出してそれを有限な現実に引き入れているのを見ているのです。このことは、ゲームボードをちょっと捻じ曲げて、隠れんぼの壮大なゲームに新しい結果を映し出してきました。それは、皆さんには理解できない意味が含まれています。本当にベールの陰で働いて来たことに対して敬意を表します。他に達成しようがありませんでした。皆さんの目から見れば、課題に取り組んで、悪戦苦闘して、一歩一歩前に進んでいる自分の姿がありますが、もう、皆さんはゲームに勝利したという私たちの見方を知る時期です。皆さんの色合いは素晴らしいものです(訳注:「色合い」については1998年11月『故郷』参照)。これからいつも身につけて行きます。

地球自身もまた配置についています。暫く大人しくしていますが、まだ、内部エネルギーを変える動きに関係して起こることがかなりあります。最初に計画されたゲームボードは劇的なシフトを起こすはずでした。それで地球の生物は途絶えるはずでした。皆さんが自分の波動を上げる働きの結果、それが変更されました。今皆さんがしていることは、高い波動のレベルへの移行を穏やかにする働きがあります。周知のように、皆さんは現実の物質に働きかける力を完全に持っています。それが、今後の変化を和らげていきます。

皆さんは本当によく自分の外で答えを探します。もう一度言いますが、すべては自分の中にあるのです。本当に世界を変えたければ、自分の中で達成されるのです。皆さんの心が繋がって意図を持って手に手をとれば、パワーが指数関数的に増大します。まもなく予定されている地球のシフトは、今では皆さん個々人の波動上昇によって大変穏やかになれるのです。このチャネリング情報は、皆さんの時間で2年前に始まりました。それは、地球内部の変化を和らげることにもなります。皆さんの「共同創造」は地球を癒すためでした。皆さんがこの「共同創造」が起こるよう意図を定めたので、スピリットに働く場を与えることになり、それで皆さんの世界で一番効果的に共同創造が起こるようになったのです。したがってこの「共同創造」を起こすことは皆さん自身を癒すためでした。前にお話したように、母なる地球との繋がりは分かち難いものです。自分の感情体に詰まったものを取り除くと、もっと地球にヒーリングのエネルギーを注ぐことが出来るのです。これを、目指す方向や関心の対象の変化と理解する人が大勢います。ただ、皆さんの日常でスピリットが働ける場を設けるだけでいいのです。疑問がある場合、これこれこういうふうに答えが返ってこなくてはならないと決め付けますが、それでは一番得られるのに、その見返りに歯止めをかけることになります。このような大きな変化の時には、結果への執着を手放せる人が、一番楽に感じるのです。これが今後数ヶ月、喜びで生きる鍵です。変化に遭遇しても楽な気持ちでいてください。すると、世界はマスターの目を通して見られるようになります。

変化が急速に皆さんに及んでいます。生活の中でそれが何か見たければ、コンピューター技術に現れています。見てください。今、技術は正確な鏡です。この変化は体の外で始まり、今や体の中に及ぼうとしています。過去6年間、皆さんはヒトという種として体の外側にあるエーテル体を作り変えてきました。その部分に多くの変化が起きました。まだ、それは見ることが出来ていませんが。その変化に大変ワクワクする時がやって来ます。それは生き残りを確約するものだからです。このエーテル体は肉体から離れた外側の部分です。したがって、変化が起きてもそれほど不快感を起こしませんでした。むしろ、実際、変化は精神的な部分を強化する働きだったのです。それが、地球規模の精神的覚醒や物事の急変として表れているのです。別の時間の次元が、皆さんに明らかになっています。それは、エーテル体が変化したまさにその結果です。実際に、この波動の変化の尖端に立ってきた皆さんは、他のリアリティが周りにあることに気づくようになりました。皆さんは、初めて自分には幾つかの側面があり、それは別の次元に同時に存在し拡張していることだと理解します。進化の次の段階はそのような次元で思うように動いていくのを学んでいくことです。

