3つの風 by クライオン

3つの風

Lee Carroll 2013-2-23/24

カナダ カルガリー/サスカチュワン

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。先週お話ししましたが、私にはその時と今との時間差はありません。3次元の皆さんに時間がないというようなことを説明することは出来ません。すべては同時に起きますので、話しても変なことになりますね。皆さんには、未来はまだ分からないもので過去に戻ることは出来ません。だから、皆さんは常に今に存在します。しかし、私の方には3つのリアリティすべてがあります。それをと呼びます。それはエネルギーに過ぎませんが、皆さんはそれぞれを3次元の時間に当てはめます。

例えば、過去。 3次元での過去の行動は変えることができませんが、その記憶は変えることができます。だから、過去に起きたことに対する反応を書き換えると、今のあなたが変ります。それはどういうことでしょう? 過去に行って、そこの出来事を書き換えたのです!

未来: 未来はまだ分からないと思います。でも、しようとすることの可能性の幾つかは実際分かります。今日、心が変わると、ある意味、明日することの可能性が変わります。明日どこかに出かける約束をする時は、明日何時にそこに到着するか予見できます。でも、最後の段になって予定をキャンセルすると、未来を変えたことになるのですか? 「ちょっと、待った、クライオン。それは、自分でコントロール出来ることで、何も分からない未来のことではないですよ」。でも、それも私たちには同じことです。実際、“約束”は、予定通りになったりならなかったりして、それを3次元で見通すのは難しいことですが、依然として、どちらも自分で創り出す可能性なのです。私たちはそれが一つになって見えます。だから、チャネリングで皆さんにそれを伝えることが出来ます。今日のチャネリングは、3つの風」です。

部分的にはもう何年も話の中で言及して来ました。でも今回、まとめてお話します。これから話す言葉を今までに聞いたことがあると思います。これから、それを広げて見ましょう。そこには、多くの答えがあり、また異論もあるでしょう。他の人から聞いたのと違うので納得しない話もあるかもしれません。その時に、直感が物を言います。これから私が話すことがもっともなことなのかどうか、直感を使ってください。皆さんは、私の言う“スピリチュアル・ロジック”を使うことが出来ます。

人間の魂

先ず、私たちには、人間も人間の魂もひとつのものとして見られます。私たちの現実的では分かれていませんし、同時に多くのところにいます。でも、皆さんが理解できるように、魂は同時に4箇所だけにいると言っておきます。3つ風は、その4つうちの3つです。もう一箇所、皆さんの魂がいるところは故郷です。そこは私のいる所です。そこは、風とは呼びません。故郷に風はありません。風を起こすことも、風の抵抗もなく、風に引っ張られることも押し出されることもありません。不可能ではないにしても、皆さんのすぐそばにありながら、見えないものを説明することは難しいことです。故郷は風ではありません。皆さんがいつもいる所です。

神の一片が皆さんの中にありますが、その一片は、人間でいる限りベールの私の方にあって、皆さんには隠れて見えないようなものです。それが、人としての皆さんのテストであり、皆さんはある特定のリアリティと意識にいなければなりません。そうして地球にいて問題に取り組むことが出来ます。でも、故郷にいる時は、風はありません。故郷は、皆さん自身が“神の状態”でいる所です。

人間の神の“見方”

皆さんは神のスープの一滴です。だから、数を数えることは出来ません。すべてが一つの状態です。量子のもつれの状態<離れていても一つのリアリティで組み合わさっている>が、神の特徴です。ハイヤーセルフに触れると、自分のあらゆるところと接触します。人間は、ハイヤーセルフは天使からメッセージをもらい、伝えた天使は他の天使からメッセージを受け取る、更に次々と同じことが起きていると思います。人間は、自分の世界がそうだから、何事にも階級があると思います。しかし、神にはそういうものはありません。神の叡智はたった一つの叡智です。常にそうであり、いつもどこでも完全です。真実はどこまで行っても真実に変わりがありません。皆さんの中に神の一つがあるので、目覚める時に完全な真実を知るようになります。だから、外国にいる目覚めた人のことであってもそれを認め、自分と同じ真実であると思えるのです。自分の中の神は、他の人の中の神と同じなのです。

では、自分の直感を重視して、スピリチュアル・ロジックを使って見定めてください。3つの風」を話す中から、何か分かるかもしれません。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

子供たちと動物のアセンション by セント・ジャーメイン

 

セント・ジャーメイン
子供・動物たちのアセンション

 

Aruna (Rea) Byers © Tokyo.

 

夜中に呼びかけを聞いてアセンションしようとするのは難しいでしょう。ですが、意識的にそれを選ぶ者は躊躇しません。その者だけがアセンションします。言っている意味が分かりますか? 同意契約をした人がその呼びかけに応える人だけがアセンションします。精神錯乱に陥っていてもそれは止められません。そういう場合は呼びかけは聞こえないでしょうがね。契約とそれに基づく行動だけがアセンションを起こします。マクロレベルでその詳細がこの時のために集約されてきました。そちらの次元での話ではなく、私たちの次元での話です。私たちは、この呼びかけを受け容れることができる人全員の手助けになってヒーリングを提供したいと思います。それには、完全に契約が必要です。

子供たちは今生で何かを学び続けるためにいるのではありません。今の子供たちは、毎日の経験や状況に答えや意味を見出す以外の何かのために生まれたのではありません。子供たちは密度のある環境なので密度があるよう見えますが、浄化すべきカルマはないのでいつでもアセンション出来ます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

魂の道 by イエス

イエス

魂の道

 

ビクトリア・コクレーン 2017-3-1

 

皆さんの言葉で、人生は一瞬という言葉がありますが、数十年の場合も一世紀に及ぶ場合もあります。長生きする人、非常に短い人生で終わる人もいます。人生の長さに関係なく、人生が地球や周りの人たちに与える影響は重大で、本人の魂に大きな痕跡を残します。人生の中で起こる出来事は行き当たりばったりの偶然で計画性がないように思えますが、実際、殆どの人は、誕生から死までを計画し組み立てた当初よりも長く生きています。両親、兄弟、地球で生きる際の主要課題などは、すべて生まれる前に計画します。家族もまた、人生のある時に生まれることを約束します。それによって、本筋から逸れないようにし、必要な時や危機的状況の時に家族は手助けが出来ます。それから、悲痛な人生は、本人が選んでいるのが普通であり、本人が意識で知っていてもいなくても大きな学びを得て早く成長するための根拠になります。

魂が生まれる時は、地球に変化を起こそうとして本当に興奮します。しかし、多くの人は3次元の波動の重みに十分対応できず、すぐに道に迷います。ドラッグ、アルコール、鬱、あるいは他方で、私利私欲、金もうけや富裕な地位に付随する権力などで頭も心もいっぱいになり、すぐに自我を満足させることに方向転換します。悟りと進化した魂の道、他者への奉仕はどこかへ行ってしまいます。道に迷った人たちは、家族の関与、宗教、あるいは性格の強さ、また、魂の記憶などによって本来の道に戻ることも時にはあります。しかし、当初の計画よりも早く3次元と人生を離れる選択をする人がいます。その場合、選択を見直して、また目的を果たし完了するために、後で改めて戻って来る人もいます。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

カルマの終焉と新時代の創造 by 大天使ウリエル

大天使ウリエル 

カルマの終焉と新時代の創造

 

ジェニファー・ホフマン 2013-6-18

 

 

カルマはこのアセンションの過程の当初から地球と人間が辿る道でした。それが3次元のパラダイム(世界)の基盤です。その過程で、恐怖を愛に変え、限界を広げ、苦しみを喜びに変えて高い次元の存在へとアセンションする進化が約束されています。人間がこのアセンションを果たす見込みを実際のものにするには、許しによってカルマの道を完了させなければなりません、カルマを終了させるには許しが必要なのです。数多くの生涯と苦しみがあなた自身のカルマを決めたのでこれらの課題は祝福でありかつ最大の挑戦です。皆さんはカルマを救済と考えて来ましたが、それは、ただ、与えられた運命とそれを癒すカルマの道程を神聖な人間、ワンネス、繋がり、意図的にエネルギーを流す、創造の道へと切り替えることなのです。そのような選択をすれば、その時点でカルマの道は終わったことになるのです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

