DNAに関する真実 by クライオン

DNAに関する真実

Lee Carroll 2004-11-13

ニュージャージー州ハスブラック・ハイツ

 

進化というのは非常に効率的です。無駄がありません。常に生き残りモードです。そこで聞きますが、人間のDNAの97%のガラクタはそういう進化のモデルに一致しているのですか?人間はセブンシスターズの種子から素晴らしく進化して97%ものガラクタになったのですか?違いますね、そんな風にはなりません。

97%は人間の意識に反応するのです。皆さんに反応します。祈りに反応します。光に反応します。人のDNAはマスターを準備します。生まれた子供にはマスターの種子があります。そういうことが進行しています。科学がそれをガラクタと言っているのはショックですか?将来呼び方が変わります。本当のことが分かります。これ以上DNAにコントロールされないでください。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
Pages ( 1 of 2 ): 1 2»

神聖なDNA(字幕)by クライオン

Middle_Earth__Aman_by_Isilmetriel

2010-3-13 @オーストラリア メルボルン

科学は大脳が意識の中心だと考えています。しかし、そうではありません。大脳は意識を司ると考えていますが、違います。大脳はDNAのその90%(ガラクタ遺伝子)に反応する3次元エンジンです。大脳は、まさに3次元のシナプスの複雑なエンジンです。何らかの形でDNAの影響や指示を受けて電気信号を発しています。

科学はプロテインでコーディングされて出来た遺伝子の中に、いわゆる「マーカー」というものを探しています。科学によればこのマーカーによって細胞を弱体化させる体質や傾向が分かり、その結果、後々にガンを引き起こす可能性があることが分かるというのです。マーカーについて話しましょう。この件でお話しするのは初めてです。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人類創造と第2のレムリアの物語(字幕)by クライオン

new-zealand-lake-hd-new-wallpapers-for-desktop-full-free

人類創造と第2のレムリアの物語

2010-3-20 ニュージーランド、オークランド

Lee Carroll, Robert Coxon(Music)

約10万年前の人間のいる所に戻ってみたら、多くの種類の人間がいます。最大27種類人間がいます。進化の考え方ではそれは異例のことではありません。そこには、多様性があります。だからこそ、生存競争が成り立ちます。だからひとつの種が消滅すると、他の種が生き残ります。ヒトも例外ではありません。今の科学でもそれについての論争はありません。科学は、その当時の人間の種類を教えてくれます。
でも、進化の仕方や考え方とは裏腹に今世界を見渡すと、たった1種類の人間しかいません。今、皆、体の形や肌の色や顔つきなどいろいろですが、ここで言っているのは違う哺乳類という意味の人間「種類」です。当時、尻尾のある種類、ない種類、背丈の低い種類高い種類、頭の形が異なる種類、胴体が少し違っている種類、体の縞が違う種類などです。人類学者に何と言うか聞いてみてください。そして、いつしか、そのような種類の人間が消えていきました。
そして、進化についての常識に反して、地球全体でたった1種類の人間だけが出現したのです。地球上でそういうことが一斉に起きました。同じ時期に、そういうことが起きました。プレアデス人の訪問を受けられる適切な状態になったのです。レムリア人は地球上の5箇所にいました。ハワイ、ニュー・ジーランド、イースター島、シャスタ山、それ以外はまだ言いません。

ニュージーランド人の皆さん、あなたが誰か言いましょう。レムリア人です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について