そのようなエネルギーレベルの変化は、次に、感情や肉体レベルに及ぼうとしています。コアのエッセンスに近いその層に変化が移っていくと、異変が現れてしばしば不快感に襲われます。感情と肉体は非常に近接しています。そのような配置であるために同時に変化が起こるのです。今それは、高い波動にある皆さん、またライトワーカーと呼ばれる人たちにとっては、一番大きな問題です。地球がまだ低い波動にあるために、高い波動に通ずる道を先導する人たちは、人生の困難として経験しています。高次の視点から見れば、その人たちの魂は多くの人が将来楽に移行できるように道を掃き清めているのです。これが、ライトワーカーの本当の仕事です。皆さんは、一つ一つ困難を経験して光の道を照らしているのです。皆さん、自分の中でやっていることは、全体の中では些細なことであるかもしれませんが、事実、アセンションと呼ばれてきた舞台を整えているのです。そのことを知っておいてください。文字通り皆さんは、心の中で世界を変えているのです。

肉体レベルでは、急速な変化を開始しました。新しい生体の種は、もうしっかり蒔かれており芽を出し始めています。ですから、今重要な新しい変化が幾つか肉体で起きています。高次元から皆さんの世界にエネルギーが放たれて、本格的な変化が始まりました。このような変化の中には、不快感が潜在的にあります。それは、感情の基盤が肉体と一緒に変化するからです。そのようなシフトの間、多くのライトワーカーたちは殊の外傷つきやすくなります。生体が変化に反応するからです。ここ3週間、地球の変化・調整によって引っ張られる感じが増大しました。苦しい気分になりました。地球自身に調整が生じるため、肉体が変わり続けると、微妙な磁場に益々敏感になっていきます。どうかこの変化を切り抜けてください。肉体が限界なのです。でも、ゲームに必要な出来事です。そのことを理解してください。今はお互いに支え合って感情のバランスを保つ時です。皆さんは前進したいと要望したのです。それで、このことが地球規模で今表面に現れているのです。人類は次の進化の段階に入っています。自分の意図を表明することによって道を先導して行っています。歴史から見ると、このことはほんの瞬きの内に起こるでしょう。皆さんの中でもう始まりました。

自分の理想に頑なに固執する人は、エネルギーの逆風に遭い苦しむかもしれません。事実、まさに固執することによって流れを変えたいと求めて来たのです。現実が変転しても平気でいる人は、その時々が最善になり、人生が苦もなく流れていきます。今は人生のこのようなあり方に心を開く時です。それが、変化する余地を与え、神の手が下る場、その場を設ける生き方なのです。それが、本当にスピリットの素晴らしさを反射するライフスタイルなのです。

この時、前進する意図を表明して、それからその意図をスピリットに預けて共同創造を担ってもらう人たちがいます。スピリットは、その時、それが実現するように一番効率のいい方法で位置取りをし始めます。それが形になり始めると、よくあることですが、皆さんは目の前に現れたことに抵抗をします。その場合、余り慣れないことや変化が現れるからです。これは元々意図した共同創造にとっては逆効果で、しばしば痛みの基になります。

ベールのこちら側から見ると、皆さんの望む最高の善なることを私たちと共同創造で実現することに不信を抱いているかのように見えるのです。それについていいも悪いもありませんが、私たちの手助けに、実際、水を差すのです。座って瞑想し、自分の道に入れるよう願い、その道に通じる扉が開く段になって、自分の人生はなぜバラバラに崩れているんだと尋ねます。しかし、私たちはそのような行為について何も判断せずに、このように完全なベールの陰でゲームを演じる皆さんの意思を讃えます。皆さんを抱きしめ、愛し、どんな小さな前進でさえも、もっと大きな善につながるのだということを知らせてあげたい時が何度もあります。このことについてお話し出来る時がやってくるでしょう。その時、その時にこそ、皆さんは今自分がやっていることを全体的な視野で眺めていくのです。皆さんは、「大いなるすべて」の善のための実験に参加することに同意しました。それを讃える私たちの心と愛は、言葉に置き換えることは出来ません。そういうわけで、皆さんが私たちに情報をください、そう要求したのです。

