裏 庭 by クライオン

裏庭の寓話

 

皆さん、ここまでの話が分かれば、ウーが転換を経験していること、そして「木の剪定」が、過去のエネルギーではなく、彼の今を生きるエネルギーを修正することであることを意味するのがわかると思います。誰にとっても、木の剪定というのは、普段の現実を見直すことです。 ウーはそれをして来ませんでしたし、ほとんどの人もしませんでした。木は、どんな時も木以外にはなりませんが、突如、見直しを迫られます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください