ライトフィールド・テクノロジー by 大天使ガブリエル

大天使ガブリエル

光合成と光が融合した人間

 

Shanta Gabriel 2015-5-22

はじめに

 

新しい蝶々

最近、蝶になったような気がすると感じる人が多くいます。私たちはさなぎを卒業したばかりで、たくさんあった脚が消えてどこにいったのだろうか、大きなまだ湿った羽をどうすればいいのか、そう考えています。このような変身は、次元が変わり間違いないと思っていたものが通用しなくなっている状態を指しています。

大天使ガブリエルは、私が1990年代前半に彼に繋がった時に、よくこのことを話していました。高い周波数に簡単に慣れるには、天と地の光の橋になることだと言っていました。体のエネルギー状態を変えるための触媒として神聖な光を使えばいいと言うのでした。光は、私たちが、目的通り神聖な人間に変わるためのツールになるのです。

私たちが魂と天使界の導きに波長を合わせる際にはスピリチュアルな繋がりを意識する必要がありますが、神聖な光には意識がそうなる特性が備わっています。平和、調和、喜びというスピリチュアルな特質は、単なる一人間の私が考えるにはちょっと高尚過ぎるなと思いましたが、私自身の意識を変えるためにまさに必要なものでした。

大天使ガブリエルは、私がその特性を身につけ地球に降ろすことの重要性を教えてくれました。それは、世界を本当に変えられる一つの方法だと。大天使ガブリエルは、自分のエネルギー場に取り入れるこの特性は、私だけでなく、私の波動によって地球の意識を変えることにもなるとはっきりと言い切りました。神聖な光を体に身につける時は、その高い周波数の輝きが磁石のようになり、明るい光を発するようになると言いました。

神聖な光の導管になることで、私は望んでいた変化を体験することが出来ました。90年代前半の頃、それは私には初めて聞くことでした。私たちの殆どは、蝶が世界のある所で羽を羽ばたかせると、地球の反対側に影響を与える、という話はまだ聞いたことのない話でした。

(訳注)「バタフライ効果」「光合成」「バイオフォトン」について以下を参照。

* バタフライ効果: クライオン字幕「何を予想しますか?」

*「光合成」「バイオフォトン」: メタトロン「植物界グリーン・レイ&エメラルドフレーム」、「樹木の神聖なエネルギー」、ギャレット・ジョン「未来から来ました

それを聞いてから、私はやることすべての照準を地球の平和に合わせました。1994年、大天使ガブリエルかのメッセージを伝え始めた時、私のミッションは、地球平和同時に一人ひとりが平和になる、でした。活動の舞台として、そのことが私の働き方を明確にするのに役に立ちました。

私の言ったりしたりすることは、世界にもっと平和をもたらすのでろうか、それとも混乱させることになるのだろうか、どちらなのか、ということです。

大天使ガブリエルから25年間薫陶を受けながら、彼のメッセージの数々のしっかりした命脈は、人間のこころに架ける内なる平和の橋として、神聖な光を生かして地球平和につながるようにすることでした。彼の愛のある言葉は私がもっと調和して愛と平穏になることを意図しており、それで彼の言葉の力強い特性をアンカーして世界中に広げられるようになることでした。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について