自分自身でいるために、先ず始めにやることは、自分のエネルギーの場を明確に定めることです。自分はどこから始まり、どこだったら他の人のエネルギーに関係しないか、それを知ることで自分に関わりのないことすべてを手放すことが出来ます。周りのエネルギーと密接に絡み合うのは、低い波動では簡単なことでした。それが多くの人の生き方でした。それが助けになるとしてそのような行動をしてきました。また、自分のエネルギーを明確にしないことで、ある一定の心地よさがそこにあると思いました。高い波動では、本当の強さは自分自身の場の中からしかやってこないということが分かるでしょう。他の人にエネルギーを注ぐと、集中する対象が分散し、他の人に差し出せるもの少なくなってしまうのです。自分自身の範囲をはっきりさせる人は、他の人から助言を求められる人たちです。これが、いわゆるエゴと呼んできたものの一番の目的です。エゴは個人的なエネルギーバランスの手段です。気球と同じく、エゴを膨らませることも萎(しぼ)ませることもできます。そうやってエネルギーのバランスが保たれるのです。エゴを膨らませすぎると、それが自分全体を覆います。同じようにエゴが欠けていると、その穴埋めをしようとして他の人のエネルギーに関りすぎてしまうことがよくあります。このバランスを教える人が、今皆さんの中にいますね。その人たちは、他の人が自分の場を見つけられる余地を作りながら、自分の力で前進する人たちです。次の波の教師やヒーラーです。そのような新しい教師やヒーラーは、自分の真実にしっかりと生きながら、生徒たちに内なる真実を探し出せるような場を作る人達です。仮に生徒たちの真実と自分のそれとが相反するように見えてもそうするのです。その人たちは高い波動を身につける者として目立つようになり、あらゆる人が彼らの場に引き寄せられていくでしょう。

一端自分の場の範囲がはっきりしたら執着を手放すことがもっと簡単になり、自分自身でいられるようになります。執着というものがしばしば前進を阻むのです。同様に、スピリットがあなたと一緒に共同創造を行う方法を細かく考えすぎる時は、結果に固執していることを表しています。ここで多くの共同創造が二手に分かれ、私たちが皆さんの役立とうとすることを難しくさせてしまいます。どうか覚えておいてください。最高の行為は、「信じる行為」なのです。一端、共同創造が開始したら、完全に手放して、スピリットを信頼する態度でいてください。この態度が、一番効率よく共同創造をもたらす鍵になるのです。それでスピリットが皆さんの人生で働ける場が開くのです。練習すれば、シンクロが起こるライフスタイルになります。すべてがジャストタイミングで魔法のようにその場に落とされます。そうして、人生にスピリットの場を残しておき、喜び多い人生になります。

これまで人生を形作ってきた出来事を振り返ってみると、そういう出来事を、初め失敗とか挫折と判断していたことが分かるでしょう。もしそれを挫折というように断じていなかったら、そしてそのように判断する態度でいなかったら、先ほど言ったように、スピリットはもっと速く活躍できる場があったのです。人生で何か出来事が生じると、最初、当然のように、それを良い、悪いと価値判断しますね。これは、ゲームボードの極性の影響で、人間の自然な反応です。そういう価値判断が、出来事に遭遇した時の気分や態度を決めるのです。しかし、それが抜き差しならない循環を作りだし始めます。非常に頻繁にあります。決まったシナリオがあります。こうです。出来事は目と耳を通して起こります。それは挫折や後退だと決め付けられます。どうしてこういうことが起きたのか分かろうとして、何度もそのことを口にします。ここから悪循環が始まります。言葉にすると、その言葉の波動は、失敗という価値判断を表わします。その言葉が口の中に残っていると、言葉は身体中を駆け巡り耳に入って行きます。この波動が入ってくると、それは益々増幅し共同創造として宇宙に送信されます。前に話したように、宇宙はどんな要求にもたった一つの答えしか返答しません。その答えは、「そして、そうなります」。誤った考えで始まったものが、もう現実になっているのです。そういうことを共同創造したわけです。