悟りへの8つのシフト (1/2) by クライオン

0121b2e48da27356cbedce51d1249b5c

 

4番目のシフトは、生まれ持ったカルマを消去すること、自分がスピリチュアルな道を歩いていることを理解することです。

スピリチュアルな気づきや覚醒がなければ、カルマのエネルギーは残ります。それが、アカシャの仕組みです。皆さんは数多くの人生を地球で生きてきたということを知っており、地球以外で生きていたことも知っているに違いありません。そのような人生は、それぞれがエネルギーとして積み重なり、過去の経験は今の人生の可能性を形造ります。この古くからのシステムの名前を、カルマといいます。

それぞれの人がカルマを無効化しない限り、そのエネルギーは存続します。無効化が出来るようになったのは、わずか、この20年足らずのことです。だから、今、ここにいる人、これを読んでいる人は無効化することができます。今、ここに座っている人の中には、まだカルマを抱える人がいます。しかし、それを捨てる許可を下していなかったために、試練や困難を経験します。

悟りへの8つのシフト (1/2)

Lee Carroll 2007-10-20

メキシコシティ

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。人の感情はどこで生まれると思いますか? 愛は、どこで生まれますか? それは、あなたの中の神の部分から生まれます! 人を好きになる時にそう感じるのはなぜですか? 人間というものはそういうものだ思っていますね。それは、あなたの中の神が人間同士の間で活発に動いているということです。神を信じていない人でも、そのような状態にならざるを得ません。気質があるということも信じていないかもしれませんが、あなたには気質があります。人間は自由意思を持つ生き物で、今、起きていることを認めるか否かの自由があります。完全に自由です。スピリットがやって来てあなたを説得することはしません。それが、自由意思という私たちの皆さんへのギフトです。

この場所は一行で埋め尽くされています! 私がここに来た時に、人間に対する愛を感じます。多分言っていることは信じないと思いますが、それは本当のことで、信じようが信じまいが、ここに皆さんを計り知れないほど愛するスピリチュアルな存在がいます。

私は、皆さんが生まれる時の、誕生の風の所にいました。そこは、多次元で、時間がありません。だから、皆さんはここにやって来ようとする時に立ち会いお話も出来る面白い所です。3次元に入って皆さんは「クライオンが、今ここで話してるよ」と言います。でも私は他の場所にもいて、ベールのこちら側にやって来る時、死の時に、こんにちはと声をかけます。こちらにやって来る時に挨拶をし、また、生まれるところにもいます。私のすることは、次元の分岐点を超えたゲートに立っていることです。そこでそういうことが起こります。

このようなことが、神の決まりになっているわけではありません。一定の儀式やしきたりとは関係ありません。神の深い愛なのであり、神の愛があるだけなのです。ベールの向こう側には皆さんをとても愛するファミリーがいます。私たちは、産道を通り抜ける瞬間まで手を握っていたいのです。ベールを抜けて戻る時に、最初に手を握りたいのです。それが、ファミリーに対してしたいことです。皆さん、死ぬ時に人間が最初に聞く言葉は、「怖がらないで、ここが故郷ですよ」。それが、神の愛です! 覚えていますか?

