地球の人々へ by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2007年10月15日

地球の人々へ 

身ごもった惑星からのメッセージ

Steve Rother

 

From Steve:

12年間、ザ・グループのチャネリングをしてきましたが、注意や警告のようなことを言うのを聞いたことがありません。2007年9月27日にこのメッセージが降りた時、それは変わりました。彼らは断固たる警告を発し、地球との繋がりを回復するよう言っています。地球は自ら統率できないくらいに速く進化している、大気汚染、産業革命以来築き上げてきた公害の仕組みは、地球を多大な苦しみや不幸をもたらす災害へと突き落としてきたと言いました。

地球温暖化はよく知られていますが、地球自身手に負えないほど波動が上がっています。2000年に元々の予定通り地球の終末を迎えて地球を破滅に追いやったら、それこそ悲劇が起こるだろうと言っています。それには不安になって大きな犠牲を払うのではなく、毎日地球に生きながら意識的に、気づきながら自分たちの足跡を残す必要があります。今の現実は如何に愚かしいことかが分かるだろうと言っています。このセッションの5日後、モスクワのホテルでCNNを見ましたが、過去12ヶ月間で北極の氷原が25%もで消えたと報道していました。

自分たちがどのように地球に影響を与え、適切な選択をするかに気がつくようになれば、その時、私たちは現実を変えることが出来ます。こころを一つにしてこの破壊を変え、止めることが出来ます。しかし、その教育と意欲を喚起する時間はなくなっています。ただ、行動、やることだけによって大きな変化を起こすことが出来ます。その時は、今です。

 

ビッグ・ハグ

Steve Rother

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について