日本の海洋発電・エネファーム誕生

クライオン「サマリー」で言っていた波力発電が、日本の技術で現実になる記事が2016年に発表され、更に今月9月20日に追加掲載されました。

 

新たに開発された日本のタービンは沿岸を

保護しながら波からエネルギーを取り出す

 

その他に日本で明らかになったことを話しましょう。日本は原子力の問題を見せつけました。「絶対安全」だと原子力関係者は言いました。「頑丈で潰れることはあり得ない」。しかし、爆発しました。原子力はガイアとマッチしないのです。

もう20年以上も、私たちは毎回電気について話してきました。何十万ものエネルギーの送受信が日常的に可能です。月の引力で永遠です。地球のずべての都市の電気を生み出せます。どれだけ使っても問題ありません。環境に影響はありません。潮力、海洋、波の力を利用するのです。設計技術者の知恵を集めてもっと大掛かりに利用して都市に電気を供給するのです。地球の大都市は海沿いにあります。海岸にエネルギーのソースがあります。また水素もそうです。全然危険性はありません。今まで無視されてきました。工業化し、制御された環境下で使用するのが難しかったようです。しかし、それでも、地球上で最も複雑で最も危険な蒸気機関である原発建設を選びました。

クライオン 「サマリー」2011-4-2 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について