出来事に出くわした時には、すべての出来事に先ず最初すぐに感謝の態度で臨んでください、そう考えるようにしてください。そして、今後のために「よい」とか「悪い」とかの判断をしないでください。他の人ではなく、自分がゲームを演じているのだと思ってください。参加している興奮を感じてください。その時に、自分にカードを引く番が回って来て行動を起こすようになります。自分が引いたカードが失敗だと思えても、先ずは、自分の番に回ってきたことに感謝するように考えるのです。嬉しい、楽しくしていたいと望む時、それを自分の外に探しますか? 多分、既に自分の中で喜びを感じれば、それが最も支障がない方法になるでしょう。このほんの些細な見方の調整が、高い波動への鍵を握るのです。ゲームボードでは、何も「悪い」行動などないのです、ゲームは楽しむためにあるので、そのことを思い出してください。皆さんは想像できないほど守られています。直接狙って意図しなければ、自分自身を傷つけることは本当に難しいのです。情熱を持ってゲームを演じてください。出会ったら、その隅っこに、隠れた贈り物はないか注意しながら参加してください。

私たちのパートナーの好きな言葉は、「痛みには成長が伴うが、悲惨な目に遭う必要はない」というものです。ゲームボードの極性が、出来事に「良い」、「悪い」という網を掛けるのです。それに騙されないでください。皆さんの場に入ってくるものには、すべて「ギフト」があるのです。そういう出来事の中には成長の種が入っており、スピリットが一番現れる所に連れて行ってくれます。ギフトを見つけてください。その時に、本当の自分の力というものを発見します。喜びの中で自分の力を見つけてください。喜びを見つけてください。ゲームに勝利したのです。その時、完全にスピリットを体現しています。このゲームのルールをよく学んでください。このような情報は、今ではいろいろな教師から学ぶことが出来ます。今では、新しい教師がいたり、新しい方法が地上にあります。光の中にある壮大なゲームのルールを教えてくれます。だから、受容れていきますよ。探し出して洞察力を使って一番よく心に響くものが何かを見分けてください。皆さんの中のマスターヒーラーたちが、真っ先にそのようなヒーラーや教師を探し出すでしょう。彼らは、力を預けないでそれを反射させる方法を知っているからです。

歴史上のこの時、抵抗を最小限に抑えて進むことが役に立ちます。どうか、生きる上で支障が最も少なくなるような考え方に調整してください。ゲームのこの局面に先立って、皆さんは沢山の水晶を人生の上に設置しました。そのクリスタルは故郷の波動を持っています。本当に深いところで共鳴します。だから、それは勘違いだとか、関係ないなどと知らん振り出来ないくらいです。その水晶を見付けた時には、喜びに沸き、心の紐が引張られるのに気づくでしょう。その魅力にしたがってください。皆さんの契約の中心に連れて行ってくれます。その水晶は、皆さんが自分でそこに置いた目印です。人生で摩擦や違和感や支障が小さくなれば、もっと自由に思うがままにゲームボードを移動していけます。それが、私たち全員の中にあるただ一つのスピリットの本当の顕現なのです。

皆さんは自分の核心は生き物だと思っています。私たちは皆さんを生物的泡沫の中でゲームを演じている、グランドマスター・スピリットだと見なしています。そういう見方をしていなかったら、私たちを訪ねてきてください。呼び出していただければいつでもいいですよ。出来るなら、ちょっとの間、自分自身を私たちの目で見てください。

心からお願いします。お互いに尊敬の念を持って接してください。お互いに育みあってください。そしてよく演じ合ってください。

The Group

 

センタリング

この時間を自分の時間です。その日のいろいろな思い全部を忘れてください。それでもまだ残っている時は、もう一度手放してください。ここでは良い悪いはありません。自分の時間です。ゆったりして特別な場所に一緒に出かけましょう。

