ガンと精神性 by ブルース・リプトン

ガンと精神性

治療における意識の役割

 

がんには何が関係しているのか? がんは、個人の意識の不調和を反映しています。 愛の欠如であろうと、恐怖であろうと、何であれ、意識が本人を蝕んでいます。 そして、がん細胞はことわざにあるように、「政府が良くない時、国民は苦しむ」ようなものです。体には50兆個の感覚細胞があります。細胞には知性があります。ここでは、脳は政府です。脳がおかしな情報を送り続けると、国民は動揺します。がんはその例です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

DNAヒーリング・レイヤー9 by クライオン

「ヒーラーと患者は同じ部屋にいて両者のDNAの幅は8メートルあります。ヒーラーと患者両者のフィールドはオーバーラップします。同じ部屋にいる人はそれがどんな感じか分かります。私はその人を知っています。彼らは患者(クライアント)が必要なものを相手のDNAから直感的に知ります!」(以下のクライオンのメッセージ)

初対面でまだ言葉を交わさなくても相手が目の前の席についた途端、それだけで相手のことが分かってしまうのです!だから、それから最初に相手の主訴を聞いた時、「やっぱり!」だと思うのです。ザ・グループにそのような、相手のエネルギーに同期しているかのようなカウンセリングの模様を「あなたはチャネリングしていた」と言われました。(LM)

DNAヒーリング・レイヤー9

 

だから、エネルギーワークはDNAの90%の所に話しかける方法の一つです。今の新しいエネルギーはDNAに対する情報と見なすことが出来ます。それは検証できるのですか? 結果について確証できるのですか? 出来ます。最近、まさにこの国ロシアで確認しました。だからエネルギーワークは体に変化を起こします!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について