ここで魔法のようなことができるとしたら、私が感じていることを皆さんに吹き込んで感じてもらうことでしょう。私は、クライオンです。私は、非常に非常に大きなグループの代表です。皆さんを知っている神の何兆もの断片の代表です。私は、いろいろな所にいます。私は、皆さんの次元の外にいる、幾つもの存在です。理解するのは難しいですが、皆さんが私といる時には、皆さんも同じ状態なのですが、知っておいてください。

多分、皆さんは初めて来ましたね(初めて読みますね)。でも、誰か知っています。クライオンを聞きに行こうと誘われてやって来ました。聞いてください。ここで話すことを信じる必要はありません。でも、ハートをオープンにしてください。何かが感じられると思います。ここには、確かなエネルギーがあり、何かを知ってほしいのです。私たちは原理的な教義を話すつもりはなく、守ってもらうような決まり事を話すわけではありません。どこかに報告をしてほしいのでも、何かに参加してほしいと言うつもりもありません。それは、皆さんにはこの二極の地球を生きる、神の一片としてすべてが備わっているからです。

皆さんは、スピリットのファミリーです。信じていない人も、ここにいる全員がそうです。私は、あなたを知っています。信じられない人に言います。聞いてください。この会場を出て行く時は、ここにいる他の人と同じように愛されます。信じていないからと言って、天使たちが一緒に出て行くのを阻止することは出来ません。そのようになっているのです。そのような愛が怖いですか? 攻撃的な愛ではありません。受け身的でおとなしくしていますが、あなたがその愛を感じるのを待っています。

この2日間、今まで話していなかったことを話しましょう。ここ数か月間、大量の情報を短い時間にまとめる作業をしてきました。今日お話しすることは、この20年間、チャネリングで一つ一つ別個にお話ししてきたことです。でも、さかのぼって探してみてください。この2日間で体系的にまとめてみます。今回は、目覚めの初歩から完全にアセンションするまでの、8つに及ぶ人間の意識のシフトについてお話しします。大きな視点です。2日間でその過程について分かります。

では、言っておきますが、これから話すことは決まった手順ではありません。シフト、変化ですが、一定期間内で起こることではありません。一人一人が違います。自分の時間でそれぞれの意識状態に至ります。しかし人間は、「ここからその段階、この意識からその意識までどのくらい時間がかかるのですか?」と聞きたいと思います。でも、答えは本当にありません。気づきは人によって違います。どのくらいかかるかは、自分と現実との関係次第なのです。

初日の今日は、4つのシフトを取り上げます。後半の4つは明日になります。本当に壮大な話です! 前置きしておきますが、これから話すことは、一人の人間が自分の次元、枠の中を抜け出して、勇気をもって自分は誰だろうかと自問自答する時に起こる変化のことです。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

人間の魂の進化(字幕) by クライオン

remembering

2015-5-23 @カルガリー、カナダ

(参考)魂の旅Ⅰ, 魂のⅡ;今後500年の物理;タイムカプセル

カルマを持ち越す生まれ変わりのシステムは、変わり始めています。そうなりました。ここにいる多くの人がカルマを落としました。それを言葉に出してやりました。体はあなたの言葉を聞き、先天性が了解したのです。そして、振り回されることがなくなりました。そういう人の中には、家族がいまだにあからさまに振り回されているのを目にした人がいます。今でさえも、家族がお互いに反応して言い合って、相変わらずドラマを演じている、それを目にして離れましたね。そういう人がここにいます。あなたはあなたのカルマを落としましたが、相手はいまだに抱えています。そういう皆さんは、何千年も積もり重なった未完の課題は、古く、放っておくとどんどん進行するので事実上終了させました。生まれ変わりのシステムは、ここ最近ではなく、2012年以前に変わりました。急に私たちは、自分の家系から離れると言いましたが、それは、別の家系に生まれてくることがあるということです。また同じ家系に生まれても、自分は他の家系の人間だというアカシックを強く感じます。そこが本来生まれる家族だと感じるわけです。そうやって多様化しました。
——
“ウオークイン”は、しばしば年齢が6歳から10歳の間に別の人の命に宿る魂のことです。ウオークインは、転生の近道なのです。早く生まれ変わって、通常の成長過程を飛ばすことができます。歩き方、文字の読み方、食べ方を習う必要がなく早く進んで欲しいのです。死が迫った時に、生まれ変わる魂が、他の人の命の上にやって来ます。しかし、「上に」とか「共有(シェアリング)」というものはなく、お互いが一つになるのです。それが私達ができる一番いい説明です。