 

med

光の灯台瞑想

一緒に呼吸をして、思いを全部手放してください。暫くあなたの場には何もありません。周りに大きな泡があります。この泡はあなたの身体の3倍もあり手が届きません。その泡の中であなたはふわふわ浮いています。その泡は、コンテナとしてこの旅が分かるように選んだのです。暫くこの泡で遊んでください。泡が動くのに慣れてください。ここから向こうに行くのがどれくらい出来るか見てください。他のものにぶつかる時に、泡がどう守ってくれるか見てください。それはクッションのようになってあなたと他のものとの隙間を作っています。実際、この泡で自分が誰か、自分をはっきり表すことが出来ます。泡の中でくつろいで、ただリラックスしてください。心配や諸々の思いを手放すに従い、巨大な泡の中心にそのまま自然に進みます。中心にいると時は自然なバランスになっていて、安全で守られています。では、その泡を思考で動かしてください。前に動かすイメージをしてください。他の方に動かす時、何が起こるか注意してください。他のものにぶつかる時、エネルギーが変わり簡単に他のものを乗越えられることが分かります。

自分のエネルギー次第で泡の中をどこにでも移動できることに気がついてください。一番てっぺんに浮き上がると、自分のエゴと自分自身が大きくなるのを感じます。そこからの眺めは素晴らしいですが、この重たい泡のてっぺんでバランスを取るのに苦労します。今度は正面に動いていき、駆け足する姿勢でどれだけ速く動けるか見てください。次に、エネルギーをコンテナの底に落として、平らな地点に足をつけたときに跳ね返るのを感じます。底のこの場所は避難場所です。気持ちがいいです。気持ち好過ぎます。ただ、そこにいると全く動きがないのです。この泡の左には、メンタルの部分とツールがあります。右側で直感に触れることが出来ます。すぐに、あなたはよく守られており、また、思い通り泡の中心に行くことが出来ます。

見下ろすと、さっきぶつかったもののことが白抜き文字でちゃんと書かれていることが分かります。書かれていることを読もうとしますが、泡のせいでちょっとぼんやりしています。今度はすぐ目の前を見てください。そこに同じような他の泡が沢山見えます。そのエネルギーを感じて、期待感が漂っています。この空間で何かが起こります。いろいろ試した結果、その出来事を見る絶好の場所は、一瞬で泡のてっぺんに行けばいいと分かります。

右側を見ると、泡の一つが激しく動いていて興奮します。それぞれの泡の上には、フワフワとガイドが浮いています。この存在は手助けをしていて、泡の援助をするよう割り当てられ、援助する泡が決まっています。実際に泡に触れることは出来ません、泡を動かすことも許されていませんが、そこで助けて様子を見ているのです。泡が動くと、その周りのガイドは興奮しています。あなたは自分の泡の右側に移動してガイドたちの考えを聞きます。それによると、ガイドたちはこの泡が動くのを長い間待っていたというのです。泡はちょっと前に動こうとしていたようですが、スペースが出来て動けるのに、そのままじっとすることに決めました。そこで、別の窓が開きました。すると完全に動けるようになり喜んでいます。

今、心がぐいと引張られるのを感じます。あなたは自分の中心で、泡を動かす時だと知っています。動く準備をすると、一抹の恐怖を感じます。あなたは泡を動かすのを止めて、完全にじっとしています。泡の底に落ちるのを感じます。泡の周りにいる存在から、手放して動けと指示が聞こえます。恐怖心は益々強くなり、体が麻痺して動けません。突然別の泡が後ろからあなたの泡に向かって弾んでやってきます。このぶつかる力によって、諦めて凄い速さで動かざるをえません。今は、どうすることも出来ませんが、この力が弱まってあなたの泡が落ち着き、速度が落ちるまで待つしかありません。沢山の事故がすごい速さで起きていきます。他の泡が道を塞いでいたら、コースを変更することはできません。速すぎてコントロールできません。

とうとうあなたの泡がゆっくりし始めると、周りの景色が変わります。外は森です。古い森です、植物と木々はとても古く、賢いのです。あなたの泡の周りのガイドたちは森と打ち合わせをしています。その時あなたはその話し合いに入ろうとします。背が大変高く、この森を導く賢い木々、9人です。彼らは何事もチームで動き、その9人はこの森のいわゆるオーバーソウルの一員です。だから、ここの木々は互いに一つになって、全員がバランスを取って動いているのです。この賢く古い魂たちは、あなたの旅でどんな手助けをしたらいいかを尋ねます。あなたの泡のガイドたちは、あなたが他の者達から駆り立てられてここまで来たことを説明します。それは、あなたが丁度いいタイミングで動こうとしなかったためだとも説明します。あなたは愛のこもった笑いを聞きます。その9人は沢山の泡の旅人に出会い同じような話を聞いたと言います。

