目を開けるとすべてが光 by ジョワル・クール

ジョワル・クール

目を開けるとすべてが光

 

Christine Meleriessee Hayden 2017.5.10

 

さそり座の月は聖なる女性エネルギーをもたらします。このエネルギーは感情体を表します。牡羊座は肉体の力を引き出し、肉体は、グランディングと物質的側面、それに人生に必要な欲のエネルギーを表しています。女性のエネルギーが力強くなると、どう考えるかによって感情的問題を大きくしたり、逆に上手く行ったりします。

11日の満月は聖なる女性のエネルギーが肉体に入り込み、さそり座は、これまで遮断されて来た要素を排除するなど非常に破壊的になります。私たちは非常にパワフルで変わりやすい月のエネルギーの中に入っています。

それは、ガイアの中心にピンクフレーム(炎)をもたらす今年のウェサクのエネルギーに相応しいエネルギーです。その意味は、神の愛の力神の勢力、特に神の玉座の周りに座すエルダーから地球に送られてくるということです。

創造と主体的知性の光線は、極めて微かで、愛と敬慕を交換するエネルギーを表します。しかし、そのエッセンスを保持できない闇の要素を壊す破壊力もあります。ピンクフレームによって各自が自分にはハイヤーセルフがいることを知り始めるので、その時のピンクフレームメンタル体にとっては非常に明るく輝き、個人とハイヤーセルフの繋がりは個人をコントロールし操作しようとする低いマインドをはるかに凌駕し強力です。

今回の月のエネルギーは、地球がもっと変化した状態になるように支援します。一人ひとりは自分の可能性に目を覚まし、先ず、一人ひとりの中で変化が起こることを知っていきます。

間違いなく今回の月で、ピンクフレームが私たち全人類に新鮮なエネルギーをもたらし、新たな始まりになります。

クリスティン

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

魔法のカーペットを歩く by ロード・メタトロン

 

ロード・メタトロン

魔法のカーペットを歩く

2016年12月冬至

Rev. Christine Meleriessee Hayden 206-12-20

 

「地球は今、12月の冬至に入りました。これまで闇であったところすべてに光が当たります。」

〜 ロード・メタロード・メタトロン

ロード・メタトロンです。今現在のエネルギーと来年初めに地球で感じられることについてお話しをしてお役に立ちたいと思います。

北半球とか南、どこに住んでいても関係ありません。地球の周りの元素は、ガイアに届くこの壮大で素晴らしい光の嵐を感じさせてくれる役割を果たします。

冬至が暗い年に光をもたらす時に、エネルギー変換されて遥か遠くまでそれが感じられます。夏至が光の存在の象徴の時、それ以前の季節で経験した闇に焦点を合わせていました。だから、自分の住んでいるところは闇とは関係していない思える時は、光の周波数がやって来てありがたいと感じます。

私たちは、皆、光の波に乗っています。すべての人間とインナー・プレーンに関わる神聖な存在も乗っています。この光の波をどう感じるかは人によります。それが、現在地球にいる人間のあり方・感じ方を表しています。

皆さんは闇を感じてきました。闇は地球にいる多くの魂によって言葉で伝えられます。皆さんはスピリチュアルな世界にいる私たちと一緒に仕事をします。私たちは闇が広がるのを許しません。現在の地球に起きている変化を理解するためには、私たちは高次の世界の中にいて働かなければなりません。

でも、皆さんの考え方では理解できないでしょう。

それは、高次のマインドを通じて理解できます。この道を歩く人全員に自分の光の神聖さが感じ取られるのです。あなたは、ウェイシャワーではありませんか? 他の人のために道を切り開いて整て、ほかの人が自分の光を見られるように手助けする人ではありませんか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について