今願いを実現する by 大天使ウリエル

大天使ウリエル

今 こころの願いを実現する

 

Linda Dillon  2017-3-18

 

こんにちは、ウリエルです。シルバー(フレーム)の大天使、未来をもたらします。もちろん、未来は今あります。今日は、喜んでお話しします。変化について少々話しましょう。「でも、ウリエル、変わるのは憂鬱だよ」。でも、皆さんに起こる変化は、マルチバース、オムニバースの中で、エネルギー、純然たるエネルギーが動いてから皆さんの世界に現れます。でも、その変化は私たちが人間に届けると言うつもりはありません。光線(ウリエル)とは関係なく人類も一人ひとりの皆さんも、また未来をアンカーしてこちらに未来を持ってきて創造を行います。

それが、私たちと皆さんが遥か昔に関係し合った神聖なパートナーシップなのです。皆さんは、アセンションする時に皆さんのシルバーコードを故郷に戻してそこで一つになり、そこで母の計画を成就しますが、そのことが計画に銀色で記されていることを十分知っていました。それが、滑走路の誘導灯のように明るく輝いていることを知っていました。

完全に停止して動かないエネルギーはありません。エネルギーの本質は動きです。あらゆる創造は母に倣って描かれます。呼吸のパターンになります。皆さんは呼吸で生きていますが、吸って吐くもの、それは愛です。しかし、呼吸が愛でない時は、純粋ではなく、創造にはなりません。それは乱れたエネルギーで、大混乱とカオスしか生まれません。最近、地球でそういうことをたくさん見聞きしてきましたね。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

アークトゥルス・グループ 2017/2/12

アークトゥルス・グループ 2017/2/12

 

Marilyn Raffaele

 

皆さん、私たちは、皆さんが期待していた平和と調和とは反対の問題が多く持ち上がっている中で勇気を持ち続けていることを褒め称え、素晴らしいと言いたいと思います。皆さんが目にしていることは、世界が目覚めるために必要なのですが、疑問を持たないでください。目覚めて、少しでも独りよがりを乗り越えるためには、強烈な経験をしなければならない人たちがまだいます。多くの人が幻想に捕えられて身動きが取れないでいます。

各人の本質は、何をしようと、自分はこういう人間であると信じようと、神聖です。地球上の誰もがワンネスを思い出すために、ばらばらになった感覚を経験することを選びました。しかし、何度も人生を経験する中で、分離分裂の中で自分を見失い、知らず知らずのうちに2極的対立の3次元的幻想を創り上げて催眠状態に陥りました。

よく見て、何事にも感謝してください。皆さんは大衆の目覚めと古いものの崩壊を目撃しているのです。それが、人類が望んだことであり、そうして現実になりました。目をつむっている人は目を開け始め、既に目を開けた人はもっとはっきり見えるようになっています。しかし、目覚めの起こり方に関しては、いかなる予断や裁きもしないようにし注意してください。

皆さん、今、パワフルな時に生きています。これ以上ないほど強烈に、向こう側から光と支援が多くの人にやって来ています。皆さんは、自分自身が進化し、更に、自分の動きや言葉によって、あるいは単に光を抱えることによって他の人たちを手助けしようとして、この好機を生かすことを決めました。そのことを分かってください。

もう一度、力についてお話ししましょう。恐怖は、あるものが他のものを支配するという信念に根差しています。恐怖の対象は、体や病原菌、法律、人、あらゆる環境、高所から見下して審判をする神であったりさえします。恐怖は自然に人間に近づきます。幾多の人生が2極的対立の網の目に絡まり、その世界を叩き込まれてきました。細胞の記憶に刻まれた恐怖は、浄化されて明らかな理由も原因も見当たらなくなるまで今後の人生にも表れ続けるでしょう。

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

魔法のカーペットを歩く by ロード・メタトロン

 

ロード・メタトロン

魔法のカーペットを歩く

2016年12月冬至

Rev. Christine Meleriessee Hayden 206-12-20

 

「地球は今、12月の冬至に入りました。これまで闇であったところすべてに光が当たります。」

〜 ロード・メタロード・メタトロン

ロード・メタトロンです。今現在のエネルギーと来年初めに地球で感じられることについてお話しをしてお役に立ちたいと思います。

北半球とか南、どこに住んでいても関係ありません。地球の周りの元素は、ガイアに届くこの壮大で素晴らしい光の嵐を感じさせてくれる役割を果たします。

冬至が暗い年に光をもたらす時に、エネルギー変換されて遥か遠くまでそれが感じられます。夏至が光の存在の象徴の時、それ以前の季節で経験した闇に焦点を合わせていました。だから、自分の住んでいるところは闇とは関係していない思える時は、光の周波数がやって来てありがたいと感じます。

私たちは、皆、光の波に乗っています。すべての人間とインナー・プレーンに関わる神聖な存在も乗っています。この光の波をどう感じるかは人によります。それが、現在地球にいる人間のあり方・感じ方を表しています。

皆さんは闇を感じてきました。闇は地球にいる多くの魂によって言葉で伝えられます。皆さんはスピリチュアルな世界にいる私たちと一緒に仕事をします。私たちは闇が広がるのを許しません。現在の地球に起きている変化を理解するためには、私たちは高次の世界の中にいて働かなければなりません。

でも、皆さんの考え方では理解できないでしょう。

それは、高次のマインドを通じて理解できます。この道を歩く人全員に自分の光の神聖さが感じ取られるのです。あなたは、ウェイシャワーではありませんか? 他の人のために道を切り開いて整て、ほかの人が自分の光を見られるように手助けする人ではありませんか?