彼らは泡でないので知りたいと言います。丁度いい機会が訪れたというのにあなたは動こうとしなかった時があったので、その理由について聞いてきます。それは、動くのは危険なので、知っているところでじっとしている方が安全だと思った、とあなたは説明します。彼らはその返事に大笑いしました。前に何度も聞いたことがあると言いました。「あなたのような泡の存在たちは、見ていて本当に素晴らしいよ」、この木々は一つの声になって言います。「あなたの大きな問題は、泡で自分のビジョンが思った以上に見えにくくなっている事です。私たちの視点で少しの間だけでも見ることが出来ればね」と言います。すると、あなたは賢いオーバーソウルにそのビジョンを教えてくれるよう頼みます。と、一瞬で新しい場所に連れて行かれています。そこは非常に高いところです。自分も古い大きな木であると気がつきます。泡はなくなり、何キロ先も、はっきりと見通せます。あなたはその9人の一人で視野が変わりました。心で感じることは、この泡という存在への大きな愛です。泡は、すべてに貢献するために、一番難しいゲームを演じることに同意したのです。泡はボードの上でぶつかり合い、ゲームをします。自分が誰か思い出せないまま演じています。泡の存在たちはある日、泡のままで目を覚まし、その日から自分が誰か、なぜここにいるのか、それについて分かろうとします。この泡の存在は大変愛されています。彼らが変わると、それによって自分の真実をすべて明らかにしてくれるからです。

あなたは、左側で興奮が起きている様子を見下ろします。そこは壮大なゲームです。泡という存在全てが急角度で直角に曲がって動いています。ここの眺めからは、泡が自分のエネルギーの中心に居続ければ、完全にコントロールできる状態にあるのだ、と分かります。視野を失いコントロールを失うのは、中心から外れて恐怖の底に落ちる時やエゴが絶頂に上がる時なのです。道に迷う時は、しばしば自分の泡から外れて他の泡に入り込もうとする時なのです。自分の泡から離れる時は、いつもエネルギーを漏らして外に出してしまうのだということに気づいてください。あなたと似ている泡があり、好い位置につけるまでは動こうとしない泡です。ここからの眺めからは、この泡のゲームがどう展開されるのか、すぐに分かります。

それから、森の大きな賢者たちは、あなたを元の泡に連れて行き、またあなたを家に帰します。今、この瞑想を始めた時点に戻ってきて、体が最初と同じように息をしていますね。感覚は完全に戻っています、また家に帰っています。目を落とすと、膝の上の一枚の葉っぱがあります。その葉っぱに触ると、言葉が浮かびます。「真実を思い出したい時には、いつでも私たちの目で見られます」「私たちはいつもあなた方のためにここにいます、聞いてください、思い出してください・・・そして、そうなります」。

新生地球に進む13のサイン

新生地球に進む13のサイン

other-realmsmphony_of_lights_ (1)

新生地球に進む13のサイン

Gregg Prescott 2015-9-2

 

ドロレス・キャノンの最新のヒプノセラピー研究によれば、今、新生地球が形成されており、近い将来、私たちの多くがそこに入ると言っています。それは、地球だけでなく、一人一人の波動の上昇の結果です。

理解するのが一番難しい点は、2つの地球が同時に存在することです。ドレス・キャノンは、時間は、過去生とあらゆる未来の可能性を含む「今」に存在すると言っています。

量子物理のダブルスリット実験で教えることは、人の意識は、それを観察する人の(実験)結果に影響を与えるということです。

あなたが決めることは、新たな別のリアリティを創ります。キャノンは、「どんなことであれ、何かを決める度に、それが、何度も分割していきます」。また、彼女は、別のこと・別の決定に多くのエネルギーを注がなければ、新たなことは起こりません」。

 

新生地球に進む13のサイン

 