では、最後です。込み入っています。人間は生まれ変ります。まだ全く話していなかったことは、どこからやって来るかということです・・・・・

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。
漠然としたアカシャ by クライオン

漠然としたアカシャ by クライオン

tumblr_o7btdsokBq1s7ej7ro1_1280

アカシャから興味ある内容が送信されます。過去生についてお話しましょう。過去生で経験した内容はアカシャに入って引き継がれます。だから、戦士として戦場で殺された場合、銃の臭いをかぐと嫌な気分になるかもしれません。そういうことが自分に伝わりますが言葉で説明できません。戦場に立つとその臭いがするのです! その臭いが好きな人もいます。その場合の臭いは勝利と解放の臭い、それ以上のことを物語っています。しかし、そこには、何か、考え方のようなことがあります。それが主感覚になります。それが、一番アカシャをよく表わしています。そういう感覚がいまだに自分の中にありますが、その感覚がどこから来るのか思い出せません。

過去生を読む人はそういうことを選り分けます。3次元的でないものを3次元であるように並べます。でも、それは、漠然としています。過去生を読む人は、あなたの周りにあるDNA<マカバ>が作り出したフィールドを感じることが出来ます。その時に、“当時の経験・考え・気分のスープ”にある個々の人生を引き出せるようにしますが、あなた自身では出来ません。そうやって、過去生のリーディングをうまくやって、自分には分からない過去の経験と一連の出来事を説明してくれます。

漠然としたアカシャ

Lee Carroll 2013-8-10
ミネソタ州 ミネアポリス

 

こんにちは、皆さん。クライオン・マグネティックサービスです。何年も練習してきた通りにパートナーの意識は離れます。それは簡単なことではありませんが、人間は簡単なことでなくても、生活に関わることであれば自由自在にやりたいと思います。その一つが、意識です。彼のチャネリングは以前とは少し違います。前に言いましたが、チャネリングは、全く自分がいなくなることではありません。むしろ、共同し、融合することなのです。だから、パートナーが脇に寄る時は、その場で起こることを全で見ています。必要があれば、後で書き留めておくことも出来ます。そういうわけで、私たちには、今までにない自分の神聖な所と全く違う関わり方が出来る人間がいます。参加であって、乗っ取るわけではありません。

そこで分かるのは、メッセージが与えられながら知的にも感情的にもそこに参加できるということです。それによってメッセージの質がよくなります。チャネリングしている時の人間は翻訳者です。自分の言語で翻訳をして松果体というポータルにあるシステムの中を進んでいるのです。そのシステムは、松果体の3次元から源に通じる、多次元コミュニケーションです。ここで話されることは、以前に話したことと新しいメッセージが結びついています。そうやって何度もメッセージが多くの人に広がって来ました。そこで、これまでのメッセージを一つにまとめて新しい概念についてお話しましょう。

人間のアカシャ

人間のアカシャについてもっとお話したいと思います。私たちは「アカシックレコード」という言葉を余り使いません。レコードという言葉の意味が何らかの記録のリストを指して3次元的なニュアンスを与えるからです。そればかりか、人間のアカシャは多くの人生の記録よりも遥かに多くの内容や意味が含まれています。だから、そのところから始めましょう。ゆっくり話して正確に説明しますのでよく理解できるでしょう。

アカシャと言う時、どんなことを思い浮かべますか? 今回のチャネリングの表題は、「漠然としたアカシャ」です。そこにこれから話すことの意味合いが表れています。人間のアカシャは人間が地球で経験したことすべての歴史です。そこには、人間に関すること以外のことも含まれていますが、それは上手く隠れて見えませんし、今日の主題ではありません。だから皆さんは、アカシャは地球で直接経験したことだと思うでしょう。その場合のアカシャもよく隠れて漠然としています。しかし、アカシャは気がつかないうちにいつも顔を出します。だから、どのように皆さんの中にあるのかについて話します。今まで、全く知らなかったと思います。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。