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。

第1波の帰還 by サナンダ

ufo4

サナンダ

第1波の帰還 

ranandaatchakra8 2014-8-30

 

数多くの生涯を地球で送ってきた「第1波のウェイシャワー」の数は多数に上ります。彼らが「光の銀河連合(GFL)」の艦船に一度に数百という単位で “帰還” するための手はずが高次の光の存在によって整えられてきました。それが2014年の冬至、12月21日に始まり、2015年以降にかけて続きます。

何千年にもわたって地球に貢献してきたこの第1波のウェイシャワーの人たちは、2012年12月21日を区切りとした進化の開始以降、地球での任務を終えました。そして、光の銀河連合の艦船に上がり、マザー・アースと人類に奉仕をした成果を受け取ります。このウェイシャワーは元々ボランティアでこの任務を志願し、5次元6次元から降下して転生のサイクルに入ることができました。彼らは高度なスピリチュアルな存在で、人類教化という役目に就き、スピリチュアルな絆を作りました。その多くが、過去に異端として罪に問われ過酷な迫害を受けた生涯がありました。聖人扱いされたり賛美された人は2,3で、多くは歴史に足跡を残しませんでした。中には、地球に来る前に他の惑星で同じ貢献をしていた人もいました。

第2波の、1980年代以降に生まれたウェイシャワーは、地球及びアセンションすることを選択した人類を5次元に上昇させるためにやって来ましたが、彼らは「大収穫」を完了した時、光の銀河連合の艦船に帰還し、その功労を報いられるでしょう。

2014年12月21日にアセンションする予定の第1波の人たちは、この人生でハイヤーセルフと混ざり合い、そしてウオーク・インを当てられ受け入れていたはずです。その結果、ウオーク・アウトして帰還できるのです。あなた自身がその一人であると思っている場合はハイヤーセルフに、自分にウオーク・インがいるのかどうか聞いてください。もしそうなら、そのウオーク・インの名前を聞いてください。また、あなたがアセンションする期日も聞いてください。多分星座のサインが変わる時になるかもしれません。例えば牡牛座からふたご座に変わるというような時です。

「第1波」の最初のグループは数百人に上るでしょう。彼らは、既にハイヤーセルフと混ざり合ってウオーク・アウトして艦船に帰還し光のロード、サナンダやサナトクマラによって7次元に迎えられている2人の先人の後に続くでしょう。この2人は光のロードと一緒に、「第1波」の人たちが大勢で7次元にアセンションする時の司祭です。この先陣を切る2人は、また金星の高次元出身のクマラのファミリーであり、光のロードと光のレディです。

この第1波のウェイシャワーの人たちが6次元から7次元に進めるのは、マザー・アースと人類に対して長い間真摯に尽力をした報償です。彼らは光のロードと光のレディになります。(高次の世界では、「ロード」「レディ」は非常に栄誉と尊敬を集めた教師なのです)その第1波の中には、自ら7次元から5次元の光の銀河連合の艦船に降下して、船内の様々な部署でクルーのカウンセラーやアドバイザーを務める人もいるかもしれません。今後将来起こる “ディスクロージャー” と上陸後に、彼らはまたライトボディで地球に降下して、光の銀河連合に加わる人たちを教え導くこともあるかもしれません。

アセンションのセレモニーはプレアデスの巨大な母船“ホワイト・ウインド(The White Winds)” 上の大きなスタジアムか劇場で行われることになっています。この素晴らしい艦船では、屋外の天井は非常に高くてまるで空のように見えます。このセレモニーのホストは、ホワイト・ウインドの最高司令官でありプレアデス艦隊の創設者であるロード アデ・リー・ヨン(Lord Adrigon)が務めます。このセレモニーには何百というゲストが招かれて出席します。このゲストは、アセンションした魂のスター・ファミリーのメンバーたち、彼らの地球の旅を共にしてきたガイドや教師、それに高次の世界の旧友たちです。第2波のウェイシャワーたちもゲストとして招かれるでしょう。第1波の人たちは7次元に上昇する前に第2波の人たちに別れを告げます。第2波はそれから地球に戻り、マザー・アースと人類の5次元へのアセンションを促進する任務を遂行します。

それはアセンションのセレモニーだけでなく、大きなお祭りであり、「第1波のウェイシャワー」の「帰還」の祝賀行事です。

 Lord Rananda Kumara via (walk-in) Commander Zanna.

2016:ウェイシャワーの刷新終了(字幕)by クライオン

newport-15
2015-12-6 カリフォルニア州ニューポートビーチ

2011年に刷新が始まりました。2012年は、それまでの向こう側に繋がった意識の流れが遮られ、周波数が変わりました。そして、皆さんにとって当たり前の状態が変わりました。それが、ウェイシャワーの刷新です。2011年に始まり2013年まで続きました。でも、それぞれの人のプロセスは違います。
そして、2014年、DNAに刷新が起こったのです。2016年がウェイシャワーの刷新が終わる時です。

 

ここから閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . 会員ではありませんか? 「会員について」をご覧ください。