1. シンクロニシティが続く

11:11、1:11、3:33、5:55などの数字を目にする。また、時計を見ると、自分の誕生日の数字を見る。こういうことが数多く起こる。11月28日生まれだとして、時計を見ると11:28で、店に買い物に行って欲しいものの値段が「¥1128」。ガソリンを入れて満タンにしたら「11.28ℓ」。こういうことは、偶然ではありません。シンクロニシティです。そういうことが連続して起きた時に何を考えていたのか、どういう状態だったのかを振り返ってみてください。

2. 願っていることが楽に実現する

ドロレス・キャノンはかつて言いました。「地球にやって来て学ぶ最大の課題の一つは、エネルギーを操ることです。何かを始めたり創り上げたりする時のマインドのパワーがいかに大きいかが分かります」。そこに現実化の力があります。それだけでなく、ポジティブに考え、感じることが極めて重要です。意図を支える感情が、現実化を導くのです。

3. 食習慣の変化

だんだん肉類が少なくなり、健康的なオーガニックなものや野菜が多くなるかもしれません。また、それまで関心のなかった食べ物に夢中になるかもしれません。

4. 予知夢や未来を暗示する夢

未来を表すような夢が多くなり、怖い夢が少なくなる。不安感や恐怖心がなくなると、潜在意識には恐怖心がないので夢に見ません。眠っている時、潜在意識は絶えず夢の中でそういう問題を解決しようとしています。葛藤や不安がなくなると、夢は非常に予言的な内容になります。

5. 真実を知りたくなる

今までの考えとは違っていても、本当のことを追求したくなる。スピリチュアルになる人が多くなれば、宗教は、真実の座から降りて行きます。

6. 恐怖に感じるものを把握して楽に手放し忘れる

それには、テレビを見ない、新聞を読まないことが最も手っ取り早い方法です。恐怖心は、大衆をコントロールしようとするものが、大衆を卑屈にさせ操作して注意を逸らせて騒ぎ立てないようにする手段です。恐怖心を手放してそういう悪循環を打ち破るには、シンクロニシティはすぐに起こり、実現するということを理解することです。

7. 次元同士の境目が薄くなっているように思える

視界の端や隅に何かが見えたり、オーブを見たり、部屋の中に何かが入って来るのを感じたりする。

8. 異常事態や錯覚を経験する

例えば、鍵を決まったところに置いているのに、ある日、その鍵が定位置にも、探してもどこにもない。仕事帰りなど決まった道を車で走っているはずなのに、全く見知らぬ道を走っている。

9. 友人や家族と疎遠になる

あなたのことが分からない友人や家族から遠ざかる。その一方で、似たような波動の人に出会ったり繋がり始める。あるいは、高い波動になると、全く付き合いがなくなる。

10. 睡眠の変化

これまで短時間の睡眠で十分だったが、翌週から異常なほどに眠くて長時間の睡眠に変化する。

11. 甲高い周波数の音が聞こえる

一般的にそのような甲高い音の周波数は、耳鳴りやビタミンD不足とは関係ありません。しかも、片方の耳にだけ大きな音が聞こえたり、両方の耳で聞こえたり、違いがあります。それは、体が高い周波数に同期しながら地球の周波数の上昇に関係して起こります。

12. 「故郷」に帰りたくなる

夜空の星を見ては、その星にいたのかと物思いに耽ります。プレアデス、琴座、アークトルゥス、オリオンなどに親近感を覚える人もいます。でも、地球が故郷だと感じる人もいます。いずれにしても、私たちはこの美しく素晴らしい惑星の住人です。この人生の間、歓待してくれるマザーアースに感謝してください。

13. メタフィジカルな能力の出現

今まで考えられなかったようなメタフィジカル能力を経験する。自分のオーラや他の人のオーラが見たり、テレパシー、バイロケーション、クレアオーディエンス(透聴)を経験することもあります。

 

そういうことを「ニューエイジのたわ言」だという人もいますが、特に深い催眠状態の中では同じような現象が数多く起こることを否定することはできません。上のようなことに共感できる人は、あなたの経験を他の人に立証する必要はありません。それは、あなたが経験する旅なのです。些細な議論に時間を使う必要はありません。消耗するだけです。自分の波動が上がることに従いましょう。

two earths