人間✖️動物のハイブリッド

ライオンと虎のハイブリッド=ライガー

 

先日投稿した「時事寸評」(シャロン)で「ハイブリッド」という言葉ありました。地下に閉じ込められた子供たちの中にはハイブリッドがいるというものですが、直接の関係はありませんが、以下は、動物の体内で人間の臓器を作るという動物と人間のハイブリッドに関する実験について日本人研究者が政府から認可を得たことについて書かれた記事です。

下記の奇怪な写真はAnomalien.com掲載の写真で本文とは無関係と思われます。

 

 

Anomalien.com 2019-8-2

 

日本の科学者は、動物の体内で人間の臓器を育てる認可を政府から取得しました。それは、事実上、動物と人間のハイブリッドを作る許可を得たということです。

 

日本では人と動物のハイブリッドを育てることが許されている

この実験は、はじめは齧歯(げつし)動物<ネズミ・リス・ビーバーなど>で行われ、その体(臓器形成前の胚)にヒトのiPS細胞が移植されます。そして今度はその杯を母体の子宮に戻すというもの。すると、ハイブリッドな動物が誕生します。

実験が成功した場合は、齧歯類よりも遥に大型の哺乳類、主に豚が使用されます。

科学倫理の専門家はこのニュースにゾッとして、そのような実験の制御及び管理には問題がある可能性があること、また、動物の体にヒトの細胞を移植することにより、動物のヒト化が起こり、さらには、母体の脳が発達し、人のような意識が発生する可能性があると指摘します。

物議を醸すこのプロジェクトは、腎臓、肝臓、肺、その他の重要な臓器移植を列をなして待っている人のために立ち上げられました。

東大の中内啓光教授・スタンフォード大遺伝学教授は長年これらの実験の許可を待っていました。彼の意見では、彼らの研究結果から、例えば、人の脾臓を動物の体内で成長させることが本当に可能だと言っています。そしてその後、それを患者に移植します。

動物が人間化する恐れがあることについて、中内教授は、すべてが経過観察され、動物の脳が少なくとも人間のように30%発達した場合、そのハイブリッドは破壊されると述べました。

 

(参考)

スタンフォード・メディスン Nakauchi Lab

COMMUNAL NEWS

 

 

5+