進化した文明の終焉(2) by 大天使ミカエル

大天使ミカエル

進化した文明の終焉(2)

 

彼らは自分たちを神だと思っていました。まるで、私たちの父母なる神が創造したこの惑星が、間違いであったかのような態度でした。当然彼らは自然と地球を改造し始めました。その時、地球改造に関しては、もはや解決できない所にまで至りました。地球に居続けることが出来ない状態になりました。彼らがやっていたことは、ほかの惑星で同じようなことをやろうとしてそこに行こうとする準備をしていたのです。とうとう地球は、事実上、完全に人がいない状態になりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について