無限の自己に繋がる by ザ・グループ

光の灯台 ~ Reminders from Home

2002年 8月 15日

神の呼吸

無限の自己に繋がる

 

From Steve:

何か大きなことが起こりそうだ、そう言うことが出来ます。何か宇宙規模で起ころうとしており、これまでなかったことです。1年前オランダで初めて、ザ・グループは地球の織物について話しました。私たちが演じる舞台としてこのゲームボードがどのようになっているのかを語りました。そのメッセージでゲームの基礎になっている数式があるというのです。それは黄金比(率)です。数式で表せば、 f=(1+0.5)/2または、1.618(実際には1.6180339887499)です。この数式通りにあらゆる自然が作られているのです。これは、イタリアの数学者フィナボッチが考案した一連の数式とフィナボッチ螺旋の基礎になっていて、あらゆるところに見られます。ザ・グループはこの現実のあらゆる基礎だと言っています。‘The Flower of Life’(フラワー・オブ・ライフやマカバ)、その他の聖なる幾何学文様はこの数式に基づいています。古代ギリシャのパルテノンやアクロポリスもこの数式を応用して建てられています。セミナーを始めたばかりの頃、ザ・グループは、私に(王権の表象として王が持つ板、日本では神事や公事の際、右手や両手で持つ板、一尺程の長さ)笏(しゃく)を作らせました。

それは杖くらいの長さがあって端に大きな水晶をつけました。下の所に皮を巻いて、一番上の水晶から下まで錫を巻きつけるよう言いました。錫で7分割に巻いたものになりましたが、黄金比でそうしたものです。

 「自己を愛する笏セミナー」に出た人は知っていますが、水晶は完全に霞んでいました。最初の2回目が終わった時水晶は完全に透明になりました。今日、それは透明です。これは魔法ですか、応用科学ですか? ザ・グループは、それがもっと透明になると言っています。ベールが外される時かもしれません。よく見ましょう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について