意識が世界を変える10の科学的研究

意識が物質世界を変える10の科学的研究

Arjun Walia 2014-3-8

ニコラ・テスラは言いました。「科学が非物質的現象を研究し始める時、これまでの何世紀に及ぶ研究を10年で凌ぐ成果が得られるだろう」と。宇宙の本質を理解するには、エネルギーや周波数、波動について無視することは出来ません。インドのスワミ・ヴィべカナンドはテスラに影響を与えました。

科学は自然と調和する時にその力を発揮します。科学と自然がともになって地球の意識が受け入れようとする時、フリー・エネルギーのような素晴らしいテクノロジーが発見されます。

ここでの目的は、思考や意図、祈りなどの思いが直接物質世界に影響を与えることを示そうとすることです。意識は地球に大きな変化を起こす重要な要因になります。愛や癒し、祈り、善意などを送ると、その思いの対象に力強い影響を与えることが出来ます。

例えば、福島。大量の人が水に善意を送ると、事態を沈静化できるようになります。一度に誰もが同じ思いや意図を持つ時、個人の問題だけでなく大きな問題に対しても効力を発揮するのです。同じ意識や意図、同じ目で見始める時、周りの世界を変え始めます。私は現在、そのように信じています。

ここ最近、物理学者は人の意識と物質との関係について研究してきました。ニュートンの世界観では物質宇宙が物資的世界の基盤でした。しかし、宇宙のすべてはエネルギーで出来ていると理解され始めると、ニュートン的世界観は一変しました。量子物理学者は、原子はエネルギーのヴォルテックスから成り、このヴォルテックスは常に回転し振動していることを発見しました。観察できるどんな小さな物質でもエネルギーです。そして人の意識はそのエネルギーに結びついており、人の意識がそのエネルギーに影響を与え、再構築することも出来るのです。

本当だと思うものは、 “本当” だと思われないもので出来ている」(ニールス・ボーア

現代科学は、物質を現実の基盤と見る所から始まり、この現実は空間の広がったものと見なしています。したがって宇宙の広がりは現在の科学で捉えきれません。科学はもちろん物質に内在する宇宙エネルギーの根源を捉えることもできないし、変化し振舞う物質の根源について説明することも出来ません。それが、物質的現象を基盤にする現代科学の限界です。宇宙エネルギーと物質の起源に答えることが出来なければ、生きる者に明確に存在する意識意識の動きをどうやって説明できるのでしょうか?

宇宙は決して物質が寄り集まったものではなく、非物質的なエネルギーの波の絡み合いであるというのは、アインシュタインやマックス・プランク、ハイゼンベルグ、他の主張です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について